<< Birthday BASH P... 『Lost One』という物語... >>
映画『Choke』 サイコー!
d0083194_047484.jpg


いやー、久しぶりのヒット!!(自分の中でということ)

『Choke』=『喉を詰まらせる』 ってことで、

映画のふれこみにもあった様に要所要所で喉を詰まらせまくるんだけれど、

そんなことはどうでもいいと。(映画において大事な軸にもなってるんだけども)

喉詰まらせて詐欺してとかそんなことは本当横に置いておいていいかと・・・


人間が形成されていく過程の中での歪みの原点のその謎解きだったり、

後々、どんでん返しがあったりで、映画のストーリーは語れないんだけれど、

出てくるキャラクターがね、皆なんだか愛おしくなっちゃうの。

この映画、心が壊れてしまった人達のオンパレードなのね。

愛おしくて切なくて笑っちゃうんだけど悲しくて、でも、可笑しくて・・・。

無理無理ジャンル分けすれば、ダークコメディと言う事らしいけれど、

いやーなんのなんの、人間のドラマでした。

そして俳優人皆サマ素晴らしい!

アンジェリカ・ヒューストン、元々大好きな女優だけど、本当に素晴らしかったね。

壊れててもステキ。どんなになっちゃっても“女”であるってすごい。

(その辺、加藤治子さんにも通ずるんだけど私の中で。)

そしてケリー・マクドナルド。私大好き、彼女。『No Counry for Old Man』の時に知って

すごく気になってたんだけれど、素晴らしい〜!惚れるな。

主人公のヴィクター役の俳優、名前なんだっけ?の情けなさ加減も然ることながら

親友役の人、すごく好き。(一旦、もっと詳細を、なぜ好きかということを書いたんだが、

これ、映画を観る人の邪魔になるなーと感じ割愛!)

そしてストリッパーの子、ちょい役なんだけど

いいんだな〜、これがすごく。


セックス中毒の男が主人公なもんだから映画通してセックスシーンだらけで、

そういうのは苦手…という方は難しいかなと想うけれど。


自分探し(自分のルーツ探し)って皆生きていれば一度はするんではないかしらん?

これだけ周りの皆も自分も壊れてて色々あって(含みを持たせたつもり???)

自分探ししたくなる気持ちも納得だしね、えぇ〜?!って突拍子もない様なことも

ありながらも、最終的には納得ってさせられちゃう様な運びにもありがとうだし、

なんかね、私的には全てヤッタネ!な一本でした。

悲劇と喜劇も紙一重ってことだしね。(もどかしい!もっと書いてしまいたい!)


・・・日本公開するんじゃないかな? サンダンスで賞取ったみたいだし。

アートシアター系のところで恐らくやるんじゃないかな。いやーお勧めです。

(うーん、とはいえ、ちょっと、ダークなものを好まない方には

 全然お勧めは出来ないけれど)


ほんと、エリ共々、久々満足でした〜!

追伸:10月がやってきた!ヤァヤァヤァ!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-03 01:23 | 映画、云々
<< Birthday BASH P... 『Lost One』という物語... >>