<< Jesse! びっくりした! >>
そこに貴女がいてくれたことが
d0083194_14492135.jpg

何れだけ私を支えてくれたか、言葉になんてし尽くせない。

****

アメリカに来て、心から色んな事を話す事が出来た大事な友人。

彼女も一昨日卒業式を迎え、彼女の祖国、タイに帰る事になった。

アメリカで仕事を見付けてココで働きたい!って、

初めて会った時からずっと言っていた。

外国人がここアメリカで仕事を見付けるのって、本当に大変なこと…。

最後まで粘ったけれど、やっぱり結果は想う様にいかなかった。


外国で暮らす事はやっぱり簡単ではなく、二人とも時に落ち込む事もあって、

苦しい時、悲しい時を叱咤激励しつつ一緒に過ごした。

楽しい時も一緒に過ごした。

学校の最後の方はあんまりにも勉強が大変で、本当にほとんど会えず

電話でしか話せなかったけれど、頑張ってるんだろうなと想うと

私も!と想ったものだった。


日本の大事な友達と地球のあっちとこっちに離ればなれになってしまって、

すごくやっぱり淋しくって、彼女もそれは同じで、

供に外国暮らしのそうした状況下、

沢山の『そうなんだよね!』があって、本当にすんなり打ち解けたヒト。


帰っちゃうんだなぁ。

また大事な友達の一人が地球のあっちとこっちで暮らす事になる。


もう泣くものか、笑顔で卒業オメデトウ!って言おうと心に決めてたのに、

黒いガウンと四角い帽子を被った立派な姿を見て、あ、やばいとなって、

彼女のご両親がいっつもあなたのことを電話で話してくれてたのよ、

支えてくれてありがとうって言って下さっちゃった時には

堪えきれなかった。


これでタイにも行く理由が出来た。

これで地球のあちこちがまた更に近く感じる様になるんだろうな。

****

この写真は、先日彼女にお願いしてモデルをしてもらった時のもの。

何枚か撮った中で、これは実は一番成功したというものではないんだけれど、

とはいえ、気に入っている。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-05-01 15:11 | Photo: Portrait
<< Jesse! びっくりした! >>