カテゴリ:雑記( 13 )
ご心配かけて申し訳ないです!!
d0083194_2354752.jpg


ブログもポッドキャストも更新しないまま随分経ってしまいました。

元気?とメールくれたり、心配してくれた友人各位ごめんね。(追ってメールもするね。)

まず、本当にすこぶる元気です。それは伝えたいと想って!
なんだろう、こんなに日々が穏やかで充実した想いで過ごしているということはないのではないかなぁと、ありがたいなぁと感じつつ日々を送っています。

色々想う事は沢山あって、気づいた事も沢山あって、本当にすごいなぁと感じているのだけれど、
それをね、外に発する言葉にすることが出来なくてね。自分に向けてはほぼ毎日書いているんだけれど。

とにかく本当に日々感謝しつつ感銘を受けつつ、過ごしています!

October Babiesのレコーディングも続いているし、写真もね、この秋と冬に向けて
2つ展示が決まっていて、それがとても良い機会だったりするので
本当にこれまたありがたいなぁと想いつつ準備していて、
平行して行っているドラゴンプロジェクトも次の展示がパリで、その準備もあったり、
なにかと実情やることは沢山ある訳だけれど、とにかくなんであれ心が穏やかなので
やらされてるということも一つもなくて、大変な事はもちろん物事を進めていく中ではあるけれど、
それが大変だな嫌だなということはなく、本当に全て好きでやってると深く感じています。
Keep making good choices in lifeです。
本当にありがたい。。。
今ここにいるという事全てがありがたいと、そう想う。
此処に至るまでに出逢えた全ての人にも(動物もだ!)ありがとうだし。

これ上の写真、マックのphotoboothで撮ったんだけれど、うちの母親に似ていると
色んな人に言われたの。昔は全然にてないって言われてたのに。
年とって穏やかになって『お母さんとにてるね〜!』って言われるのが、結構嬉しい。
多分昔の方がとげとげしてた。顔つきも。(父親似としか言われなかった。)
しわが出来ようがなんだろうが、今の方が自分でも好き。
・・・ということで載せるのに選んだ。(髪、切ってないよ。結んでるだけ。とにかく暑くて〜)

・・・あんまりにもなにも書かず、さすがに心配してくれる友達にも申し訳ないと思い
書きました。(Facebook繋がりになってる友達はあいつは元気だと感じてくれてると想うんだけれど)

ポッドキャスト、一人で喋ることの限界を感じちゃって。誰かとだったら喋れるんだけれど。
ポッドキャスト一緒にやるなんていう人が出てきたら別だけれど。
ちょっといつ再会出来るか、今は不明です。。。。ごめんね。。。

後もう一つ。ほぼ毎日泳いでいます。本当に心と身体が一つになる感じ、清められる感じがする。
しかもうちのジムのプール、塩水消毒なの。海みたいだよ。塩だから本当に清められているのかもしれない。
これまた本当、ありがたいなぁと想うのでした。

・・・ということで、近況報告(?)でした。 来年日本に行けるかな?行けたらいいなと想いつついます。
ではでは!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2012-07-25 00:21 | 雑記
想うまま生きていけたらいいのにね
本当に偶然、インターネット上でで古い知人を見つけた。


Youtubeに載っていた動画だった。

まず最初に、静止画を見た瞬間、顔があんまりにも似ているものだから

あれと想い、動画を観てみたら、声も同じ、つけられたニックネームも、彼の本名を

ちょっともじったものだったのですぐに本人と確信した。


その彼はコメンテーターの一人として、ディスカッション番組にて話していた。

そのディスカッションのお題は『ゲイとして生きる事』を中心にして話しているものだった。

彼は、ずっとカミングアウト出来ないまま今日までゲイとしてフツーに生きてきた、

という、コトで、知らなかったのでさすがに最初は驚いた。


その子は私より年下の、とても気配りのできる、いつもにこにこの、

本当に“いい子”、だった。

私が出逢った当初は、彼は大学生だったかと想う。

同じ芝居に出ていた子だった。


数年の月日が経って、今Youtube越しに心のウチを聞くことになるとは…やっぱり驚いた。


詳細は僕のブログにも訪れて下さいとリンク先があったのでブログも覗いてみた。

もっともっと心のうちが覗けた。

読んでいて、あぁ、辛かったんだね…とも想った。


カミングアウト、すんなり出来て、楽に生きていけないものなのかな?と

単純過ぎて浅はかな疑問だとも想うんだけれど、本当に無理なのかなぁと想った。


アメリカにきてから、日本にいた時よりも沢山の同性愛者の方々と会う機会が増えた。

一概に言えないけれど、(しかもちょっと逸れるけど)今まで出逢った同性愛の方々、

カップルそろってセンスのいいヒトが多い。(洋服がというだけでなく、なんていうのかな、

生き方、在り方のセンス)

男性同士、女性同士、それぞれいるんだけれど、彼らのお家にお邪魔していつも感じるのは

お互いの空間を一緒に造っていってるんだなーって人達が多く

(例えば、一緒に家具を造ったり、壁の色を塗り替えたり、

 何かと協力しているのが箇所箇所に伺えるカップルが多いんだよね)

なんか楽しそうな生活だな〜って感じる事が多いのね。

別に同性を好きになったっていいじゃんねぇって一緒にいると、当たり前に想っちゃう。


そしてまた、周りには堂々としているゲイカップルが多い。

これは場所によるものだとも想うけれど(というのは

コンサバティブな場所ではこうはいかないと想うけど)

それでも日本より少し開かれている気がする。


人が人を好きになるなんてとっても自然な事で、

同性に対して好きになってはいけないなんてことは、

(宗教上、自分自身はタブーとしているというのは

 分からないでもない。信じている貫いているものなら仕方なかろうとも想う。

 でも、そうでない他の人の事でどうこう言うのは違うでしょうと想う。)

当事者以外の人がとやかく言う様な事ではないはず。

(生理的に受け付けないという人もいると想うんだけれど、

 そういう人達は、関らなければ問題ないよね?禁止する必要はないよね?と想う。)


昨日その動画を観ていたら・・・まだまだ日本も、カミングアウト出来る、というか、

したところでなかなか厳しい土壌であるなと感じた。

根深い問題だよね。アメリカでも宗教が関ってホントに絶対に

受け入れられない、排除するべきという人達がいるしね。

実際もっと厳しい国もあるでしょう。


とまぁ、なかなか簡単ではないとは想うけれど、

ゲイである事で誰かに迷惑かけてる訳でもないだろうのに…

自分自身に嘘をつかずに生きていきたいだろうにと、

古い知人の言葉を読んでいて、痛みをもって感じたのでした。


そんなばっかりでもないよ〜っていう声が聞こえたら逆に嬉しいんだけど。

どうなのかな????


年末にそんなひとりごと、でした



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-12-30 12:24 | 雑記
Mixi経由の友人各位サマ:ごめんね、業務連絡なの〜
東京着いたよ〜!

でね、一度ミクシィ開けたものの、ネットの繋がり状況が悪く、ミクシィでお一人お一人

メッセージお返事もろもろしたいものの、途中で切れることが多く、書けないの。。

ネットが繋がらないと不便ね。。東京砂漠

で、ここに。。。


ともぽん、もちろんMちゃんおぼえてるよ〜!!!

ベイビーはチケットいらないとおもうから、

3名で予約しておくね!!!ほんと、早めに来てもらえたら!!と想う!!

ありがとう〜!!!


かのっぺ〜!FMラジオ、出演出来そう〜!宣伝出来る〜

全て貴方のはからい。。。本当にありがとう。。。。

(詳細後ほど)

※ちなみに17日調布のFMのラジオにOctober Babies出れそう。

まだ局の番号が分からないの。

分かったらまた!(調布、世田谷近辺の方のみなのかな???)


崎見くん、メールtoko@octoberbabies.netに一度連絡されたし!


皆様ほんと、何かあったら、メールtoko@octoberbabies.net

にメールしてね〜!!


透子拝☆
[PR]
by bluenoblueno | 2008-07-16 07:40 | 雑記
トラウマとコンプレックス、スティグマ、そして解放へ
私は今、数人の方に日本語を教えている。

その中に一名、直に60歳になる女性がいる。

彼女は障害を持った息子さんが楽に暮らせる様にするため、自ら気功を習い

それこそ必死で生きてきている方。


彼女の名前はレイラニー。 ハワイの言葉で『天国の花』という意味。

本当に本人も大輪の花が大きく花咲いたような女性。


その彼女が気功の勉強の助けになるからと日本語を習っているのだけれど、

かれこれ、もう、1年近くなり、彼女の状況が徐々にだけれど変わって来た。

なんていうのかな、のびのびしてきたんだ。


実は、授業中、緊張して身体が固くなって息も荒くなってって事が時折

あったんだよね。そうと気づいたけれど、なんだろう?ナーバスなんだなろうなと

なんとなく気持ちを和らげるような言葉を投げかけつつ授業を行っていた。

だけれど、やっぱり度々パニック状態に近くなる事があった。


数週間前、ふと折りをみて、授業中、辛い時があるのかな?キツ過ぎる?と

聞いてみた。すると…

いつも明るい彼女から想いもよらぬ言葉が返って来た。


彼女のお家は彼女が小学校に入る前に両親が離婚し、母親が再婚、

その再婚相手が、彼女のお母さんと、その娘であるところの彼女と彼女の妹を

あらゆる力で支配していたのだそうだ。


小学校に入る時に、酒に酔った義父から

『お前は能無しだ。学校なんかにいっても何一つ意味がない。

 時間の無駄だ』と呪文の様に、それこそ毎日、浴びせられ

日々みぞうちを蹴られていたら、そのうち吐くのが止まらなくなり、

病院に通う様になるものの、ひどく強い、しかも身体に合わない薬を処方され、

その薬の副作用で悪化し、学校にもまともに行けず、

しかし家にいれば蹴られ続け…… でも母親はその父を止めることも出来ず

母も同じく父から暴力を受け続けていた。(※彼女曰く、彼女の母は

そうした状況を自ら選んでいたのだと想う、とのこと。それもまた人生、

娘としては楽になって欲しいと想ったけれど、彼女の人生は彼女にしか

選べないと今は想うのね…と言っていた。)


とにかくレイラニーは、その後若くして家を出て、

まずはギター一本でバーで歌いながら小銭を稼いで暮らしていくも、

喉の病気にかかり今までの様に歌えなくなる。

(シンガーにとって声を失うってどれだけ恐ろしいことかと想う…)


その後、自分の家族を、ちゃんとした家族を作りたいと想い、出逢った

男性との間で妊娠するも、その男性も暴力男でその妊娠を機に出て行ってしまう。

でも彼女はお腹に子供がいると知ってそれはそれはハッピーで

やっとの想いで出産。そのうちにその息子さんは盲目で、自閉症だと分かる。

(※本当に天使の様な息子さんです。)

そうして息子さんを抱えながら、声を失って一度は歌えなくなっていたけれど、

再度その変化したハスキーボイスを活かして旅回りのミュージシャンを

始める。そこで出逢ったのが今の旦那さん。二人で旅回りのバンドとして

10年以上、毎日バーでの演奏を続けて、今の土地で気功に出逢い、

腰を据え気功を学びつつ演奏しつつ、また、ペットシッターをしつつ

生計を立てて来たという。

今想えば、全てなんでもないことなんだよ、今こうして生きているのだからね。

全て自分で選んで進んで来たのよねとの言葉が、とても力強かった。

子供の時分、親を選ぶことは出来なかったけれど、そして、

私は父の言葉の呪縛をなかなか解くことができず、自分は能無しなんだと

その与えられたスティグマとコンプレックスとトラウマとで

なんて自分はなにもないんだ、なんて駄目なんだと想い続け、

どうにも自分を憎み嫌で仕方がなかったのだけれど、

でも、義父の言葉を受け入れそうして自分をその箱の中にいれる事、

全てを許容しその中にいることを選んだのも自分だったと想ったのね。

なにも義父の言うことのままいなきゃいけないことはない!ってね、

そう初めて想えて、でね、その途端、ここから出よう、私はやれる、

自分のやりたい事をやろう、私はできるってすんなり想えた。

私は再び生まれるんだって想ったの。

だからね、今、ものすごく勉強したいの。

やりたいことをやりたいの。


デニス(今の旦那さん)は、初めて私が私のままでいいんだと

教えてくれた人。変わらなくてもいい、そのままでいいんだと

心底信じさせてくれた。なんのコントロール化にもない関係性の中にいるのは

私にとって初めてのことで、そうしたら自ずと、私は変わりたい、

このヒトと一緒に沢山のことを学んでいきたいと想えたのね。

誰かが誰かを変えることは本当は出来ないと想うのだけれど、

でも自分が変わりたいと想ったら変わる努力は出来るんだということも知ったの。

だから、勉強したいって本当に想った。私はまだまだやれるって想った。

彼はね、恩人であり、今でも一番の親友よ。

デニスが明日死んだら、生きていく意味を失う気もするけれど、

私は生き続けるんだ。

なぜって、『君の人生を生き抜け』というのが、デニスの望みだからね。

私は生き抜くんだって想ってる。いつ死んでも後悔ないって位生きて来たから

本当にね、やれる限りの事をやって最期の時を笑って迎えれるよ〜と

すっごい大きな花が咲いたみたいに笑った。

どうにもたまらなくなり何も言えなくてでも本当に彼女のすべての言葉に

共鳴して、ただただ頷くばかりだった。


学ぶということに対して、もう50年以上も経っているのに未だに

小さい頃のトラウマが彼女を襲っていたんだということを知り、そのトラウマと

闘いつつ、幼い頃彼女に焼き付けられたスティグマと闘っていたんだと

その事も知って、私も何かそうして彼女が彼女自身を解放していく

お手伝いが少しでも出来るならそれは本望だと想った。

私はたかだか日本語を教えているだけだけれど。


逆に彼女からも多くのことを教わってると想う。


生まれた場所や、人種、ないしは、その育った環境によっておされた

スティグマは深く残りがちなものだけれど、

そのスティグマを取り去り、解放することができるのは

自分しかいないんだよね。

でも、そうした中では出逢った人の力も本当に大きく、

全て自分一人で全てを行えるってことでもないとは想うんだけれど。

親だったり、社会だったりに決められたロールを演じることはない、

自分で生きたい様に生きればいいんだと本当に想った。


不慮の出来事は多々起こるけれど、でもそうした中で、

何をするにも、どう進んでいくのも、やっぱり自分の選択だなとも想う。


レイラニーと話した後、ふと『嫌われ松子の一生』の松子を想い出した。


私があの映画が大好きなのは、彼女は落ちぶれた生活の中の

夢の中で、死に別れたコンプレックスの元にあった妹の髪を切る。

そして可愛いボブヘアにすっきりと変化させて上げる。

その妹の笑顔がそこにあって・・・ で、夢から覚めて一言。

『私、まだやれる』 

そしてかつての親友からもらった名刺を探しに野原に出かける。


『私、まだやれる』って自分で想えた松子に本当に私は打たれて

なんだかすごく救われた。

確かにあの後の死は虫けらの様に殺されてひどい有様ではあったけれど、

それでも自分を諦めなかった彼女はちゃんと昇天する。

その姿が美しく暖かい想いで彼女を見送ることができた。


私には、あの『私、まだやれる』って言葉が、

どれだけあの映画の中で大きかったかしれない。


私の教え子さんのレイラニーも、言葉にするとあっという間の数行で語れる

半生かもしれないが、それは相当のことだったと想うのだよね。

今輝いている彼女がいること、本当によかった…と想う。


さて、本当に色んな出会いで私も支えられ、沢山の大事なことを

教わっているなとしみじみ想います。


そして、今も私の座右の銘は『人間とは選択し進み続ける可能性体である』だ。


人生、まだまだ。



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-09 14:53 | 雑記
『N.E.E.T MAGAZINE』に載ったよ
d0083194_2574946.jpg


実は何度かここのヴィンテージショップのモデルのお仕事をしたのだけれど

今回雑誌に載せてもらったよ。女の子のファッションを扱ったウェブマガジンで

そりゃーほんと、どこのページも相当ラブリーで

あたし、良いの?載っててって感もあるのだが(笑)


このヴィンテージショップのオーナーの女の子から

この間教えてもらったのだけれど、私がモデルとして着た洋服は

載せると1週間以内に売り切れてるのだそうで

もちろん偶然なんだけど、響きがアタシ、超売れっ子モデル?!と

勘違いさせられるから気分いいよね(笑)


お礼ってことでこれまたものすごいラブリーなフレンチスリーブの

ベイビードール型のワンピースを戴いたのだが、幾ら下にジーンズを履こうとも

ちょっとアタシには着こなせない。。。可愛過ぎる。。。

一人でこそっと鏡の前で着てみたのだがヤバいと想い、こそこそ脱いだよ。

髪をベリーショートにしたらこうした甘い服も着れるかもしんないな〜。

(※衣装として誰かモデルさんに着てもらうことに決めた。)


これがそのNEET MAGAZINEのアドレスなんだけれど、

NEET MAGAZINE

上に載せた写真が140ページ141ページのところにこそっと載ってます。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-06 03:13 | 雑記
The Art of Healing
d0083194_450290.jpg

The Art of Healing: Explorations of Women's Health exhibition. May 2nd - 16th

Please come and check out my new pieces: "Find Out For Yourself"

It'll be very very interesting exhibition. I can't wait!!!


The Gallery at the Duderstadt Center
The University of Michigan
2281 Bonisteel Boulevard
Ann Arbor, Michigan 48109 2094

The opening reception for the exhibition will be on Friday, May 2,
from 5pm to 8pm.
I hope to see you there!
Thanks!!

Toko Shiiki Photo Gallery

Toko Shiiki-Santos
[PR]
by bluenoblueno | 2008-04-21 05:00 | 雑記
私とエリさんのビデオが紹介されてるよー
d0083194_213639.jpg

エリさんと私(と、友達も)のビデオレターみたいなのが載りました。

エリさんと私の自己紹介(?)ビデオへ♪

私の作ったアニメーションはこちら♪

スタッフの方からビデオ作ってくださいーとお話を戴いてそれでは早速と

やってみたのだけど、案の定(?)はしゃいで終わった感じ…。

2分くらいの短いものなので、良かったら観てみてね〜!

ではでは〜!!

   ★☆★☆お知らせ!Again!!☆★☆★

うちの妹、彩子の高円寺の銭湯での合同展、始まりました〜!!

行ってくださった方、本当にありがとう〜!!でね、ブログ繋がりの

カメラマンのKIRAさんがその記事を書いてくれたの!

是非とも観てみてください〜!うちの妹もいます〜!

KIRAさんのそのページへゴー!!! ここをクリックしてね〜!

それでは〜!
[PR]
by bluenoblueno | 2007-07-12 02:14 | 雑記
October Babies Site リニュウアル
d0083194_6285645.jpg

これって、問題あるなー、観づらいなーと想いつつもほったらかしだった

エリさんとのOctober Babiesのサイト。やっと少し整理しました。

どんだけほっといたんだっけーと振り返るのも恐ろしいので、忘れてしまおうと

想う次第・・・

気が向いてくださいましたらどうぞ覗いてみてやってくださいませね。

October Babies Siteへ飛びますー

さってさて、もうすぐ最終課題も終わります(サイトのリニュウアルなんて

やってる場合か?という声もそこはかとなく聞こえました)

そしたら夏休みだーい!

もう一踏ん張りだっっっ!
[PR]
by bluenoblueno | 2007-07-05 06:35 | 雑記
Somethin' Eternal追記!
d0083194_0493381.jpg


昨日(6/14)に書いた『曲紹介されてるよー』って日記の

試聴してレビューを書くっていうところのアドレスが、

違うミュージシャンのアドレスになっていたと発覚!

馬鹿です。。。。事務局のカタが教えてくれたの。間違ってますよーって。。

万が一15日より以前に試聴したけれど、あれ、October Babies(透子)の

曲じゃなかったの〜?!ってな事になっている気配を感じる方が

いらしたら、今一度、飛んでみて試聴していただけますかしら?

正しくはこちらなの。。。
   ↓
正しい試聴のページに飛ぶよ!


で、曲の詳細などなどは、こちらをクリックしてね。。
   ↓
6/14の日記に飛びます♪

あー、馬鹿ね〜。。。

ということで、では、お楽しみくださったら嬉しい限りです〜!





追伸:ここのサイトでも我々のSomethin' Eternal紹介され始めたよ〜!

     ↓
レコミュニのOctober Babiesのところ
[PR]
by bluenoblueno | 2007-06-15 00:56 | 雑記
バージニアの乱射事件の後で
アメリカ時間で昨日、バージニア工科大学でアジア系生徒による

銃乱射事件があった。死者、今のところ、32〜33名、

負傷者15名と発表されています。

事件の記事 ↓
Excite エキサイト : 国際ニュース



※ 発表では容疑者の国籍も伝えられてるが、敢えて【アジア系】としました。


こんなことはあってはいけない事です、もちろん。


そしてその乱射事件の次の日であるところの今日、

いつもの様に大学へいくとまず始めに授業開始と同時に、

教授が昨日の乱射事件について話し始めた。

話していて感極まったのでしょうね、

『私はあなた達、アメリカ人の生徒を心から愛しています。

 本当にバージニアの生徒達は不幸ですが、

 それがあなた達でなくてよかったと昨晩、正直想いました。

 本当に一日一日を大切に生きて欲しい。』
と言って泣いてしまった。


とある生徒は「犯人はアジア系だって」とかこそっと言ってる。


その授業を受けている外国人は私だけ。そのどんぴしゃりのアジア系だし。


揚げ足とりみたいだけど、「あなた達、アメリカ人の生徒を愛してる」

って言った教授の言葉、私はそれってどうよってやっぱ想った。


あなた達、生徒、皆を愛してるって言えなかったのかなーとか。

でも私が指摘するまでそのことに気づいてもいなかったのね。

本当に悪気なんて無いんでしょう。それはありありと見えた。

でも…

アジア人は成績とかメンツとか気にしすぎるあまり、自殺や

神経おかしくなる人が多いってテレビで言ってたとか

他の生徒も言い出して、やっぱり居たたまれず、

ちょっとまったと想わず立ち上がってしまった。


本当に絶対にその乱射事件の犯人を支持なんて出来ないし、

そんなこと絶対に絶対にあってはいけない事だし、

亡くなられたもしくは負傷したバージニアの生徒教授達には、

心からお悔やみ申し上げるけれど、

襲撃した国の人及び、アジア人、ないしは外国人が皆そろって

クレイジーみたいに考えられてしまうのは絶対に困る。

それぞれに皆違うし、どの国にも良い人も悪い人もいて、一概に、

どこの国の人だからどうこうってラベルなんて貼れないから。

誰にとっても外国で暮らすというのはすごいストレスがつきまとう。

だからって殺人が起ってもしかたないなんて想っていないけれど、

外国人による殺人事件はアメリカだけの話じゃなくって、

どこであっても現実に起っていること。

アメリカ人(だけ)が被害者で、その他外国人が加害者みたいな風に

なるのは絶対違うと想う。

というコトを話した。止まらなかった。

ちゃんと想いを伝えれたかといえば言葉足らずだったなと想うけれど。

今想えば、何か言わずにいれなかったんだな。気づいた時には話してた。


とにかく国の違いというよりも、一人一人違う人間だってことを

忘れないで欲しいんです

ということを伝えた。

その教授も、今、発言してくれて良かったし、透子の様に言いたい事をいう

日本人もいるのねって言った。

彼女曰く、普通は日本人は滅多に発言しない。

だから『日本人=意見を発表しない』っていう風に括られがちだと。

「ということで、こんな日本人もいるし、皆、どこの国だからって

 偏見持っちゃ駄目ねって」笑って話をまとめてた。


ちょっとなんだかなーと想ったけれど、それ以上突っ込むのも憚れる

感じだったから黙った。


ブッシュはこれからはアメリカ人皆が拳銃を持ち歩き自分達を

守らなくてはいけない時代になったとかなんとか言ってたと

他のクラスメイトから聞いた。それは極端だろって想うけど。

ものすごく極端な人達は外国人(事件を起こした国の人)=悪って

イメージが生まれちゃうんだろうね。

・・・うんざり。


ホント、上の話に戻ると、日本人だから発言しないなんてことはないし、

どこどこ人だから悪い人が多いとかそんなの、ほんとない。

国の違いによって価値観の違いはある。絶対に。ぜったいに。

でも、それによってどっちが上も下も、ほんとない。

すくなくとも私はそう信じてる。


私はアメリカに来て、アメリカ人の一部の人達の在り方が

本当に嫌だと想った。

白人以外はどうにも受け入れられないという人達。

英語が完璧に話せない=劣ってるってする人達。

などなど。

Ethnocentrism 自分の民族が一番っていうやつ。


でも、こういう事もきっと、どこの国にいってもあることだろうと

想う。日本であろうが、どこであろうが。


良い人もいれば悪い人もいる。どこでも同じ。



こうして外国人による事件があると外国人(特に該当の国の人達)には

やっぱりすごく風当たり冷たいです。


何はともあれ、本当に今回の事件は酷過ぎるし、

本当に…ご冥福をお祈り申し上げます。


同時に、外国人(特に該当国の人)=悪っていう波は

大きくなって欲しくないと心から想う。

そんなの全く、悪循環でしかないもの。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-18 05:38 | 雑記