カテゴリ:Photo: Portrait( 71 )
PDN FACES 2011 セルフポートレイト部門に
d0083194_128267.png


http://www.pdngallery.com/contests/faces/2011/flash_module.shtml

(↑Winners Galleryへのリンクです。Self Portraitのところに私の写真があります!)

セルフポートレイト部門にて入賞し8月号にPDN (Photo District News)に

私の写真が2枚載りました。さすがPDN、その後、色んな国の方が連絡下さり、

その反応の大きさに驚いていました。

こうして自分のやっていることを認めてもらえるのはやっぱり嬉しいこと。

そうでなくても自分自身に問いかけてこれからも撮り続けていこうと想う訳だけれどね。

このウィナーズ・ギャラリーには8枚の写真のうち6枚載っているのだけれど

全ての写真は私のサイトに載せてあるので、興味を持って下さった方はどうぞそちらへ!

http://tokoshiiki.com

Soul Foundryというのがその作品です。

これからも探りつつ続けていこうと新たに想ったのでした。

追伸:

話が変わっちゃうけれどサマーフェスティバルのシーズンで、演奏が続いていました!

夏は忙しい~。しかも今週の土曜日から写真の合同展が始まるし、

なんだかとても慌ただしい毎日です!

今年はあるサマーフェスティバル会場でライブペイントでも参加したのだけれど、

本当に空を飛ぶ様な感覚でした。素晴らしかった。。。

またそのこと、あらためて書きたいな。演奏ももちろん楽しかったよ~!!

10月のライブのチケット申込み少しずつ戴いていて。。。嬉しいよ〜!!!

ありがとう!!!!本当に楽しみにしていますです!!!!!是非是非是非いらして欲しいな♪

ではではまた!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-08-12 12:10 | Photo: Portrait
ということで、サイトに載せました。
d0083194_1230244.jpg



ということで、昨日、記事をアップしたのですが

やっと自分のサイトにこのシリーズの第一章の写真を全てアップロードしました。

時間のある時に観てやって下さいませ。

Midlife - Chapter 1というところにあります。

http://tokoshiiki.com

この秋、このシリーズの第二弾に取りかかります。たのしみです!

(それでは・・・すっかり秋のミシガンより)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-08-26 12:30 | Photo: Portrait
おばあちゃんの浴衣を着ました。
d0083194_14151676.jpg


この間日本に関るイベントにエリさんと参加した時に、

おばあちゃんが縫ってくれた浴衣を着ました。

その前までは既製品のモノを着ていたので、本当におばあちゃんが如何に細部にまで心を配り

私の身体にぴったりと合わせて作ってくれた事、そして、

私がアメリカに行ってから作ってくれてたものなのに、それでもこんなに

合わせて作れるのだ〜!本当によく知ってくれてたんだな…と、改めて心を打たれました。

生前に着たところを写真以外で見せることが出来なかったのが心残り。


とにかくこうして今年日本に帰った時に母からもらったエリさんの甚平と

おばあちゃんの浴衣を着てみました。


日本、とっても暑いと聞きます。こっちはもう既に夜は涼しいよ! でも、なんだか淋しいです。

夏が終わるんだなともう既に感じているのね。


さてさて、月末までには新しいアルバムのプレスしあがって手元に来る予定です!

楽しみにしてくれてる友人各位、本当にありがとう!!!

アルバムしあがったら、抱えてそっちに飛んでいきたい想いです!!!

来年の5月が楽しみで仕方ない、透子より
[PR]
by bluenoblueno | 2010-08-16 14:16 | Photo: Portrait
とても 『Japon』 な一日 − 浴衣に大福。
d0083194_617238.jpg


久しぶりに浴衣を着た。

1年前に大事な方から戴いたものの、着る機会は全くなく、

写真を撮って送りますと約束していたのに、あっという間に過ぎ去りし日々。

1年越しでやっと約束を果たした。

そんなこんなで浴衣を着、カメラ三脚に据えてアーでもないコーでもないやっていると

大福がやって来た。

・・・もとい、大福を買ってエリさんが帰って来た。

d0083194_6172089.jpg


これ、Ann ArborのCafe Japonさんの大福。

オーナーのみよこさんはとても美味しいフランスパンを焼くジャパニーズ・カフェのシェフ

兼、ジャズオルガニスト。 (ね、複雑でしょう? ジャパニーズカフェでありつつ(和食メニュー豊富)、

美味しい、フランスパンやペストリー、ケーキも戴ける、そんなところなの。)

日本で購入したそば茶を沸かして大変美味しゅう戴きました!

なんて日本な一日だったのでしょう。 そして雨ふり。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-06-07 06:24 | Photo: Portrait
歩く歩く
d0083194_11383396.jpg


すごくドラマティックな空でした。

たまらなくなり、カメラ抱えて撮って来ました。


どこまで行くの?

歩く 歩く 歩く 歩く・・・

遥か彼方の 遠く 遠く 遠く・・・

(by October Babies)



今の私の心情を表した写真です。


さて、これからも歩いて行こう



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-04-09 11:39 | Photo: Portrait
モデルをしました
d0083194_222591.jpg


d0083194_23592.jpg


d0083194_27321.jpg


友人のプロフェッショナルフォトグラファーでポジティブなエネルギーに溢れた

エリック・ペリーのモデルをエリさんと二人でしました!


とにかく写真がかっこよくて、ちょっとこりゃ、何倍増しで実物よりもいいという

そういうイルージョンを生んでしまっています(^m^)いひひ

撮影自体が楽しくて歌って踊ってエリさんも大興奮の撮影大会でした。


ということで、フォトグラファー、エリックのお気に入りの二枚です

上の自分のポートレイト、気に入ってるんだ。なんか意思が強そうで。

エリさんのも相当かっこいいでしょ?


日本は冬に逆戻りの感じなのかな??

ミシガンもちょっと寒い日が続いていたけれど、今日からどんどん暖かくなるみたい!

嬉しいな!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-03-31 02:07 | Photo: Portrait
嬉しい知らせ
d0083194_511980.jpg


※上の写真はホルガで撮ったもの。オルタナティブプロセスを使って

シリーズを作成中なんだ。 (フィルムをスキャンしたもの)Lith process、面白いよ〜!!!!!



ちょっと嬉しい知らせが届きました。

去年、集中して制作してた自分のプロジェクト、まだどこにも発表していないのだけれど、

その中から一枚だけ『Best of Photography』に送ってみてたの。

そうしたら選んでもらえたという手紙が数日前に届いたんだ。

2010年度の本に載せてもらえるとのこと。

本当に、賞を受賞するから素晴らしい写真ってこととは全く想わないけれど、

本当に本当に渾身のプロジェクトなので(現在進行中)やはり見てくれる人が

評価してくれることは支えにもなる。

その写真達もいつかどこかで発表するからね〜!

もう少ししたらかなと想うのだけれど。

何を自分が表現したいのかが、いまこうして生きている事と、密着していて

出来る限り正直にと撮っていっています(意味不明でしょう?笑)

写真というメディアを使っての私の一つの表現なんだな。

今を生きているということの。

これは『インナーライフドキュメンタリー』なのだと想っています。

いつか、本当、見て下さいませ!


それでは!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-01-31 05:04 | Photo: Portrait
スタジオより (ホーンセクションのレコーディング風景)
d0083194_2493751.jpg
d0083194_2495223.jpg
d0083194_2501275.jpg
d0083194_2502611.jpg
d0083194_2504091.jpg
d0083194_250588.jpg
d0083194_2511373.jpg


已然続いている我々のセカンドアルバムのレコーディング。

我々のスタジオより・・・

今ね、トランペットとサックスのホーンの人達が参加してくれてて

彼らのレコーディングが続いているの。


もうね!!!!本当に楽しいアルバムになっていってるの、これが!!!


ライブ感溢れるアルバムにするべく、大体に於いて同時録音しているのだけれど、

そこにホーンセクションが加わる事によって、また更に世界が広がっているというか!


リリースは伸びに伸びて来年になりました。

来年早々を目指しています!2010年だし、

なんか語呂もいいのではということで。(2010、2ndアルバム10月-babiesってことで、ネ)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-12-12 02:52 | Photo: Portrait
毎年恒例の写真撮影
d0083194_11104448.jpg


彼女達のお母さん達が双子なの。ネイティブアメリカンとアメリカ人のミックスでとっても美人で

しかもそっくりなお母さん達(髪型も同じなんだよね)で、子供達も1ヶ月違いに生まれたんだそう。

旦那さん二人はどちらもミュージシャン。二人とも背が高くて美男美女カップルさん。

今年はそのうちの一家族の家に集まって撮影だったの。

毎年クリスマスシーズンに彼女達を撮ってるんだ。 今年で3年目。

ということで、スウィートハートのルーシーとイザベラ(上の写真の女の子達)なんだけど、

いやーなんでもフリースのシャツが気に喰わなかったとかでこれが最悪の機嫌。

泣くは叫ぶは、もの投げるは。。。

そういうお年頃なのだろうね。 大変だった・・・。(TmT)

なんとか機嫌直してもらって撮らなくちゃってんで、変な格好でカメラ構えてたらば

腰痛になっちゃった。。。

とにかく何枚かはこれならば!というのも撮れた。。。涙。。。

あかちゃんと動物は本当に予測不可能というけれど、本当だね。

次は赤ちゃんの撮影の時は絶対に被り物(ウサギ、とか)して撮影に行こうと想う。

マジで。 (今日なんで持ってかなかったんだろうって悔やまれたんだもん)


*******

話は変わり・・・

先日久しぶりのFlint/Michiganでのライブを想いっきり楽しんできた我々October Babiesですが、

ここでまたとっても楽しくなりそうなライブのお知らせです!


今年の5月に日本ツアーも行ってセカンドアルバムが絶賛発売中のThe Ragbirdsの

リードシンガーであるところのエリンが主催となって例年行っているXmasライブに

October Babiesの重鎮ベースのエリさんと、ワタクシが

出演することになりました! わー!楽しみ!


さて、場所の詳細はコチラです・・・


12/18/2009 08:00 PM - The Yellow Barn

416 West Huron St,

Ann Arbor, Michigan 48103

US

____________

12/20/2009 06:00 PM - The Hartland Village Theater

3619 Avon

Hartland, Michigan 48353

US


お近くの方はどうぞ遊びにいらして下さいませ〜!!


『The Ragbirds』、私が言うまでもなく、日本でも人気相当出ているとのこと。

(J-WAVEでも曲がかかっていたり、大阪の某FM曲で新しいアルバムが1位を取ってる!)

私が言う迄もなく素敵なバンドです。 丁度私が渡米した年に彼らバンドとして始動しているのね。

その頃のことも、よく覚えています。あぁ、大きなバンドになるんだろうな〜って感じてたら、

すごい!!ミシガンのミュージックシーンに元気を注いでくれてる!


この間我々が演奏したFlintも毎年アメリカで一番危険な街ランキングで

上位に食い込んでいるんだけれど(デトロイトも、もちろん、ね)

それでもローカルミュージックのコミュニティっていうのかな、その皆の動きで

街がね、変わっていってるの。 フリント、夜、人と一緒だったら外を歩いても大丈夫な迄に

なってるもんね、今(場所に寄ると想うけれど...)。大通りは随分綺麗に暖かい雰囲気になってる。

ミシガンは森も湖も、多々あって、自然の豊かな場所だけれど、

モータウンで有名になった様に、車産業の街として栄えた街が多く、

車産業が廃れた今はとても閑散としている場所、も、沢山ある。

でもね、そうした中だからこそ、パワフルな心が揺り動かされる様な音楽が

必要とされたりもするんだよねとも想う。


つい先日、そのローカル・ミュージックシーンの一人が...インフルエンザで亡くなったのね。

45歳。彼は画家で、奇しくも彼の個展がギャラリーにて行われている最中の死だったとのこと。

 この間のライブでFlintの仲間達が追悼で歌って欲しいということで

『Can I Be Born Again?』 を歌いました。

英語の部分もあるから一緒に歌ってくれてた。嬉しいね。 あの曲がレクイレムにもなるとは。

あ!その時になんと、デイルのギターアンプがぶっ飛んだの〜!

なんだかすごく熱がこもっていた????

そんなハプニングもあったけれど、なんだろうね、熱い波がうねっていました。

まさかインフルエンザで...って本当に驚いたのだけれど...

45歳なんて若過ぎる... しかも個展の最中・・・(今もちなみに展示されたままになっています)

とても軽々しくは言葉に出来ませんが、ゆっくり休んでねと・・・。(何かしっくりこないのだけれど...)


・・・インフルエンザ、皆サマも本当にお気をつけ下さいませね。。私も気をつけます。

ではでは!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-11-30 11:21 | Photo: Portrait
ユングと夢と水曜日
d0083194_12275991.jpg

(これ上の、初めて大判カメラで撮ったフィルムの写真←スキャンした。
初めてなだけあって、足は切れてるし、ピント甘いしとほほ。。。だけれど、まぁ
なんでも初めてがあってそこから成長するのよねんと想っている楽観的なワタシ。)

水曜日が(アシスタントとして)一番緊張する日で

それが終わると本当にどどっと色んなモノが(←色んなモノ?一体なんだろう)くるのでした〜。。。

でも、週を経る毎に前進していると想う(自分でだけ???いやそんなことはない!)

悲しいことやきっついなーってコトもしたがって水曜日が一番多いんだけれど、

そんな事もあり、一番なんていうか気合いも入ってるのが週の真ん中水曜日。

もちろんまだまだ至らないこと沢山なんだけど、

ホント、実際、アシスタントの仕事というより、毎回、どちらかというと

勉強させてもらってるって感じなんだけど、自分の出来る限りを提供しつつ

学ばせてもらえればと想ってる。鍛えられるなぁ〜。



話は変わるのだけれど、先週の日曜日のNY Time magazineでユングのすっごく面白い記事が

載っていたの。伝説とも言える『The Red Book』をめぐっての記事。

英語なのでちょっと…という方もいるかなとも想うのだけれど、

興味ある方、是非!本当に興味深く、私も自分の作品作りの過程にリンクする事が

多々あって、これは!と想ったの。

ここにあるよ

New York Times Magazine Article


ユングということで、最近見た夢の話。

アシスタントの仕事で追いつめられて大変で悲しくなってきてたら

ニューハーフのおねえさん(お兄さん?)が助っ人に来てくれて、

落ち込んでてもしかたないわよ〜って(日によく焼けた、『まさこさん』という人だった)

色々ソフトウェアのこと教えてくれて、慰めてくれたの。 という夢 だった。


なんかね、不思議とすっかり元気になったんだよねー。


まさこさん。 


おーい、一体どこにいるのだ?!(笑)



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-09-24 12:30 | Photo: Portrait