<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Portrait 2: 朱色の門前で・・・
d0083194_2122089.jpg


ポートレイトシリーズ第二弾です。

タイトルにもある様に、かつての地元にあるお寺の朱色の門の前で

撮らせていただきました。

友人が丁度赤いコートを着ていらして、門を通る時、その空間に妙に

溶け込んでいて、

『あ、ごめん、ストップ〜!そこにいてもらっていいかな?』

で、ぱしゃ。



この日はいいお天気で、沢山沢山歩いた。

d0083194_2161019.jpg



落ち葉が絨毯みたいだったね。


d0083194_2165521.jpg



そうした中で歩きながら何枚も撮らせて頂いた。歩きながらだから、

結構ぶれてたり、ピントおかしかったりするのもあるけど↑、

そこは、ご愛嬌ってことで♪はは。

・・・ありがとう、ね。


どれも【貴女らしさ】がそこにあると自画自賛しています

素敵よ〜!へへ


それでは、また、ね!


まだまだポートレイトシリーズは続きます・・・

[PR]
by bluenoblueno | 2007-01-27 02:23 | Photo: Portrait
人物を撮る、上で・・・
d0083194_1573688.jpg


この間、年が明けたと想ったのも束の間、

アメリカに戻ったと想えば、すぐさま大学が始まり、

日本でのお正月気分をばさっと断ち切られて、

既に出ている課題と週明けの小テストの存在に

なんだかくらくらしている、

そんなワタシです。


それにしても時差ボケが治りません〜!

夜の8時過ぎには瞼が重くなり、朝7時には

しゃきんっとしているんだけれど、

生憎の活動時間であるところのお昼過ぎが本当に眠い眠い!

行って帰ってからの方がキツいというものね、

本当だと身を以て感じました。



さて、写真ですがまたしてもエリ氏の袴の写真より・・・

なんだかとても評判よかったみたいで幾つかのメッセージを

戴いたので(ありがとうです〜☆)

私のお気に入りの一枚を載せてみました!


今学期はスタジオポートレイトの授業を取っているので、

人物の写真を多く撮る事になると想うのだけれど、

それが今、楽しみになってきた。

それは、今回日本で過ごした時間の中での写真を

振り返って観ていて更に想った事だった。


大概の場合、カメラを片手に大好きな人達との時間を

過ごしていたのだけれど、

私が撮っていた家族及び友人の写真、どれもね

(自分でいうのもホントになんなんだが)

いいんだ(いや、ホントになんなんだけど/照れ笑)。

なんていうかね、その人が見える、触れる事が出来る写真だなと

感じたんだ。

お互いに好きであって、いい具合に繋がった空間の中にいるから

写るモノもまた良くなったりするのだろうけれど。


ポートレイトって要は人物の写真のことだけれど、

本当に私は、その(あくまでも“私の感じる”だけれど)

“人となり”を写したいんだなって、

それを捉えたいんだなって、

強く想った。

(あ、そこにどんなカタチでも愛がなければ恐ろしい事になるなとも、

 そうも、想った!)


今回はスタジオで撮るから色々作り込みも出来る訳だけれど、

そのモデルをしてくれる人に合わせての明かりがあるだろう、

バックがあるだろう、ニオイも、音も、あるだろう。

私はそこに何を持ち込めるかな?


うーん、楽しみでならない。


(少しばかりこの間の日本滞在で撮ったポートレイト、

 シリーズで徐々に載せたいなと想っています♪

 許可してくれた友人各位、ありがとう!徐々にこちらにて♪)
[PR]
by bluenoblueno | 2007-01-13 02:25 | Photo: Portrait
帰って参りました!!
d0083194_12504764.jpg

ただいまです!アメリカに戻って参りました!

日本での本当に素晴らしい時間を経て、時差ボケしつつも

心は元気一杯、本当にハッピーなアタクシです♪

さて、新年を迎え、皆様、いかがおすごしでしょう?



今回の帰省の一番の目的だった祖母との時間、

これがまた暖かく、笑いアリ涙アリ…


(例えばね、感動の場面となるであろうシーンで、うちのおばあちゃん、

 エリックに向かって『えーっと、ほら、外人さん、

    (一瞬名前を忘れたらしい)

 え〜っと…ほら、…あぁっ、リエックさんだっぺよ!

 リエックさんよ、○子のこと、よろしく頼みますよ。』

 と言っていた。近いけど、リエックって…。笑。)


…とにもかくにも本当に忘れられない時間となりました。


おばあちゃんと一緒に、行きつけの定食屋さんに行ったり、

(死ぬ前にもう一度、あそこのカキフライが食べたいんだ!と

 祖母の切なる願いだった。

 死ぬ前にって、シャレにならないんだけれど彼女は自分が

 そんな状況と知らないで言ってるからね。

 結局おばあちゃん、フライは2つしか食べれなかったけれど…。

 でも、『旨いなぁ旨いなぁ』って言ってた。)

一緒に蕎麦ぶったり、厄よけの護摩を焚きに行ったり、

浅草行ったり、初詣に行ったり…。

(が、おばあちゃん、案の定フラフラになってしまい、

 予定の3分の1はキャンセルの運びに…。

 でもそれでも随分活動していたと想う!

 一時期本当に全く動けなくなっていた人が

 こんなに回復するなんて!と皆びっくりの状態でした。

 いや、本当に精神力というのはすごいです。)


強いクスリを一切止めて、今は胃薬だけを飲んでいるのだそうだけれど、

その御陰(?)で強いクスリの副作用はなくなって

身体は楽になったのだそう。

それを元気になったと想っているのだそう。

『6月の結婚式にはアメリカ行くぞ!!』と意気込んでいました。

本当に実現して欲しいと熱い想いです。


別れ際、おばあちゃんの失踪前の言葉は、

『頑張れー!○子頑張れー!おばあちゃんも頑張るかんなー!

 沢山食べて元気になって、6月、アメリカで会うぞ〜!

 頑張れ〜!頑張るぞ〜!』

でした。(そして、その後失踪した。)

ホント、頼もしい言葉でした。


頑張れ頑張れってあんまり言われるとキツい時もあるのだけれど、

あのおばあちゃんに言われるとほんと素直に頑張ろうという気持ちに

なった。


あ、ところで、先に失踪と書いたけれど、別れ際にね、

『孫がアメリカに帰っちゃう!』とおばあちゃんは、

どうやらパニック状態になってしまった様で、一時失踪し、

警察沙汰になったものの、

(御陰で本当に別れ際は皆してパニックだった。)

最終的に、おばあちゃんも無事みつかったし、私達も飛行機に

ちゃんと間に合ったし、

『やれやれ、おばあちゃんが主役の幕切れだったねぇ!』とは、

うちの母、最終的には皆して笑い涙をこぼす結末でした。

(いなくなった時は本当に大騒ぎだったけれど!

 しかも、私達はおばあちゃんの無事を知る前に

 成田に向かわなくてはいけなくなって、

 気が気じゃなかったのですが!!)

 
とにかく、本当に暖かい、濃い、

そして身も心もゆったりと過ごせた、

久しぶりの日本での時間でした。



友人各位へ;

本当に涙々の再会だったぁ、ありがとう〜!!

なんかね、本当になんともうまく言葉にならない。

私自身、心底素直な時間が過ごせたの。

大袈裟な言葉に聞こえるかもしれないけど。本当なの。

なんだろう、“友達”と過ごすという時間が本当にこの二年で

久しぶりだったんだ。

本当、心が柔らかくなったんだよ。・・・ありがとう。。


あ、追ってそれぞれ皆、ちゃんと連絡するから、待っててね!!




あ、そして、本当にびっくりな事に、ばったり銀座で

『October Babies!!』って気付いて下さったSさま、

本当にありがとうございました!!本当に感動でした!!!

東京の街を歩いていて、私達の作る曲が好きなんですなんて

言って下さる方とお会い出来るなんて想ってもいませんでした、

本当に!!!これはすごいご縁です!!

これからもどうぞ、よろしくお願いします!!

今回はゆっくりお会い出来る時間を取れず残念でしたが、

次回の来日時には是非!

(ネットで音楽や写真を載せはいるけれど、

 そんなにどなたかの記憶にしっかりと残る事が

 本当にあるのだと知った出来事でした!)



会う事の出来なかった友人各位サマ、

本当に残念だったのだけれど、

またの機会(来年の春先ないしは初夏)に、

今度はもう少し長く滞在する予定なので、是非とも!!



それでは、2007年、沢山の笑顔で溢れます様に!!と、

心より・・・。



追伸; 写真は・・・そうなの、こんな写真も撮りました!

ということで… 

(全ての撮影セッティングした人、ワタシ。

 レフ板持ってた人、母。

 シャッターボタン押した人、妹。・・・ということで、

 これまた相当楽しい撮影で)

ちなみにエリさん曰く、沢山の人が携帯のカメラで

写真を撮っていたそうなので、

このページご覧になったどなたか、

もしかして写メお持ちでいらっしゃる???

それ、我々『October Babies』です〜!よろしく〜!(笑)
[PR]
by bluenoblueno | 2007-01-04 13:04 | Diary