<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
言葉にならない
最近、立て続けにどっしり心に重たいことが起こるものだから

気持ち的にとてもどーんと落ちていたのだけれど、

追い打ちをかける様に更に信じられないことが起こった。


アメリカに来てからの大事な場所が今日の夜を堺に潰されることになった。

それは私がアメリカに着いてその足で連れて行かれた場所で、

時差ボケのまま訪れた頭の重たい私の名を皆が既に知っていて、

『やっときたね!』と受け入れてくれた場所。


私が大学で辛いことがあって悔しい想いをしていることをエリさんが

ちょっと話したら、『あたしが直接文句言ってやる!』と、

本気で闘おうとしてくれた(←私が止めたの。ありがとうだけ伝えてね。)

人達がいる場所。


一般的にはあぶないと評判の悪いこの街でも、人間臭い、暖かい人達が

わいわいと集う場所で、私にとってもほんと、唯一って言っていい位

くつろげる場所、だった。


それは店と言う言葉では言葉足らずになる様なそんな空間で、

本当に皆が口々にいう様に、カラフルな人達の集会場みたいなところでね。

どんなことが日々あっても、ここに来ると“Family”に会える、

笑い飛ばして、ま、なる様にしかならないよなって想い直して、

そうしてまたそれぞれの家に帰るっていう、そういう場所なんだよねって

皆それぞれの言葉で言っていた。


それが、ある一人の人物の行いがたたって今夜限りでつぶされることになった。

(その人は既に街を離れていて見る影もないんだけれどね。帰って来れないだろうね。

 まぁ、少なくとも後10年は。)


30年以上もの間、どれだけの人がどれだけの想い出を築いてきたことか。

つぶされるとの知らせがその場所に入ったのが日曜日の朝。

そして2日後の火曜日の夜を過ぎたら、そこは空洞の様になってしまうんだよ。


昨夜はファイナルのオープンマイクでOctober Babiesも演奏した。

すでにステージも取り払われ、照明も音響も何もなくなったがらんとした裸のその空間で、

自分達で出来る限りの設備を整えて演奏した。

泣きそうになっていたら、泣いたら駄目だよ!って店長のクリスティーンに叱られた。

ほんと、そうだなと想って、心を決め、『ありがとう』の想いだけを胸に

後は無心で想いっきり演奏した。

沢山の人達が一緒の渦の中で歌って踊っていた。


お店のスタッフ達もそうした場所がなくなるということももちろんの上、

いきなり職を失ってしまい、本当に何の言葉も出ない心境だと言っていたが、

皆最後までちゃんと勤めあげようと、総動員で働いていた。

皆して時節柄、ハロウィンのコスチュームで着飾ってね。

格好よかったよ、っていうのも変だけれど、本当。


・・・たかが店じゃないの、本当に。この街では唯一のそういう場所だったのだから。

本当に街中の人にとって。 この小さな街、すごいことになってるの。

皆想いは同じところ。

幾つかの新聞の人達も取材に来てたな。

憤った人達が道の真ん中でケンカを始めてしまい、

警察も出て来て異常な騒ぎにもなってた。


でも、なんか、本当に全くのがらんどうになったその空間を見るまでは、

100%で信じられないんだよ。


いつか絶対復活してやると言っているスタッフ達を出来るカタチで応援したいと想う。
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-29 05:53 | Diary
首は痛めど無事終了!Birthday BASH Live Movie!!!


前日事故ったのですごく不安ではあったんだけれど、

演奏していると忘れるというもので、よかった!

本当に予想を遥かに越えて沢山の方がいらしてくれたよ。。。

この間のライブのことがあったから(10/10の)ちょっと心がこわばっていたんだけれど、

ライブハウスに着いたらばもう既に沢山のヒトが待っていてくれた。

よかったよーよかったよー。。。

本当、嬉しいことも悲しいこともひっくるめていろんな事があるということだよなぁと。。

さて、この日、初めてやった曲をビデオにも収めてます〜!

こうしてすぐに反応してくれるOctober Babies guysの対応の良さに

本当にいつもながら感謝。。(2曲目の『Someday/いつか』という曲)

コード進行も単純だし、絶対すぐ弾けると想ってこんな感じって言ったらば、

予想以上に面白いことになってた。

即興で色々出てくるのってホント面白いね!!


『Can I Be Born Again?』が3曲目に入っているのだけれど、

途中ホント、感極まってしまいました〜。。。


よろしければ、ちと長めだけど、雰囲気を楽しんでもらえたら幸い!!!!

ではでは!!!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-22 06:14 | October Babies
Podcast: エリさんがメインボーカルの曲を
d0083194_154171.jpg
←これ久しぶりに被写体になったの、クラスメイトの。

さて、ポッドキャストの番組はこちら〜
               ↓
こちらをクリックすると番組始まっちゃうからご注意!!


オクトーバー・ベイビーズのベースのエリさんが
メインボーカルを取っている曲、『Winter Is Gone』
耳を傾けてみて欲しい一曲

それが、今日ね、事故ってまた首、痛くしたの〜。。。
むち打ちのごくごく軽いのって感じ。
後ろからどつかれたの。。。とほほ。
運転してたヒト、電話してて、あれ、アメリカでも電話禁止にして欲しい!
首が痛いよ。。。とほほだよ。

とまぁ、ホント色々あるけど、
これから始まる時をまた楽しみつつ慈しみつつ・・・
行けたらいいねぇと想うよ!


明日、またライブなの。 ひー首大丈夫でありますように…。。。
楽しくなると良いなぁ〜!

(ほんと、皆ありがとうね。。。)


ではでは〜!!!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-18 15:09 | October Babies
やっと完成した、 『Floating Soldier』Movie! by October Babies!



ここのリンクのところから高画質で観るで観た方が綺麗に観れるよ〜


ずっとほったらかしになっていた動画、月曜までに仕上げろとお達しがあったもんで

ずーっと編集していました。本当に!つ〜か〜れ〜た〜

難しく考えず、曲も曲なのでね、ほんと、気軽にお楽しみ頂けたら嬉しいな〜

エリさんはダダイズムだとか意味不明なこと言ってたが?!?!


この曲書いたとき、まだアメリカに着いたばかりの時で、本当に心が氾濫しそうに

ぐるぐるしていたんだよね。すごい、表れてる!

* * *

先日の10日、1周年ライブ、やって来ました、October Babies。

演奏自体はとても楽しくて、本当にこの人達とこの1年

一緒にやってこれてよかったって本当に心から想えたの。

でも…

そんな大事な1周年ライブの日に、

どこぞの誰か知らない金髪の女性が数名の友達らしき人達と

ライブハウスに来ていたのだけれど、

我々の演奏が始まると、『アメリカの曲が好きなんだよね』と言って

(ここが重要)自分達だけで去れば良いのに、

『October Babies、観に来たんだ!』って来てくれてた男の人達のグループの腕を

引っ張ってライブハウスの外に連れて出て行っちゃったの。

そうなの、ごそっとね、引き連れて出て行っちゃったの。

いやね、淋しかったよ。演奏中だしね、ただ出て行くのをステージ上から観ているだけ。


わざわざ1周年のライブにそんな風にしなくてもいいのに…って想ったんだよね。


でね、ライブ終了後、ライブハウスに居た白人の女の人が

『あー白人に生まれてよかった!』って言って、それだけならまだしも、

わざわざシャツの袖をまくり上げて私の目の前に持って来て

『ホラ、見てよ、肌、白いでしょう!日本人じゃなくてよかった!』って言って来たの。

これはね、コメント出来なかったよ、何もね。ムカッて来る前にただ呆然っていうか。

これって…一体、なんなんだろう?って。

実はOctober Babiesで演奏しててこういう人達と出逢うのは初めてだったんだ。

なもので、ちょっとガードも緩んでたし、びっくりした。


『私は日本人で嬉しいし、肌の白さを見せびらかして優位に立つ様な人間には

なりたくない』と言いかえそうかとも想ったのだけれど、でも演奏した後で

疲れてたし、くだらないな…って想ってそのまま黙ってたの。

そうしたら『あ、別に日本人のことは嫌いじゃないのよ〜』って笑ってた。

それも変でしょう?日本人じゃなくてよかった〜、でも嫌いじゃないけど〜って。


こうした1周年なんだ〜って感慨深い日にどうしたってこういうろくでもない人と

出くわしたんだろうなぁとやれやれと想ったの。


でもね、本当にエリさん、デイル、ベンとの演奏は楽しくてね、

彼らの満足気な顔見てたら嬉しくてもういいかって想って、

で、家に帰って一人になったら色んな気持ちで

おいおい泣いてしまったのでした。


ライブハウスのスタッフは大きなケーキを用意してくれてたの。贈り物と一緒に。

バースデイ・ケーキね。

私もバンドの皆にプレゼントを渡して、心ある人達とこじんまりとだけれど

1周年のお祝いをすることが出来たの。

なんだか色んなビターなこともあったけれどね。


でもね、一番うれしかったのは…

デイルが帰り際話してくれたんだ。

デイル、実は引っ越すかもしれなかったんだって、他の州に。

すごく遠く。飛行機で行く様な場所。

デイルの彼女がそっちの場所を気に入っていて、

引っ越そうって話が出てたんだって。

それでも、デイル、お家をミシガンに買うことに決めたのだって。

それは『October Babiesで演奏すること、自分にとってすごく大事』と

彼女に伝えて、それを彼女も汲み取ってくれたからなのだって。

家を買うということはここに残るということ。

ここに残るということは一緒に演奏し続けれるんだよね。


家を買うという大きな決断をしてちょっとナーバスだと言っていたけれど、

なんかね、本当になんだろうな…ってことがちょこっとあったものだから

ほんと、嬉しくてね。。


いろんな事があるけれど、大事な人達との繋がりこそを

大切にしていきたいなって本当に想ったのでした。


さて、18日、今度の土曜日は違う街でバースデイパーティ・ライブ、第二弾!

楽しい時間にしたいなぁ〜!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-14 09:27 | October Babies
眩しい!
d0083194_4165451.jpg

いってらっしゃいとエリさんを送り出そうとしたら、ものすごい朝日!

行ってきまーすと去って行く氏をほっぽらかして

カメラ持って来て撮った。

ワタシ、前にも書いたけれど滅多に風景写真とか撮らないんだけれど、

この目の前に広がる景色には、うっっっっっっわ〜と想ってね!


しかし風景や自然の写真を撮ると想うんだけれど、

ワタシがね、生身で観たもののほうがずっとずっとすごかったんだ〜。。

それが残念でならないの。。。撮りきれないって感じるんだよね。


とにかく久しぶりの青空!!お日様沢山。

今やっと一つ課題も終わった事だし、お散歩してきまっす!

(今日はお休みなのん♪)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-10 04:35 | Photo: Nature
涙出て来たもんね。
最近仕事場で、なんで〜。。。って事が続いたもので

ちょっと気持ち的にまいってたの。

どよーんとしながらも、いやいや、なんとかやってやろう!と

自分でも新しいソフトにアップグレードして学んでと

それなりに努力もしつつ。    

それでも酷いな〜ってことが立て続けに起こるモノだから、

『ちぇっ、なんだい・・・』と、しょぼーんとしていた訳だ。


そしたら今日ね聞いた話なんだけれど、よくいくバーのスタッフ達が

先日スタッフ会議をやったんだそうで、その時に

『このバーで働いてて嬉しいことはなにか?』

 という質問を一人一人にしたのだそう。  

そしたらばスタッフの一人のアーシーが

『透子が来る事!』    

と言ったんだそうだよ。。。

(さぁ、タイミング的にはここで涙〜らららー)


なんだかあんまりな状況下に置かれる事が多かったもんで、

心を閉じ気味で生活してたの。


いやー、ちょっと感涙っす。(弱ってるのね)


アーシーは素敵なムードメーカーのゲイの男の子。

時々ムキムキの腹筋をお客さんにスリスリしてて(ん?)、本当に愉快。

皆が口そろえて彼が店で働く様になって雰囲気がよくなったよね〜って言ってる。

ほんと、そうなの。そういうパワーを持った人。


ありがとう〜、私までものすごい元気をもらってしまった!


とここに日本語で書いても絶対伝わる訳もないのだが。

次ぎ合ったら私も腹筋(あんまりないけど)すりすりしてみよう!(←嘘)

とにかくホントにね、嬉しかったんだ〜。。。。(涙)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-08 07:50 | Diary
Birthday BASH Poster そして映画『Blindness』. . .
d0083194_4404076.jpg


お絵描き楽しいな〜♪

と、軽く現実逃避(?)  事実、忙しいのである〜。


なのに・・・

レイトショウで『Blindness』観た。(終わったら3:00am近かった。。)

ジュリアン・ムーアは好きな女優だし悪いなんて一つも想わないんだけれど、

この監督の描き方が私は好きではないだと想う。

音楽もなんだか分かりやすすぎって感じでシーンそのものとダブルでお腹いっぱいだし、

人の感情の表現もなんだか分かりやすいんだけれど、古くさいというか、くどい。

感情移入全然出来ない。

(2ヵ所笑った。それはあの苦痛の2時間弱の中で嬉しかったー。)


だが・・・

素晴らしいという方も沢山いらっしゃる様だし、好みの問題だろうな。

小説で読んだ方が良かったと想う、この話。私は、だけれど…。うん。

(エリさんは好きだったらしい。。。。)

そして嫌な夢を観たよ。映画の所為かしら…。。。ぬーん。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-05 05:07 | October Babies
映画『Choke』 サイコー!
d0083194_047484.jpg


いやー、久しぶりのヒット!!(自分の中でということ)

『Choke』=『喉を詰まらせる』 ってことで、

映画のふれこみにもあった様に要所要所で喉を詰まらせまくるんだけれど、

そんなことはどうでもいいと。(映画において大事な軸にもなってるんだけども)

喉詰まらせて詐欺してとかそんなことは本当横に置いておいていいかと・・・


人間が形成されていく過程の中での歪みの原点のその謎解きだったり、

後々、どんでん返しがあったりで、映画のストーリーは語れないんだけれど、

出てくるキャラクターがね、皆なんだか愛おしくなっちゃうの。

この映画、心が壊れてしまった人達のオンパレードなのね。

愛おしくて切なくて笑っちゃうんだけど悲しくて、でも、可笑しくて・・・。

無理無理ジャンル分けすれば、ダークコメディと言う事らしいけれど、

いやーなんのなんの、人間のドラマでした。

そして俳優人皆サマ素晴らしい!

アンジェリカ・ヒューストン、元々大好きな女優だけど、本当に素晴らしかったね。

壊れててもステキ。どんなになっちゃっても“女”であるってすごい。

(その辺、加藤治子さんにも通ずるんだけど私の中で。)

そしてケリー・マクドナルド。私大好き、彼女。『No Counry for Old Man』の時に知って

すごく気になってたんだけれど、素晴らしい〜!惚れるな。

主人公のヴィクター役の俳優、名前なんだっけ?の情けなさ加減も然ることながら

親友役の人、すごく好き。(一旦、もっと詳細を、なぜ好きかということを書いたんだが、

これ、映画を観る人の邪魔になるなーと感じ割愛!)

そしてストリッパーの子、ちょい役なんだけど

いいんだな〜、これがすごく。


セックス中毒の男が主人公なもんだから映画通してセックスシーンだらけで、

そういうのは苦手…という方は難しいかなと想うけれど。


自分探し(自分のルーツ探し)って皆生きていれば一度はするんではないかしらん?

これだけ周りの皆も自分も壊れてて色々あって(含みを持たせたつもり???)

自分探ししたくなる気持ちも納得だしね、えぇ〜?!って突拍子もない様なことも

ありながらも、最終的には納得ってさせられちゃう様な運びにもありがとうだし、

なんかね、私的には全てヤッタネ!な一本でした。

悲劇と喜劇も紙一重ってことだしね。(もどかしい!もっと書いてしまいたい!)


・・・日本公開するんじゃないかな? サンダンスで賞取ったみたいだし。

アートシアター系のところで恐らくやるんじゃないかな。いやーお勧めです。

(うーん、とはいえ、ちょっと、ダークなものを好まない方には

 全然お勧めは出来ないけれど)


ほんと、エリ共々、久々満足でした〜!

追伸:10月がやってきた!ヤァヤァヤァ!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2008-10-03 01:23 | 映画、云々