<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
びっくりした!
d0083194_8464279.jpg

今朝、顔を洗い終わって顔を上げると・・・・

こんな人が横に立ってた!

まず、びびりました。

で、あんまりヘンにおかしいので、『そのまま!』と言って

カメラ持って来て撮った。


今こうしてみても、なんか変におもしろくって、

一人笑いが止まらないんだけれど。

いやぁーツボです。(これ、もしかしてあたしだけ?あれれ?笑)

落書きの向うからうっすらみえるエリさん、笑ってるけど、

なんか怖いし!


追伸;昨日観たイギリス映画、『Hot Fuzz』あり得なさ加減がこれまた

ツボでした。ウェブサイトはここをクリックすると行けるよ!
でも予告編は全然本編に比べるとつまらないんだけれど。

カルト(?)ゾンビ映画の『Shaun of the Dead』タッグなのね。

いやー、馬鹿馬鹿しいっちゃー馬鹿馬鹿しいけど、結構予想を裏切られるので

嬉しかった。なにやら笑った。観客も一部で拍手したりして騒いでた。

この一週間以内に赤ちゃんが生まれるっていう妊婦サマご夫婦と

観に行ったんだけれど『笑い過ぎて生まれるかと想った!』

って言ってて、そっ、それは洒落にならない…と想いました。

ご無事でなにより。

(ちなみに… 映画の後、我々と別れた後で、病院へ駆けつけ、

 で、もって、元気な男の子を授かっていらしたとのこと!

 ひゃー、本当に良かった!)

ロンドンの腕利きのポリスがあんまりできすぎで、実際、他のメンバーに

ほとほとウザがられてて、とうとうとある田舎の平和であるところの

小さな街に飛ばされちゃうんだけれど、行ってみたらば『平和』の

影にかくれたトンでもない真実が…という中に

友情あり、アクションあり、非情で、残酷かつ、中心に笑いあり。

日本でもやらないかな(でも、流行らないかなぁ)

難しい事考えたくないねんって時はおススメ。

とにかく馬鹿馬鹿しいのも度を越えてたし、面白かったー!

じいちゃんばあちゃんもある意味飛んでて元気で♪

^_^

(さ、勉強しよう…。)
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-29 09:16 | 映画、云々
夜明け
d0083194_1037574.jpg

どこかが不自由だったりすると、

他の部分がとっても長けるってこともあるのだろうと、

想った。


彼、眼の不自由な自閉症の友人は撮影中、

『動いて良いっていうまで、僕、待ってるからね。』といって、

静かに身動き一つしないでじーっと固まってた。

それは本当に、なんとも徹底している。


家族集合写真の為の撮影だった。

彼のお母様曰く、ドラムを持参してもいい?そうしたら

撮影中も大丈夫だからとのこと。


でも、持って来てくれたものの、ドラムを叩かれると

動いちゃって家族写真には適さない。

だから、悪いんだけど撮影が終わるまで我慢してもらった。


撮影終了後、『ありがとう!協力してくれた御陰でちゃんと撮れたよ!』と

声をかけると、待ってました!とばかりに

足下に置いてあったパーカッションを引き寄せ叩き始めた。

どうやらずっと習っているアフリカンミュージックらしい。

何とも心を揺さぶられるものがあった。

体全体で音を楽しんでいる感じ。

迫力もあった。

暗闇に日がパーッと差す感じだった。


で、すかさず撮らせて頂いた。(上の写真はそのうちの一枚)

思い掛けずサングラスに映った彼のリズムを奏でる両手に、

非常に打たれた。(自分の写真なんだけれど/笑)


ポーズ付けたり、作り込んだりする写真が最近多かったので、

なんともとても新鮮な経験だった。

ブレッソン風に言うならdecusive moment?(なんて、大それた事を!)


彼は絶対音感があるのだそう。

一度聞くと音程外さずに歌えちゃうんだもん、すごいよなぁ。

坂本九ちゃんのスキヤキが好きと言っていたので、

一度一緒にライブでやった。

日本語分からないはずなのに、

適当にうまい事真似してコーラスまでしてたなぁ。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-26 11:00 | Photo: Portrait
そして現実逃避。
d0083194_1035840.jpg

                 ↑                
          (切り絵風に自分で作った桜)

さて、期末テストざんまい。

本当に今学期、大変だったなー。(毎回言ってるが…)

テスト勉強しなきゃいけないんだけれど、疲れて頭に入らない…

こうして書いてる場合でもないんだけど気分転換(?)。

*****

せっかく決まりかけてた式場(結婚式の)、色々予期せぬことが発覚し

そこはキャンセル。もうやるっていう日にちは決まってるし!と焦る二人。

日本から家族も来るんだよー、式挙げれませんはシャレにならん〜と

この週末、必死で調べまくってました。

私もよく分かんないなりに調べてみてた。

どこもかしこも高っかー…て、ため息ばかり。

ようやっと、ん?手頃?と想って詳細見ると、

ゲイカップル専用ってなってた…。

(そんなのあるんだねー。しらなかったー。)

でも、そんな使えない私を他所にエリさんがちゃんと見付けてくれてた。

値段も手頃だし、ライブも夜中までやってオッケーって場所。

で、連絡してみると、我々の予定してた日だけ奇跡的にまだ空いていた!

ラッキーだったー。

はー、現実逃避はこのくらいにし、勉強しよう…。。


我が街も少し春めいた日が復活。

このまま夏まで突っ走りたいものですわ。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-25 13:09 | Diary
笑った顔も可愛いよ
d0083194_0433394.jpg

彼女がインドに里帰りする前に写真を撮って、

家族に持っていってもらおうという試みで撮影。


彼女を撮り始めて、あれ?とふと思った。

全く笑わないの。にっこりともしないの。普段はニコニコ沢山笑うのに。

それが、見ているとこちらまで幸せになる感じで、私は

彼女の笑顔のファンなのだよね。さすがに不思議に思って、


『あの…、笑った写真は嫌いなのかな?あ、別に笑顔を強制しようと

 してるんじゃないんだけど』って聞いてみたら、

なんだか言いにくそうに・・・『あのね、これ(八重歯)、彼がね

ヘンって言ったの。その歯、嫌いだって…。』と言った。

なーるーほーどー、そういう事か。

『何言ってんの!その八重歯がめちゃくちゃキュートなんじゃん!

 彼は分かってないね!引っ込んでろって感じだよ!

 別に無理矢理笑う事はないけれど、あたしは八重歯って実際

 子供の頃から憧れでね、ほら笑うとなんとも可愛いでしょ?

 少なくとも私は大好き。それに、貴女の笑顔は本当にものすごく

 輝いてるから!とにかく気にする事、私はないと想うよ〜。』

等々と必死でまくしたてた。ホントに可愛いんだもん。

その渦中、彼のコトをちょっとコケオロシ過ぎたようで、その点は、

ちょっと言い過ぎと釘を刺されたけど(反省)

彼女に笑顔が舞い降りた。

その後はスムーズな撮影に。

踊ってくれたりもした。楽しかった。

女の子だもんね、好きな人に言われた事って気にしちゃったりするよね。

んー。可愛いな〜。(笑)

あぁ、あたしだっても、そんな時代あったなーなんて遠い目をしたりした…。



追伸;この前の雑記2回に渡って、あの乱射事件の事を書いたけれど、

   心配のメールくれたりした家族友人各位、返事にも書いた様に、

   大丈夫だよ〜!ありがとうね。。

   遠くにいると逆に色々想像したりって事もあるかも、うん。

   あ、ミクシィから来てくれた友よ、反映されてないので意味不明と

   想うんだけれど、今日書いたものの前に2回に渡って

   珍しく写真の事じゃない事を書いたの。時間があれば

   読んでみてくれたら嬉しい、長いけど…。。

  (コメント等も気にしないでいいからね〜)

では。 透子より
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-22 01:02 | Photo: Portrait
真実は闇の中だけれど・・
Excite エキサイト : 国際ニュース

前回の日記(雑記?)を書いてからまだ日は浅いけれど、

やっぱり想像していた様な事件

(『今銃さえあればお前を撃ち殺す』と脅されたアジア人がいたりとか、

 そういう類いの…)

バージニアのみならず発生している様です。

本当に悪循環だと想う。


銃を乱射した彼がテレビ局に送ったというビデオ・・・

(上にその内容の少しだけ書かれた記事をリンクしましたが)

何が彼をあそこまでにさせてしまったのかということも、

やっぱり考えなくては、また第二の彼の様な人物を生み出さないとも

限らないのでは?と想えてしまうのでした。

(それは彼の言い分に賛同するというのではありませんが。)

そう、あの事件を起こしてしまった彼は、

本当に絶対に許されるべき事ではない事をしてしまったけれど、

でも、その彼を生み出してしまったこのアメリカ社会についても、

私は、やっぱり想うところがあります。


彼は8歳で両親に連れられてアメリカに渡ってきた子だそうで、

自分の意思でこの国に来た留学生とはちょっと違う。


8歳の子供が訳の分からない言葉に囲まれて、とても、とても

心細かったのではと想う。

なんていうか、やっぱりアジア人(だけでなく外国人)を毛嫌いする人、

肌の色の違い、言葉の訛り、素振り等々から、

見下した様な扱いするアメリカ人ってやっぱり沢山いる。

(良い人も沢山いるけど。

 これは本当にどの国も同じで、アメリカにも良い人も悪い人も

 いるわけなんだけど…。

 これだけ多くの人種がごちゃ混ぜになってるにも関わらず

 メルティングポッドではなくってそれぞれがバラバラになってて、

 酷いと憎しみの感情なんかもそこにあったりするのは…

 やっぱり未だになにかと〜昔に比べれば全然だろうけど〜

 白人優位な社会だし、一歩間違えれば彼の様に精神を病む子も

 出てくるでしょうと想う。)


つまんないことイチイチ書くのもどうかと想うけど、実際私の生活の

中にも、f○ckin' Asianとか言った事を何らかのカタチで伝えてくる人や、

あからさまにバカ扱いされる事も多々ある。

なんだか怖がる人もいる(実際外国人恐怖症っていう病もあるそうですね)。


でも、私は大人になってから自分の意思でアメリカに来たから、

「そんなこと言ってるお前等には絶対負けない!」とかって

跳ね返したり、「へっ、バカにしているのは今のうちだぜ!」と

かかわす術も覚えていったりできるけど(実際ほんと、

アメリカ人より劣ってるとかって想った事ないし。

劣ってるも勝ってるもないよって話で、ほんと、

人と比べるこたぁないと想うんだけど。)

そこら辺まだよく分からない子供の時にこっち来ちゃって、

しかも周りのフォローがうまい事いってなかったりすると、

歪みがどんどん積み重なって心が病んでいくのも

頷けなくはない状況があったりする…。

両親も、この地に基盤を作る事に必死で、彼の子供時代、

あまり構ってあげれなかったかもしれないし。

・・・これはあくまでも私の想像でしかないけれど。

(もしかしてすごく構ってあげていたのかもしれないし、

 彼自身の歪みの本当の由来なんて分からないけれど…)

でも、歪んだ環境の中で、フォローもままならず、

心の闇は膨れ上がって病みへと変わっていった

のではないかなと想ったりしました。

(だからといって、そうした難しい環境の中育って来ても、

 強く立派に大きくなっていってる移民の子達も沢山いるから、

 なんとも簡単に彼が社会に狂わせられた等と、単に社会の所為だ

 なんて言っちゃえないけれど…。でも、そうした難しい

 環境の中に置かれた子供は、それ相当のフォローが周囲からないと、

 歪むでしょうとは想う。誰かが彼を〜そうした子を〜何らかのカタチで

 救ってあげないと歪んだ心は酷くなる一方だと想う。)


仲の良い信頼出来る白人と黒人の友達と上記のことを話してたら、

「人種による差別はなくならないよ。透子の言ってる事はもっとも

 だけれど、根本的にこのアメリカ社会を変えるっていうのは

 無理とは言いたくないけど、果てしなく無理に近い。それより、

 人種の違いとかで劣ってるとか、見下したりしてくる人達を、

 あら、可哀想な人ねとかわして、そういう人達とは関わらず、

 自分は自分の道を進んでいけば良い。それしかない。」

と言われた。

家に帰って言われた言葉を何度も何度も復唱していたら、

あぁ、本当にそうだなって想った。


とにかく、この事件による余波が最悪な事にならない事を願うし、

第二の彼の様な子を創り出してはいけないと想っている。

その為に何が出来るかと想うとそれもまた薄靄の中の様なのだけれど。


(※ 写真ブログとか言ってたんだけど、書かずにおれず、

   2回にも渡って書いちゃったです。)
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-20 10:31
バージニアの乱射事件の後で
アメリカ時間で昨日、バージニア工科大学でアジア系生徒による

銃乱射事件があった。死者、今のところ、32〜33名、

負傷者15名と発表されています。

事件の記事 ↓
Excite エキサイト : 国際ニュース



※ 発表では容疑者の国籍も伝えられてるが、敢えて【アジア系】としました。


こんなことはあってはいけない事です、もちろん。


そしてその乱射事件の次の日であるところの今日、

いつもの様に大学へいくとまず始めに授業開始と同時に、

教授が昨日の乱射事件について話し始めた。

話していて感極まったのでしょうね、

『私はあなた達、アメリカ人の生徒を心から愛しています。

 本当にバージニアの生徒達は不幸ですが、

 それがあなた達でなくてよかったと昨晩、正直想いました。

 本当に一日一日を大切に生きて欲しい。』
と言って泣いてしまった。


とある生徒は「犯人はアジア系だって」とかこそっと言ってる。


その授業を受けている外国人は私だけ。そのどんぴしゃりのアジア系だし。


揚げ足とりみたいだけど、「あなた達、アメリカ人の生徒を愛してる」

って言った教授の言葉、私はそれってどうよってやっぱ想った。


あなた達、生徒、皆を愛してるって言えなかったのかなーとか。

でも私が指摘するまでそのことに気づいてもいなかったのね。

本当に悪気なんて無いんでしょう。それはありありと見えた。

でも…

アジア人は成績とかメンツとか気にしすぎるあまり、自殺や

神経おかしくなる人が多いってテレビで言ってたとか

他の生徒も言い出して、やっぱり居たたまれず、

ちょっとまったと想わず立ち上がってしまった。


本当に絶対にその乱射事件の犯人を支持なんて出来ないし、

そんなこと絶対に絶対にあってはいけない事だし、

亡くなられたもしくは負傷したバージニアの生徒教授達には、

心からお悔やみ申し上げるけれど、

襲撃した国の人及び、アジア人、ないしは外国人が皆そろって

クレイジーみたいに考えられてしまうのは絶対に困る。

それぞれに皆違うし、どの国にも良い人も悪い人もいて、一概に、

どこの国の人だからどうこうってラベルなんて貼れないから。

誰にとっても外国で暮らすというのはすごいストレスがつきまとう。

だからって殺人が起ってもしかたないなんて想っていないけれど、

外国人による殺人事件はアメリカだけの話じゃなくって、

どこであっても現実に起っていること。

アメリカ人(だけ)が被害者で、その他外国人が加害者みたいな風に

なるのは絶対違うと想う。

というコトを話した。止まらなかった。

ちゃんと想いを伝えれたかといえば言葉足らずだったなと想うけれど。

今想えば、何か言わずにいれなかったんだな。気づいた時には話してた。


とにかく国の違いというよりも、一人一人違う人間だってことを

忘れないで欲しいんです

ということを伝えた。

その教授も、今、発言してくれて良かったし、透子の様に言いたい事をいう

日本人もいるのねって言った。

彼女曰く、普通は日本人は滅多に発言しない。

だから『日本人=意見を発表しない』っていう風に括られがちだと。

「ということで、こんな日本人もいるし、皆、どこの国だからって

 偏見持っちゃ駄目ねって」笑って話をまとめてた。


ちょっとなんだかなーと想ったけれど、それ以上突っ込むのも憚れる

感じだったから黙った。


ブッシュはこれからはアメリカ人皆が拳銃を持ち歩き自分達を

守らなくてはいけない時代になったとかなんとか言ってたと

他のクラスメイトから聞いた。それは極端だろって想うけど。

ものすごく極端な人達は外国人(事件を起こした国の人)=悪って

イメージが生まれちゃうんだろうね。

・・・うんざり。


ホント、上の話に戻ると、日本人だから発言しないなんてことはないし、

どこどこ人だから悪い人が多いとかそんなの、ほんとない。

国の違いによって価値観の違いはある。絶対に。ぜったいに。

でも、それによってどっちが上も下も、ほんとない。

すくなくとも私はそう信じてる。


私はアメリカに来て、アメリカ人の一部の人達の在り方が

本当に嫌だと想った。

白人以外はどうにも受け入れられないという人達。

英語が完璧に話せない=劣ってるってする人達。

などなど。

Ethnocentrism 自分の民族が一番っていうやつ。


でも、こういう事もきっと、どこの国にいってもあることだろうと

想う。日本であろうが、どこであろうが。


良い人もいれば悪い人もいる。どこでも同じ。



こうして外国人による事件があると外国人(特に該当の国の人達)には

やっぱりすごく風当たり冷たいです。


何はともあれ、本当に今回の事件は酷過ぎるし、

本当に…ご冥福をお祈り申し上げます。


同時に、外国人(特に該当国の人)=悪っていう波は

大きくなって欲しくないと心から想う。

そんなの全く、悪循環でしかないもの。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-18 05:38 | 雑記
シャウト
d0083194_554442.jpg

「あたまからなんかでてますよ?」

     (笑)


・・・それはさておき。

久しぶりにポッドキャストの番組を更新したのだけれど、

お暇だったら聴いてみてねと宣伝宣伝。


こちらをクリックすると番組へ♪

(↑クリックすると番組はじまっちゃうよ。会社にいるとかだったら

 気をつけてー)


この曲が出来たのは2005年、もう2年経つのね〜。

いつになく(でもない?ふっ)シャウトしています。

この曲は当初恥ずかしくって発表するのは躊躇われていたのだけど

今想えばなつかしく・・・

私の叫びはいいとして、曲の最後の部分のサッチェル君の

フリースタイルはカッコいいです☆

あ、エリさんのベースもクレイジーで素敵です☆

昨日空飛ぶ夢をみました。


さて、『Floating Soldier』です。それではどうぞー ^_^
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-16 06:08 | Photo: Street Scene
愛です、愛
d0083194_819955.jpg


これ、とにかくなんかすごくない?あ、写真のことね。

本人、西郷ドン!って呼んでくださいといってます(嘘) 


最近(でもない、随分前からだ…)、

『エリのこと、オモチャにしてない?』っていう人がちらほら・・・。

いえいえ、これが私なりの愛情表現ですから ^_^  多分(笑)


結構何やらせてもサマになるからすごいよなーって想ってます♪

(ハロウィンで牛の格好させたら、ほんと、乳搾りできる!とまで

 錯覚させんばかりでした!でも、ヘドヴィグにしようと想ったら、

 腹がつかえてドレスなんて着れなかったよ…

 腹から上だけ半裸になっちゃって、壊れた人魚姫かと想いました/笑)



スタジオの皆に侍と呼ばれて、本人も『座頭市やれるかな?』ってこれまた

満更でもなさげでした。 でもやっぱり、座頭市っていうよか

西郷ドンだよね。 

上野をこの格好で歩かせたいね〜 桜の中を。 風切って。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-13 08:22 | Photo: Portrait
いかれた素敵なbaby
d0083194_1345350.jpg


妹からメール。

『フッシュマンズの「いかれたbaby」知ってる?』

返信(私)

『うん』



『あの曲すごく好き。聴いてたら、いかれた素敵なbabyって

 あ、お姉ちゃんのことだーって想った』


早速、聴き直す。


♪ 悲しい時に 浮かぶのは いつでもキミの 顔だったよ ♪



・・・泣けてきた。 なんて可愛いの。。

しかも、「いかれた素敵なbaby」。気に入りました。その称号いただきます。


あの子がこっちに来たら、モデルとして大活躍してもらう予定。

うん、色々やってもらおう。

(アフロのかつらとかも似合いそうだな/にやり)


♪ 人はいつでも見えない力が必要だったりしてるから ♪


ホントだね。


※ 写真は日記内容と全く関係ないです。

  エリさん、只今日本を異様に懐かしむ時期到来で落ちてます。

  『猫達ががあの世に召された時には、日本に引っ越そか…』だって。

(我が猫達はここがすきだから、彼らが健在の間は引っ越す事は

 無理という意味だそう。何であれ長生きして欲しいねと言って話はピリオド)
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-11 13:20 | Diary
Baby Shower
d0083194_5591724.jpg

d0083194_5594259.jpg

d0083194_5595985.jpg


今日は夫婦揃って仲良しの友達のベイビィシャワーのお祝いだった。

(ちなみにBaby Showerっていうのは、もうすぐ赤ちゃんが生まれるカタの為に

 友人がお祝いの為に簡単にいうとパーティを開く事であります。

 ベイビーの他にはウェディングだったりとか、何かめでたいことの前に

 開くものなのだそうだよ。実は今回知った!)


車に載せきれないであろう量の皆からの贈り物の数々、

しかも大半が赤ちゃんの洋服!

誰かが冗談で「ほんと、一日に数回衣装替えしないと全部着る前に

大っきくなって着れなくなっちゃうねぇ」っていってた。ほんとに。

みるみるうちに大きくなったお腹を前に、皆して宝物を愛でる様に

触らせていただいた。暖かかった。

いやぁー彼女もすっかりお母さんの表情だった〜。

お母さんになる、って、私も年齢的に身近に迫っているだろうから

より色々想っちゃうけれど、やっぱりすごいね〜!

(何がって突っ込まれそうだけど、説明は長くなるから割愛/笑)


しかしー、春が来たかと想っていたら外、マイナス6度、

吹雪いてますよ、よよよ。

さすが、ミシガンです。
[PR]
by bluenoblueno | 2007-04-08 06:14 | Photo: Portrait