カテゴリ:Diary( 78 )
やっとやっとやっと完成しました!!!見ていただきたいな
d0083194_12153437.jpg


メッセージ・イン・ア・バックパックプロジェクトのサイトへ


10月に日本に行った際に、北茨城の小学校と応援イベント『がんばっぺ茨城』ブースにて

アメリカを中心にニュージーランド、フランスの方々が書いて下さった

メッセージを被災された小学生達75人とイベントに集まった方々に手渡し、

お返事を受け取りそれをまた持ち帰ってきてそれをまた届ける(居場所の分かる人には)

という、人と人とを繋ぐという、そういうプロジェクトを行っていたのだけれど、

アメリカに帰ってきてからそのメッセージの英訳作業

(私の他にも6人の人が手伝ってくれた!ありがたい。。。)と

ウェブサイトの立ち上げの為に本当に日夜集中してなんとか今日に間に合わせようと

ひたすら打ち込んでました。

・・・ということで、完成しました。

2011年11月11日、丁度あの日から8ヶ月。

色んな想いがあることと想像します。


子供達のお返事を読むと、本当に色々想う事しきりです。

私が多く言い過ぎてはと想うので、時間のある時に是非観ていただけたらと想います。

Photo Galleryのところにはお返事を書いていただいているところの写真を中心に

載せています。その場の状況がより伝わるかな?と想う。

本当にこのプロジェクトを通して私も沢山の想いを受けとめ、

本当に本当に感無量です。

こうしたこと、小さなことだとは想うんだ、あの起こったことを想うと。

でも…あれだけ大変なコトを経験してそこから前に進もうとしている人達のこれからに

なにか繋がることがあるなら本当にそれは幸いだし、

何にもならなかったとしても、私自身本当にこうしたことを通して

沢山の方々に出会えたし、本当に言葉ではとても言い尽くせない想いを

受けとめる事もできたので、ただただ感謝の想いでいます。

(英語の部分の多いサイトなんだけれど、

お手紙のやり取り部分は英語と日本語と両方あるよ~!)

ということで、とにかくひとまずやり終えた~!!!!

時間のある時にぜひ。。。。

ではではまた書きます〜

ひとまず、完成した〜

メッセンジャー透子より
[PR]
by bluenoblueno | 2011-11-11 12:16 | Diary
ポストカード販売引き続き!
d0083194_035361.jpg

このTシャツもチャリティー商品の一つで街のアーティスト友達がデザインしたの。
かっこいいでしょ? 買っちゃった! 買ってすぐイベント会場で着てたら
他の人達もそれ欲しい〜って買ってくれてた。ちょっとなんちゃってカリスマ店員気分(おい!)

d0083194_0352139.jpg

今回はたたみスペースがあったの〜! 皆で千羽鶴を折ってるところ。

d0083194_035917.jpg



ポストカードの販売イベントまだまだ引き続き行っています!

第五弾目は街のアーティスト達と一緒に行いました!

モダンアーティストのグループの人達と一緒に行ったんだけれど、

色んな人と出会えて面白かったよ! 日本の震災チャリティイベントということで、このイベントで

1700ドル以上受け取る事が出来ました!ありがたい。。

私達のポストカード、これまでの送金金額が6000ドルに達したの。

すごい・・・

少しでも被災地にいらっしゃる方々に何かを届ける事ができればと想って

やっている訳なのだけれど、こうして多くの方のサポートを得る事ができ

とても嬉しいです。 今朝もね、eBayサイト経由でドイツからの注文が2件あったの~!

ドイツからだよ~!すごい! ポストカード、世界を繋いでくれています。

eBay サイトはコチラです!
http://shop.ebay.com/japan_relief/m.html?_nkw&_armrs=1&_from&_ipg=25


でね、街のミュージシャン達とチャリティーの為のCDも作成したの。

CDはアメリカのみの販売なんだけれど、mp3はここにあるよ!!
http://www.reverbnation.com/musicforjapan

October Babiesも一曲参加させていただきました!!!

友達の慎太朗さんと一緒に作った曲、『Somethin' Eternal』 

リンク先で試聴出来るので是非是非聴いてみてね~!

ありがとう、慎太朗さん!


まだまだイベント続けていきます!

ではでは!!!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-05-23 00:39 | Diary
ポストカードプロジェクト・オンラインショップ
d0083194_1124364.jpg


やっとeBayのチャリティーの販売をしているサイトでもポストカードの販売が

可能となりました!! 是非是非チェックしてみてね!

http://shop.ebay.com/japan_relief/m.html?_nkw&_armrs=1&_from&_ipg=25


ここからは私事ですが… 

このプロジェクトを影で支えてくれていた友人がいます。

彼女とは4年前に最初に出逢いました。


とにかくいっつもにぎやかでというか、それを通り越して、

うるさい!って感じる程に騒がしく、

本当のことを言うと、暫くの間は敬遠していました。


でも、去年の暮に彼女の会社のウェブサイトのデザインを頼まれて

二人で会う様になると、大勢の人達で会っている時と全然違って、

なんて言うかすごく自然で、次第に、

『あぁ、彼女があれだけ騒がしい程までににぎやかに振る舞っているのって

場を盛り上げようとしていたんだな』と分かって

なんとも、愛おしく感じて、逆に、彼女のことが大好きになりました。


地震があって、私がポストカードプロジェクトを始めたことを知ると

いち早く動きだし、そして大きな企業と私達のプロジェクトを繋げてくれました。

彼女の働きかけがあったからこそ、最初のイベントでの募金額を

その企業が2倍にして下さり、一緒に日本の被災地に送ることができました。


その時、イベントに彼女きてくれたの。


正直に言って一目見て愕然としました。

とにかくすごく痩せてて。 どうしたの?!?!?!と聞くと、

『肝臓やられちゃってね〜。暫く入院してたんだけれど、手術も無事終わって

もう大丈夫だよ〜!今日やっと久しぶりにこんな風に人のいる処に出てきたよ〜』

と、いつもの調子でにぎやかに笑っていました。

『肝臓の所為でお腹がでちゃったからねー

さっき妊婦と間違われちゃった〜!』って大声で笑ってたの。


イベントが終わって、次の日の朝、電話をくれました。

『募金額幾らになった?』と彼女。

『$2188だよ〜!』

『すごい!!よくやった!!ペンスキーがそれを二倍にするからね!

それを一緒に日本に送ろう!』

ってすごく元気に応えてくれて。


それが彼女と話したの、最後だった。


その後詳細の連絡するからと言っていたのだけれど、電話がなく、

肝臓の調子がまた良くなくて病院行ったと聞いて、それから数日後、

『透子に知らせないといけないことがある』と

共通の大事な友人から電話がありました。

病院にいると聞いていたのだけれど、病院ではなくホスピスだったとの事。

『今日の朝、亡くなった』 その後、友達も私も何も言えなかった。

電話の向こうでも号泣しているのが分かった。私も同じ。


本当に本当に本当に苦しいです。 

なんでもっとちゃんと気づいてあげれなかったんだろう?

彼女の満面の笑みの『もう平気だよ〜!元気になった!』の言葉に

よかったよ〜と応えつつ、でもなんだか本当に大丈夫かなと想いつつ、

その言葉を無理にでも信じようとしていた私がいました。


彼女、隠してたんだ。 どんなに親しい友達にも、

ちょっとまずい状態にあったんだけれど、大丈夫になって言ってた。

どんなに泣いても悲しんでも彼女には直接もう会えない。

色々言い聞かせてる。 

もう苦しまなくていいんだよ、ゆっくりね、という想い。

なんでもっとちゃんと言ってくれなかったの?という想い。

そして・・・

自分が死ぬかもしれないっていう時に、彼女がしていたことって、

日本の被災地に送るお金をなんとか少しでも増やそうということ、だったんだよね。

最後まで、誰か、人の為に活動してたの。

それに改めて気づいて、本当になんてすごいんだ、貴女っていう人はと想った。


これ、文章でつらーっと書くと簡単に聞こえちゃうかもしれないけれど、

本当にすごいことだと想う。本当に。心からそう想う。

周りには言わなかったけれど、自分では多分気づいていたと想う、

死期が迫っている事。そうした時に一切そういう事を周りに言わないで

助けが必要な人に、自分の出来る事をと、動いていた彼女。

本当に頭が下がります。


彼女はお葬式とかしないでねと、

ずっと一緒に住んでいる彼に伝えていたらしいんだけれど

この日曜日に、彼女を偲んで皆で会う事にしました。


皆にもそういう人がいた事を知って欲しくて書きました。

読んでくれた方がいたら・・・ありがとう。。。

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-05-13 11:04 | Diary
Japan Relief 2011: ポストカードプロジェクト第二弾! 無事終了!
d0083194_10463238.jpg


皆で作ったポストカードを販売し、そのお金を日本の被災地の方に送ろうということで

続けて行っているポストカードプロジェクト。 第二弾のイベントが無事終了しました。

このイベントを通してで$700受け取る事が出来ました!

ということで、ここまでのトータルが5082ドル。

本当にありがたいよ。。。

全てのお金は引き続きハビタットフォーヒューマニティジャパンに送ります!

ポストカード!良い旅を!!

このプロジェクト、これからも続きます!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-28 11:12 | Diary
チャリティーイベントを終えて・・・
昨夜のチャリティーイベント、無事行うことができました。

当初の予想を遥かに越えて、4200ドル強のお金を受け取る事が出来ました。

(約40万円になると想います。)

すべてのお金はハビタットフォーヒューマニティジャパンに送る事にしました。

(家を失った方々の家を建てる支援金として即使われるというのが理由)

一日も早く、多くの物を失った方々がせめてもゆっくり眠れる場所が確保できたらと

本当に想って、そうする事にしました。


ポストカードはこれからも売り切れるまでイベント会場や、

オンラインショップでも販売していきます!

色々また決まったら連絡させてね!


起こっている事の深刻さから考えると4200ドルは

本当に小さなものかもしれない… それでも・・・

皆が作ってくれたポストカードが世界を旅する時、

そのカードを受け取った向こう側にいる人が『Japan Relief 2011』のロゴを見て、

何かお金では変えない想いを感じてくれたら…と想ったりもしています。

もちろんまだまだ本当に長期戦の問題が多々あって、

『これから』がますます踏ん張りどころの日本(特に東北の方々)だと

もちろん想うのですが、数日前、福島のいわきの友達が、

“桜のつぼみをみつけた。必ずや咲く”ということを書いてくれて、

ただネガティブに事を想い続けるよりも、

春の報せを届けてくれた桜の様に在りたいものだ、

そうするにはどうしたら?と考えている次第です。

毎日あまりに悲しい、又は憤るニュースが飛び交っているので

ついつい心が沈みがちになってしまいますが出来る事を探してやっていこうと

そう想っています。


海を越えた向こうから日本のこと、日本にいる皆の事を想ってるよ、本当、

それも本当に沢山の人達がね。


透子より
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-14 10:41 | Diary
チャリティーイベントに向けて目下準備中、素晴らしいニュースが舞い込んできました!
d0083194_9354633.jpg

(スタッフTシャツだよ!妹の絵を使って私がデザインしました!!!すっごく好評なの〜!!!!

 これも販売して欲しいとのこと。考え中。)


地震が発生して、私の友達を含め多くの方々が、

日々本当に余震と放射能漏れの恐怖とで、

それは想像もできない程のストレスのもと生活されていらっしゃいます。


私は日本人なので多くのアメリカにいる友達から連絡を家族友達は大丈夫か、

困った事があったらなんでも言ってと声をかけていただいているのだけれど、

私自身アメリカにいるわけで、君たちと同じなんだよ〜、私もなにか

日本にいてあの大変な状況の中にいる友達を含めた人達に

何かできないかなって想い続けているんだよと心苦しい想いでいました。

そんな中、アメリカにいても何かできないかなと思い立ち始めたプロジェクトが

『Postcard Project: Japan Relief 2011』

きっかけは、アメリカで『日本、破壊されちゃった』という言葉を耳にしたことでした。

何気ない一言だったんだと想うけれど、ショックでした。

果たして日本は『破壊されちゃった』の?      もちろん、そんなことはありません。

その人も文字通りそんなことを言ったのではないと想います。 

でも、それを聞いて、涙が止まりませんでした。

日本は破壊されてない、…けれどあの津波の映像は

アメリカでも地震発生後から随分沢山とニュースで流れていて、

あの映像のショックは相当強く、多くの人が、

小さな国だもの、 あの地震があって、今一体何が残されているの?くらい想っても

仕方のないことなのかなとも想いつつも、歯がゆい想いをしていました。

そして、津波で破壊された街の映像だけでなく、

日本の街の風景を、今、多くの方々に届ける手段はないだろうか?と想い、

まず最初に日本にいるアーティスト友達に

『日本の風景だったり風物詩だったり、

 何か心が暖かくなる様な作品(写真でもイラストでも)

 寄付してもらえないかな?その画像でポストカードを作って販売し、その収益金を

 犠牲者の方々のところに募金したいんだ』と伝えたところ、皆揃って

快く作品を寄付してくれました。


そこでまた想ったのが、私の周りに日本を大好きなアメリカ人アーティストが沢山いて、

彼ら、2年に一回日本を訪れて沢山の素晴らしい写真を撮ってるんだよね。

その写真でポストカードを作ったらどうだろう?

外から日本を訪れた人達から見た日本の印象を捉えた写真も

このポストカードのシリーズに加える事が出来たら尚更いいのでは?とも想い、

声をかけてみたところ、多くのアーティストが快く参加してくれました。


・・・そして、私がそうして活動している事を知った他の素晴らしいアーティスト達が、

『私達もポストカード作りに参加出来ないかな?』と続々名乗り出て下さり、

思いがけず多くの作品が集まり、今現在本当に多くの

素晴らしいポストカード達を作成する事が出来ました。


今では日本とアメリカだけでなく、フランス在住のアーティストからも連絡があり、

私も作品を寄付してポストカード作りに参加したいとのことで、参加していただきました!

(インターネット、すごいね。世界繋いでるよ〜)

日本からも大事な友達がビーズのアクセサリーをイベントで販売して欲しいと

急遽作品を作って送ってくれたり、

本当開始当初、予想もしていないほどの多くのアーティストが

そうして作品を寄与してくれました。


そしてそのポストカード販売のイベントですが、

12日の火曜日に我が街で行われる事になっているのですが、

街にいる素晴らしいミュージシャン達がこれまた参加を名乗り出てくれて、

ジャムスタイルでイベントに音楽を添える事になりました。

(我がバンドOctober Babiesも演奏します!)


・・・毎日沢山のメッセージが私のところに届いています。

『自分も何かしたいんだけれど、なにかできることある?』

もっちろん、沢山あります。

本当にそうしてどんどん輪が広まって今に至っています。

そうしたら本日、オートモビルの『Penske』さん(企業名ね)が 

『透子が仕切ってるそのイベントを通して受け取る募金額と同じ額を自分達も出す』

(プラスして日本に送る)と提案してくれました。

金額に上限はないからどんどん宣伝していいよ!多くの人にきてもらって

募金額を増やして日本に送ろうと言ってくれました。

これね、お金のことだけを言ってるんじゃなくって、

そうして自分達も何かできないかな?って動いてくれてることがすごいと想って

本当に感銘を受けました。


さて、ということで、本当毎日準備で追われています。

でももう少し!!!!!

ぞくぞく届くポストカード達をパッキングしててね、昨日、

一人で大量のポストカードの中にいたら

泣けてきてね。 なんていうか、暖かくてね。 涙腺緩みっぱなしでねまいるよ。


なんでポストカードなのだろうって考えてたんだよ、ずっと。

大量のポストカードの中で。

ポストカードなんて作らなくったって、シンプルにお金を送ればいいのでは?

そうしたら作るのにかかるコストを省く事だって出来る。

・・・だけど、それでもポストカードにこだわったのは・・・・

何か自分もできないかなって想って足を運んでくれた人がポストカードを購入してくれたら、

いつの日かそれにメッセージを書いて友達に送る事があるかもしれない。

その時、一枚のそのポストカードは、友達を繋ぐ橋になるんだよね。

すべてのポストカードの裏面には『Japan Relief 2011』というロゴが入ってる。

それを見た時、受け取った友達は、そのポストカードが何故どういう意図で作られたのか、

想像するかもしれない。  そうして、その想いの込められたイメージを見て、

日本の事を想うかもしれない、日本を想ってその作品を提供してくれたそのアーティストの

心を感じるかもしれない、暖かさを心に感じてくれるかもしれない。

そうして・・・ポストカード達が世界を旅する日がくるかもしれない。

ポストカードを投函する人と、受け取る人達と色んなところで繋がっていくかもしれない。

そんな事を想像して……、やっぱりポストカードにしよう!と強く想ったのでした。

・・・これはもちろん私の理想で、そんな上手く事が運ぶかは分からない。

・・・でも… 小さなモノだとしても、前に進むのにささやかなエールを送る、そうしたことに

つながるかもしれないよね?と想い、このプロジェクトを進めてきました。

いよいよ、この火曜日です。全て上手く事が運びます様!!!!!!!   

また報告するね!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-10 09:37 | Diary
出来る事をする、と想って動いています
本当に毎日毎日とても心が重いです。

どんなに不安な状況にいるだろうと想像するだに心が痛みます。

少しずつだけれど、東北の友達からも安否のメールを戴き本当に嬉しく想うと同時に、

まだどこにいるのか分からない友達を想っては、

恐らく電気がなく連絡したくても出来ないのかなとも想いつつ

やり切れない想いのままいます。

こちらアメリカでも、私が日本人なので沢山の方から連絡を戴きます。

大概、『透子の家族、友達に一日も早い日本の回復を祈っていると伝えて』『募金してたよ!』 

などなど。私も募金したり、役立つであろう新聞記事のリンクをこっちにいる友人各位に広めたり、

あと、ウチの大学でも日本への募金のことを広めてくれたり、

我が街のレストランからも、オクトーバー・ベイビーズ、チャリティコンサートを開かないか?と

声をかけていただき、今計画中だったり。本当にそうした周りの皆の協力がありがたい今日この頃です。


『日本は今まで世界で惨事が起きた時に一番援助金を送ってきているんだよ。

 日本が今こんなに大変なことになってしまって、それは本当にとてもつらいことだけれど、

 恩返しする絶好のチャンスだと想う』と学校の先生が授業中言って、涙出ました。

出来る事はそんなに多くないのだけれど、それでも出来る事をと想って日々生活しています。

本当、毎日ストレスと不安で一杯だと想うけれど、とにかく一日も早い回復を、

そしてこれ以上、放射能被害が大きくなりません様にと心から願っています。


放射能対策は花粉症と同じ様にマスク着用、そしてセーターの様な毛羽だったものを着ず、

ビニール素材のジャケット、出来ればビニールタイプの帽子を着用する、

家に帰ったらシャワーで洗い流す、それだけでも体内被爆を防げると聞きました。

あんまりにも不安過ぎても良くないと想うけれど、風向きをチェックして身を守って欲しいと

心から想っています。

どんな言葉も全然足らないのだけれど、書かずに折れず書きました。


透子
[PR]
by bluenoblueno | 2011-03-17 13:28 | Diary
安否を願っています
こんな地震がくるとは微塵も想わずブログを更新したばかりでした。

ウチの家族からも安否のメールが届きました。

大好きな友達と2日前、メールの交換したばかりでした。

新しく家を建てたんだとのこと。 「いわきの海も広いよ」と書いてた。

・・・福島県の小名浜港の近くなのね。

無事を祈るのみです、本当に。

不安な夜を過ごしている方も沢山いる事と存じます。

皆の安否と、状況がいち早く回復していく事を心から願っています。

透子
[PR]
by bluenoblueno | 2011-03-12 03:03 | Diary
日本ではあけましたね!!コチラではあと数時間です・・・
d0083194_845351.jpg


こちらアメリカではあと6時間で新年というところです。

2010年を思い返し振り返りつつ、今日一日過ごしていました。


・・・今年はよく泳ぎました。今日も泳ぎ納め(?)してきました。

うちのジムのプールは塩水なの。なので本当に清められる気がします。


この5月、仕事で日本に帰った時に感じた事、体験した事は

思いのほか随分大きなことでした。 

やっと祖母のお墓(というか、一本の木なんだけれど)にも行く事が出来てよかった。。



アメリカに再び帰ってきてから、人生について、真剣に考えていました。

生まれて此処に至るまで、河を泳いで来た様に想います。

時々流れに任せて、時々自分でどっちに泳いでいくか決めつつ、

スムーズに流れて行く水の流れもあれば、

逆流をなんとか進んでいかなくちゃいけない時もあったり。

時に同じスピードで泳いでいる人に出逢って、やぁ調子はどうだいなんて

声かけ合って(その辺ちょっとアメリカっぽく書いてみた。

どないでんねん?ぼちぼちでんなだと随分雰囲気変わるよね、ちなみに)

時々河のほとりで休んでみたりして、空を月を眺めてみたりして、

歌ってみたりして、そしてまた進む。

最終的には皆 “死” という海に流れ込むんだなと想うんだけれど、

そこまでの流れをどう泳いできたのか?どう泳いでいきたいのか?

・・・そんなことを考えていました。


答えなんて全然まだまだみつからないし、そんなもの簡単にみつかるものでもないと

想うのだけれど、確かなものは今、この時なので、それを想いっきり生きる事で

この流れを泳いでいく事で、その先の未来に到達していく事は間違いないので

ひとまず泳ぎ続けよう、と、そんなことを想っていたりした次第です。


Live Now, This Moment.


2011年は、5月にまた日本で演奏出来るかと想うと、

それが楽しみでなりません!

皆様との再会を本当に心より楽しみにしつつ・・・


それではどうぞ今年もよろしくお願いいたします!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-01-01 08:49 | Diary
課題が本当に大変なのだけれど・・・
私が2005年にアメリカに渡ってその夏に、最初のブログを始めた訳なのだけれど

その頃に沢山のブログの中から私のブログに流れ来て下さった方は

知っていて下さる事と想うのだけれど、

本当にあの頃、泣きながら課題をこなしていました。 懐かしいね。。


本当に勉強したいのは写真なのに、写真の授業もまともに取る事もできず

(VISAの事での大学側の規定と、他の必修の教科をまず取らなくちゃいけなくて

という事だったんだけれど)

本当、何の為に2年間必死でお金貯めて、必死で英語勉強して

アメリカまで来たの?と悔しくて悲しくて、

あの頃は本当に友達もいなくて(課題が大変で友達なんて作ってる場合じゃ

ない上に、話す英語が酷かったから友達になるまでにもいかなかった)

本当、最初の2年間は本当にきつかった。

でも本来から負けず嫌い(なにに負けたくないかというと自分なんだな)

やるって決めたんだからやってやらぁ!と本当、手抜き出来ない性格でも

あるんだけれど、本当、それこそ全部がむしゃらに、泣きながらやってた。

そんなんでも、オールA取ってるからね。これまで全部。ある意味すごいよね〜


今、あの頃の事を想い出しています。 

今学期、写真に併せて、ずっと取りたかった(多くの人に勧められてきた)

カラーデザインのクラスを取っています。

クラスにはグラフィックデザイナーの方や、

他の大学でアートを実際に教えている講師、グラスアーティスト、

器の焼き物のアーティスト、画家、フォトグラファーと、色んな方がいます。


一つの課題を終わらすのに、フルで休み抜かして16時間ということもありました。

とってもハード・コアなクラス。毎日何かの課題に取り組んでるよ。


大変は大変なんだけれど・・・


でも、

楽しくて楽しくて!!!!


なんかね、色とりどりのカラーの湖を泳いでいるみたい。 

自分の為に勉強してるって本当に感じてるんだ。


最初掴めてない時は本当に悲しくて悔しくて、カラーエイドペーパー目の前に広げて

泣いてた夜もあったんだけれど(これ、マジ。笑)


今やっと『色』が、『色の対話』が見えてきて。それを直に感じてるのね。

もうね、本当、空も飛べる位の嬉しい気持ちです、本当。


今授業で私が創っているものは、どこで披露するものでもないのだけれど、

うちに自分のギャラリースペース作って友達呼んでみてもらおうかなと想うよ、

いや、ホントに。


世界観が変わる様な授業です。


これから一番大きな(相当大変な、4週間みっちりやらないととても終わらない)

課題にとりかかりるんだ! 

よぉし!!!! 気合い入れて、やるぞ!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-10-28 13:14 | Diary