<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Blind Pigにて(やっと!)演奏できました、の巻 (ライブ動画の抜粋ね)


上の動画だと見れないよ〜という場合、Youtubeの方へどうぞ〜!
    ↑
(というか、こっちのリンク先のほうがみやすいかも…)


古くはねNirvanaとか、様々なミュージシャン達が演奏して来たクラブ、Blind Pig。

昨夜我々初めてBlind Pigにてライブでした!

ほんと、楽しかった、とっても!本当に!!

それが思いがけず日本のお客様もいらして、いやー本当、嬉しかった!!!!

あ!お名前伺うの忘れてしまったけれど、万が一ここを発見されたら、

本当、ありがとうです!!! 確かにアメリカで、しかもMid Westでこうして

日本語メインで歌っていると色々あるのだけれど、

想わぬ出会いがあったり、発展があったり…続けてきたいなーと想っています。

本当、嬉しかったです。。。(;_;)また東京でお会い出来たら、本当に素敵だなぁ!


さて、今日はゆったり過ごそうと、散歩がてら夕方アイスクリームを買いに

デイリークイーンまでテレテレと歩いている途中で、

たけし(ビートたけし、だよ)のコマネチのギャグをエリさんに伝授していたら、

車で通り過ぎた方々が私がなにやら悩殺ポーズをやっているものと勘違いし、

『ヒューヒュー』と車の窓を開け興奮して身を乗り出して騒がれてしまい、

エリさんに叱られました。

そんなポーズ、シャレにならない!道ばたでやらないの!とのこと。


お母さん、コマネチギャグは道ばたでやるものではないと、

アメリカに来て学びました。 そんなアメリカ3年目の夏です。

(つーか、コマネチ、コマネチってギャグ知ってる人って70年代〜80年代

 その辺をテレビッ子で育った子だよね?今の子はタケちゃんマンも知らないのかな。

 ホタテをなめるなよ      ←…知ってる?)


October Babies Web-siteはこちらから☆


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-28 14:46 | October Babies
一足お先にサマーフェス会場から(動画っす) Crossroads Music Fes @ Ypsilanti, MI
d0083194_445618.jpg


Crossroads Music Fes @ Ypsilanti ~ October Babies 6/20/08 ← ビデオはどうぞ、こちらより☆



こちら先日Downtown YpsilantiのCrossroads Music Fesの模様のビデオです!!


ちょこっとずつダイジェスト版でお送りしますところの我々のパフォーマンス!

7月のパフォーマンスに向けて盛り上がりを高めつついるところの我々、

どうです?ちょこっと一足先に疑似体験? 予行練習?!?!

あ、とにかくね、難しいこと抜きでとにかく楽しんでいただければと!

街の人達も少しだけれど出演!伝説のヒトも出てきます〜!えへへ

ほんと、あのイプシランティのダウンタウンの街中で日本語の歌が流れるってこと自体

前代未聞だと皆本当に最初は驚きと戸惑いと…

でも徐々にホントに盛り上がってくれてて、すっごく楽しい時間となりました。

来て下さった方皆様ありがとう。。。


イプシはね、実際、あんまり評判がよくないらしく(治安が悪いと)

でもね、なんとも暖かい街だと想うよ。(夜道を歩きさえしなければ)

以前は廃屋的ビルが多かったけど、でも新しいお店ができ始めたり、

盛り上げようとしている。

実はね、ほんと、久しぶりに最初ね、足ががくがくしちゃったの。

ほんと、イプシのダウンタウンの皆様が、ホントに受け入れてくれるんかい?!って。

でも盛り上がってくれてて受け入れてくれて、ほんと、よかったよ。。。涙



んでもって、ほんと、7月、(ごめんしつこいんだけど)楽しみにしています〜!


ではでは〜!!!


日本での簡単なスケジュールはこちら以下に!


7月18日 インディーズジャンプ フェスタ08 スタート19:00〜 

      東京 下北沢 Cave Be

7月21日 我々メインのライブ うみのひライブ08 スタート19:00〜
      
      東京 下北沢 440


7月23日 アコースティックライブ スタート 19:30〜

      東京 調布 森のギャラリー


      *** 大阪移って ***


7月25日 October Babies 2008 Japan Tour
     
      大阪 船場 club MERCURY スタート 19:00〜


7月26日 October Babies in Osaka Summer 08

      大阪 十三 CLUB WATER スタート 18:30〜


詳細はいずれも我々ウェブサイトにて!!! ↓

オクトーバー・ベイビーズのHPへ


ほんと、最初で最後になるんじゃないかなって想ってるんだ。日本でのライブ。

どうぞどうぞ、ご都合つきましたら一緒にどうかしらん、飛び跳ねて下さい〜!!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-23 04:45 | October Babies
聴いたって〜!Octの私以外の男衆がメインボーカル取ってる唄たち
d0083194_118119.jpg



★Ao-zora Radio 45★

  ↑
ここクリックすると音がなり始めるから気をつけてね〜!


私以外のオクトのメンバーの男ども、

ギターのデイル、ベースのエリさんも実はメインボーカルを取る歌があるの。

ということで、今月のポッドキャストではそちらから2曲お届けしてます〜!!

聴いたって! なんつーか、夏らしい(?)2曲です。

どちらもライブでもやりますとも!

(ライブでは大分違ってくるよ〜!私もコーラスいれるんだよ〜)

ちなみに私、一人5役で喋ってるの。レコーディング面白かったよ。

全て即興でね、ま、聴いたって(しつこいっちゅーねん!笑)


ではでは本当に7月!!! ライブ会場でお待ちしています〜!!!!


ほんと、待ってるね!!!!騒ごうね〜!!!!イエイ〜♪

詳しくは我々のオクトーバー・ベイビーズウェブサイトにて!

そうそう、前もってメールで予約して下さったらば前売料金で受付で当日精算オッケーです!

どうぞご利用して下さい〜!!

ではでは〜!!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-21 01:22 | October Babies
大阪で!!!!
d0083194_3575983.jpg


大阪で!追加公演決定しました!!!!

本当に、こんな時期でものすごく暖かく迎え入れて下さったライブハウス、

船場のclub MERCURYさんに大感謝です。。。。

*****

ただいま大阪の対バンを探し中!決まり次第こちらもお伝えしたいのですが、

今のところ決まっている情報がこちら!!!

***

■7/25(FRI)■

October Babies 2008Japan Tour

【出演】Octorber Babies(U.S.A) / Satchel Jones(U.S.A.)と、他のバンドのかた!

【OPEN/START】時間はもう少ししたら決まります〜!

【ADV/DOOR】前売:1200/当日:1500

【お問合せ】club MERCURY / TEL : 06-6263-0027

ないしは、我々のウェブサイト経由でメールを下さいませ!


平日だからね、なかなか難しいということもあろうかと想うのだけれど、

本当にご好意でライブハウス開けてくれたの。

出来るだけ多くの方と一緒に楽しむことができればと想っとります。

****

んでもって、東京の方は

7月18日 金曜、

こちらイベント“インディーズ・ジャンプ フェスタ08”


そして


7月21日 祝日

我々のメインのライブ“うみのひライブ08”




そしてアコースティックライブの

7月23日 水曜、



こちらもどうぞよろしくです〜!


そう、
大阪の皆様は7月26日にもライブあります!

詳細はOctober Babiesサイトまで!


25日の情報も追ってサイトにアップ致します!


ほんと、もうすぐ後一ヶ月ところまで近づいて来た!

楽しみだな〜!!!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-19 04:10 | October Babies
Making のメイキング、撮影現場@ Detroit, Masonic Templeより


ただいま我々、October Babies(オクトーバー・ベイビーズ)、

『Wa Wa Wa』という曲のプロモーションビデオを作っているのだけれど、

先日、デトロイトにあるMasonic Templeにて撮影して来た模様を、

ちょこちょこっと編集しお届けします!!

気軽に楽しんでいただけたら幸いだな〜と想っとります!!


ここのMasonic Templeって本当にすごいミュージシャン達が

コンサートをしてきた由緒ある場所でね、

本当にね、重みのある素敵な建物でした!(床がなにげに大理石〜とかね!)


我々の使用したフロアはちょっと特別仕様になっているところで・・・

詳しくは本編が仕上がったら分かっていただけるはず〜ということで、

お楽しみに〜☆


最初、すごく怖く見えた人達が、皆して、本当にサポートしてくれて、

最後の方では『ワワワワワワワーワワワワワワー』ってね、皆、

合唱までしてくれて…。。涙。。。

しかもボードに『WA WA WA!!!』って書いたの持って来てくれた方までいて、

本当にありがたいなって想った…。。。

最初は皆さん、何だろうこのバンドは?!って感じだったのだけれど、

ほんと、周りのエキストラの方々や出演してくれた人達、警備の方、皆して、

本当に暖かく支えて下さって、しかもすっごくノリノリで演じて下さって、

すごくすごく楽しい撮影でした。。ありがたいよ、本当。。。


他の出演者達のお姿は(すっごいステキ!!!)本編までお待ち下さいませ〜!

ということで、今回のビデオにはオクト・メンバーと

監督さんとカメラさんのみ出演しています!!


そしてそして、こちらの曲、『Wa Wa Wa』インディーズジャンプさんにて

紹介していただいてます!

こちらにてどうぞお聴き下さいませ〜!!
 
   ↓

Wa Wa Wa視聴〜☆


本当に一緒に盛り上げていって下さったら嬉しい限りです!

だってだって、7月、もうすぐだ〜!!!

ということで、ではでは!!

万が一上のビデオが重くてみづらかったら、こちら、You Tubeの方が
軽めかも
You TubeのページへGO☆

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-15 09:49
トラウマとコンプレックス、スティグマ、そして解放へ
私は今、数人の方に日本語を教えている。

その中に一名、直に60歳になる女性がいる。

彼女は障害を持った息子さんが楽に暮らせる様にするため、自ら気功を習い

それこそ必死で生きてきている方。


彼女の名前はレイラニー。 ハワイの言葉で『天国の花』という意味。

本当に本人も大輪の花が大きく花咲いたような女性。


その彼女が気功の勉強の助けになるからと日本語を習っているのだけれど、

かれこれ、もう、1年近くなり、彼女の状況が徐々にだけれど変わって来た。

なんていうのかな、のびのびしてきたんだ。


実は、授業中、緊張して身体が固くなって息も荒くなってって事が時折

あったんだよね。そうと気づいたけれど、なんだろう?ナーバスなんだなろうなと

なんとなく気持ちを和らげるような言葉を投げかけつつ授業を行っていた。

だけれど、やっぱり度々パニック状態に近くなる事があった。


数週間前、ふと折りをみて、授業中、辛い時があるのかな?キツ過ぎる?と

聞いてみた。すると…

いつも明るい彼女から想いもよらぬ言葉が返って来た。


彼女のお家は彼女が小学校に入る前に両親が離婚し、母親が再婚、

その再婚相手が、彼女のお母さんと、その娘であるところの彼女と彼女の妹を

あらゆる力で支配していたのだそうだ。


小学校に入る時に、酒に酔った義父から

『お前は能無しだ。学校なんかにいっても何一つ意味がない。

 時間の無駄だ』と呪文の様に、それこそ毎日、浴びせられ

日々みぞうちを蹴られていたら、そのうち吐くのが止まらなくなり、

病院に通う様になるものの、ひどく強い、しかも身体に合わない薬を処方され、

その薬の副作用で悪化し、学校にもまともに行けず、

しかし家にいれば蹴られ続け…… でも母親はその父を止めることも出来ず

母も同じく父から暴力を受け続けていた。(※彼女曰く、彼女の母は

そうした状況を自ら選んでいたのだと想う、とのこと。それもまた人生、

娘としては楽になって欲しいと想ったけれど、彼女の人生は彼女にしか

選べないと今は想うのね…と言っていた。)


とにかくレイラニーは、その後若くして家を出て、

まずはギター一本でバーで歌いながら小銭を稼いで暮らしていくも、

喉の病気にかかり今までの様に歌えなくなる。

(シンガーにとって声を失うってどれだけ恐ろしいことかと想う…)


その後、自分の家族を、ちゃんとした家族を作りたいと想い、出逢った

男性との間で妊娠するも、その男性も暴力男でその妊娠を機に出て行ってしまう。

でも彼女はお腹に子供がいると知ってそれはそれはハッピーで

やっとの想いで出産。そのうちにその息子さんは盲目で、自閉症だと分かる。

(※本当に天使の様な息子さんです。)

そうして息子さんを抱えながら、声を失って一度は歌えなくなっていたけれど、

再度その変化したハスキーボイスを活かして旅回りのミュージシャンを

始める。そこで出逢ったのが今の旦那さん。二人で旅回りのバンドとして

10年以上、毎日バーでの演奏を続けて、今の土地で気功に出逢い、

腰を据え気功を学びつつ演奏しつつ、また、ペットシッターをしつつ

生計を立てて来たという。

今想えば、全てなんでもないことなんだよ、今こうして生きているのだからね。

全て自分で選んで進んで来たのよねとの言葉が、とても力強かった。

子供の時分、親を選ぶことは出来なかったけれど、そして、

私は父の言葉の呪縛をなかなか解くことができず、自分は能無しなんだと

その与えられたスティグマとコンプレックスとトラウマとで

なんて自分はなにもないんだ、なんて駄目なんだと想い続け、

どうにも自分を憎み嫌で仕方がなかったのだけれど、

でも、義父の言葉を受け入れそうして自分をその箱の中にいれる事、

全てを許容しその中にいることを選んだのも自分だったと想ったのね。

なにも義父の言うことのままいなきゃいけないことはない!ってね、

そう初めて想えて、でね、その途端、ここから出よう、私はやれる、

自分のやりたい事をやろう、私はできるってすんなり想えた。

私は再び生まれるんだって想ったの。

だからね、今、ものすごく勉強したいの。

やりたいことをやりたいの。


デニス(今の旦那さん)は、初めて私が私のままでいいんだと

教えてくれた人。変わらなくてもいい、そのままでいいんだと

心底信じさせてくれた。なんのコントロール化にもない関係性の中にいるのは

私にとって初めてのことで、そうしたら自ずと、私は変わりたい、

このヒトと一緒に沢山のことを学んでいきたいと想えたのね。

誰かが誰かを変えることは本当は出来ないと想うのだけれど、

でも自分が変わりたいと想ったら変わる努力は出来るんだということも知ったの。

だから、勉強したいって本当に想った。私はまだまだやれるって想った。

彼はね、恩人であり、今でも一番の親友よ。

デニスが明日死んだら、生きていく意味を失う気もするけれど、

私は生き続けるんだ。

なぜって、『君の人生を生き抜け』というのが、デニスの望みだからね。

私は生き抜くんだって想ってる。いつ死んでも後悔ないって位生きて来たから

本当にね、やれる限りの事をやって最期の時を笑って迎えれるよ〜と

すっごい大きな花が咲いたみたいに笑った。

どうにもたまらなくなり何も言えなくてでも本当に彼女のすべての言葉に

共鳴して、ただただ頷くばかりだった。


学ぶということに対して、もう50年以上も経っているのに未だに

小さい頃のトラウマが彼女を襲っていたんだということを知り、そのトラウマと

闘いつつ、幼い頃彼女に焼き付けられたスティグマと闘っていたんだと

その事も知って、私も何かそうして彼女が彼女自身を解放していく

お手伝いが少しでも出来るならそれは本望だと想った。

私はたかだか日本語を教えているだけだけれど。


逆に彼女からも多くのことを教わってると想う。


生まれた場所や、人種、ないしは、その育った環境によっておされた

スティグマは深く残りがちなものだけれど、

そのスティグマを取り去り、解放することができるのは

自分しかいないんだよね。

でも、そうした中では出逢った人の力も本当に大きく、

全て自分一人で全てを行えるってことでもないとは想うんだけれど。

親だったり、社会だったりに決められたロールを演じることはない、

自分で生きたい様に生きればいいんだと本当に想った。


不慮の出来事は多々起こるけれど、でもそうした中で、

何をするにも、どう進んでいくのも、やっぱり自分の選択だなとも想う。


レイラニーと話した後、ふと『嫌われ松子の一生』の松子を想い出した。


私があの映画が大好きなのは、彼女は落ちぶれた生活の中の

夢の中で、死に別れたコンプレックスの元にあった妹の髪を切る。

そして可愛いボブヘアにすっきりと変化させて上げる。

その妹の笑顔がそこにあって・・・ で、夢から覚めて一言。

『私、まだやれる』 

そしてかつての親友からもらった名刺を探しに野原に出かける。


『私、まだやれる』って自分で想えた松子に本当に私は打たれて

なんだかすごく救われた。

確かにあの後の死は虫けらの様に殺されてひどい有様ではあったけれど、

それでも自分を諦めなかった彼女はちゃんと昇天する。

その姿が美しく暖かい想いで彼女を見送ることができた。


私には、あの『私、まだやれる』って言葉が、

どれだけあの映画の中で大きかったかしれない。


私の教え子さんのレイラニーも、言葉にするとあっという間の数行で語れる

半生かもしれないが、それは相当のことだったと想うのだよね。

今輝いている彼女がいること、本当によかった…と想う。


さて、本当に色んな出会いで私も支えられ、沢山の大事なことを

教わっているなとしみじみ想います。


そして、今も私の座右の銘は『人間とは選択し進み続ける可能性体である』だ。


人生、まだまだ。



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-09 14:53 | 雑記
本当に久々の風景写真だれど・・・
d0083194_5453326.jpg

d0083194_5455758.jpg


私ほとんど風景写真は撮りません。 人を撮るのが好きなのだと想う。

久しぶりに撮ったのが上の2枚。

ミシガン湖近くの街の長く続いた一本道、そして、

ミシガン湖の近くのビーチバレーの跡形。

雨上がり。空気がしっとりしていた。


先日の芝居の写真を撮った後で、1人の俳優さんが写真を観て

『こんな風に撮ってもらったの初めてなんだよ!…写真、よかったらもらえるかな?

 実はおふくろが南部にいるんだけど俺の芝居、一度も見たことないんだ。

 これで初めて写真送ることができるかなって想って…』

と言って来た。その人、役者としての歴はすごく長く、TVやCMとかにも

(少しみたいだけれど)出てるそうだし、

ご家族が見たことない?!ってどういうことだ?と想ったんだけれど、

色々と複雑な事情があった方の様で

(恐らく芝居をやっていることをあんまり喜んでもらえてないんだね)

これまでに機会がなかったみたい。


その人のことを書き始めると本当にね、長くなってしまうのだけれど

(生まれながらに余分な骨が顔の骨の一部にあったそうで、高校生の時に

 その骨が唇の上のところを突き抜けて出て来てしまって大手術をしたのだそう。

 それ以降、数年顔にギプスをつけたまま過ごしていたのだそうで、

 それはそれはものすごいコンプレックスを抱えてきたと想うのね。)

背は高いし声もいいしかっこいいんだけれど、確かに今も消えない傷が

唇の上のところに残っていて、でもそれも味だなって想えちゃう、

すてきな俳優さんなんだ。 …とまぁ、そんなことから始まり、すごい

面白い人生を送っているひとでね。今38歳でNYを拠点に活動しているんだけど。


とにかく、あんな風に喜んでもらうことができ、今回ね、写真撮っててよかった!って

心から想った。


とまぁ、そんなこともあるし、やっぱり私は人を撮るのが好きなのね。 

風景より。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-08 05:52 | Photo: Nature
『N.E.E.T MAGAZINE』に載ったよ
d0083194_2574946.jpg


実は何度かここのヴィンテージショップのモデルのお仕事をしたのだけれど

今回雑誌に載せてもらったよ。女の子のファッションを扱ったウェブマガジンで

そりゃーほんと、どこのページも相当ラブリーで

あたし、良いの?載っててって感もあるのだが(笑)


このヴィンテージショップのオーナーの女の子から

この間教えてもらったのだけれど、私がモデルとして着た洋服は

載せると1週間以内に売り切れてるのだそうで

もちろん偶然なんだけど、響きがアタシ、超売れっ子モデル?!と

勘違いさせられるから気分いいよね(笑)


お礼ってことでこれまたものすごいラブリーなフレンチスリーブの

ベイビードール型のワンピースを戴いたのだが、幾ら下にジーンズを履こうとも

ちょっとアタシには着こなせない。。。可愛過ぎる。。。

一人でこそっと鏡の前で着てみたのだがヤバいと想い、こそこそ脱いだよ。

髪をベリーショートにしたらこうした甘い服も着れるかもしんないな〜。

(※衣装として誰かモデルさんに着てもらうことに決めた。)


これがそのNEET MAGAZINEのアドレスなんだけれど、

NEET MAGAZINE

上に載せた写真が140ページ141ページのところにこそっと載ってます。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-06 03:13 | 雑記
かつて黒人唯一のレジャー施設のあった街『Idlewild』にて、久しぶりに芝居漬けだった数日間
ステージ写真、『The Will』より、数枚・・・
d0083194_312291.jpg

d0083194_31367.jpg

d0083194_315984.jpg

d0083194_322026.jpg

d0083194_323888.jpg


かつて、アフリカンアメリカンであることで、今よりもずっと生きていくのが

難しかった時代、ミシガンは北部にある『Idlewild』という街に、

黒人唯一のレジャー施設があった、ということは知っている人は知っていると

想うのだけれど(それこそ、数多くの黒人ミュージシャン、エンターテイナー達が

集ってショウを繰り広げと栄えた街。ポストモータウンムーブメントと言われてた)

少しずつアフリカンアメリカン達に他の場所も開かれていったのを境に、

この街から人が離れていってどんどん廃れていったのね。

今、その復興の為に様々な催しを行い盛り上げていっているのだそう。

その活動の一環で、今回、実際にあった話をベースに書かれた芝居、

『The Will』の公演が開かれたのね。

で、その芝居で、相方のエリがサウンドマン(曲も書き下ろし)

私がステージフォトグラファーとして参加してきました。


ぶっちゃけあんまり期待してなかったの、行くまでは。

ところがどっこい!俳優人達は素晴らしいし、話もね、胸わしづかみされる感じ、

細かいことをいうと、ここはこうした方が良いのに〜もったいないっていうのは

あったけど(偉そうにいうとだけどね)本当に・・・よかった・・・。


今回、素晴らしい役者さん達と演出家の方と出逢えて、私も本当に

ラッキーだったなと想う。これからも一緒に何かを作っていきたい人達だと

想って、色んな話を夜な夜なした(毎晩酒盛りでね。。)

4日ばかりの短い時間だったけれど、本当に最後なんか涙でてきたもんね。


もっともっと書きたいこと沢山なんだけど、心が落ち着いたらまた。

***

そして関係ないが下のこれ、多くの女の子友達に非常に人気だったバニー・エリック、

バニ・エリグッズも作って欲しい〜とリクエストがあったもんでね、

ちょっと描いてみたの、これでよかったらダウンロードして〜!

(え?い、いらない?!)


実は日本時間では昨日が結婚1周年でね、アニバーサリーのカードにね

描いてみたものだったのでした〜。


なんかね、久しぶりに芝居の現場に携わり、本当に濃い時間を過ごしたよ〜!

やっぱ私、芝居の現場好きなんだな〜って想った〜!

(芝居に限らず、ライブね)

透子拝


d0083194_3135713.jpg

[PR]
by bluenoblueno | 2008-06-03 03:20 | Diary