<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
れげえ
d0083194_23242891.jpg

ココをクリックすると番組始まるのでご注意〜!

暖かくなって来たミシガンより〜!

エリさんのレゲエだよー (ほっほ〜!)


ちなみにミシガン近郊の方は

http://octoberbabies.net

MySpace

Facebook

ライブ情報は上記にて確認してみてくださいませ〜!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-25 23:26 | October Babies
理屈っぽいんだがー(リンク先にすごいアートのビデオあるよ)
ということで、この1月からずっと制作過程にあった卒業制作のものやっと完成した。

後はね、搬入して合同展に臨むのみ。(4月の29日)

相当大勢の人が毎年いらっしゃるイベントなので、どんな反応があるのか楽しみでもあり、

恐ろしくもあるのが本当のところ。


自分から発したモノ、如何に他の人の心に届くのかなぁ。

いや、届かないかもしれないし、ものすごく湾曲するのかもしれないし、

まぁでもどれも間違いではないとも想うし(というか正解なんてないとも想うし)、

色々感じたことがあるのであれば、それを伺ってみたいものだなと想う。


改めて去年のプロジェクトであった『Lost One』も新たに制作した

プレキシグラスのボックスに入れて展示する事に。それも楽しみ。

(グラス職人アーティストのご夫婦と出逢ったの。これまた素敵な人達。

 なんだかカッコイイご夫婦でねー。お二人ともアーティストなんだけど、

 生きてる!って活力に満ち満ちている感じでスタジオに行ったらば圧倒された!)


何故モノを創るのかということを自分にも改めて問いかけてた。

まぁね、自分が今生きて此処にいるんだってことを自分自身で

確認出来得る作業だったりするからなんだけど、

そこにはなぜだかオブセッションの様な想いもある。

そんななかで、ものすごいビデオを観た。

制作する過程のその鬼気迫るもの、作ってるものは違うけど、共鳴するものもあり、

思わず涙が溢れたよ。私は。

コンピューターで観ているかたはどうぞ、コチラがリンクだよ。

tiny tiny art

うんうん、分かる…という感じ。これ以上は恥ずかしいから書かないけど。


何故モノをつくるのか。つくらずにはいられないからというのもある。
 
なにやら色々理屈っぽく考えてみたんだけど、行き着く所は、

自分が観たいものを作って現実に観るのが好き、なんだよね。

そこには小さな達成感もある。でもその後には、もっと何か他のものをと

想いはすでに次に移っていて、もっと違った視点で出来ないかとか

常に何やら想ってる。 ということで、心はもうすでに次のプロジェクトに移ってる。


追伸:4月の29日(アメリカ時間の)にこの卒業制作のものも自分のサイトにアップするね〜。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-25 03:09 | Diary
やっとやっと完成間近〜!!!
d0083194_144145.jpg


ようやっと卒業制作の仕上げの終わりが見えて来た〜!!!!

あとはね、本当、最終段階!

らん!

・・・ということでちょっと久しぶりにブログ書いてる


やっと今日はミシガンも春らしくなり、昼間はコートいらなかった!

(といっても、ミシガンだからな。いつまた寒くなるかわかったもんじゃないんだけど…)


さて、今週末は今年も畑作り開始予定。 我々の小さい畑も今年で3年目となる。

年々でかくなってるのね、わが畑。

去年は人参が豊作でうれしかったんだけど、玉ねぎは全滅だよ。

ほうれん草は遠慮しいしいって感じだし。日本行って戻って来たらスクワッシュとキュウリは

何ものかに喰われていたし、トマトは熟し過ぎで地面に落ちてた。とほほ。

ということで、ちょっと惨敗って感じだったんだけど、

今年こそは玉ねぎ、ほうれん草に頑張ってもらわないと(←なにを?)


そうそう、先日嬉しいメールを戴いた。

マイアミで活躍中のコマーシャルフォトグラファーの方。

なさってる仕事の種類からいって本当にご活躍されているそんな方が、

何かの機会に私の写真のウェブサイトを見つけたらしく、メールを送ってくれた。


家族を支えるため、日々の仕事に追われているうちに、写真が好きだった自分、

アートを通して如何にして自己表現を追求するかに熱中していた自分を

忘れていました。久しぶりに良い刺激を受け初心を想い出した・・・

といった事を書いて送ってくれたの。

本当、私にしてみたらすごいありがたい言葉だよね。


今この時代、写真でそうして生計を立てることが出来る人はごくわずか。

そうしてビジネスとしてやって来ている事もすごいこと(それにはアート面だけでなく、

ビジネス面もしっかりしてないと無理だから)

何度かメールのやり取りをすることができ、色々な言葉を伺う事も出来、

本当にまた良い出逢いが自分の写真達から生まれた事に感謝。


あ、そうそう、学校からのご褒美で、2010年いっぱい迄アートのクラス授業料無料なの〜!

なにやら、こっぱずかしいんだけど、成績優秀者へのご褒美なんだって〜。

本人はなんの余裕もなく、ただただ必死でやってただけなんだけど、

なんだか成績ずっとよかったのね、この4年間。

ということで、2010年終わり迄、それを利用して色々取ってみようと想うよ。

まずはこのセメスターを無事終了させること!


ということで、とびとびのまとまりのない日記なのであるー

※ 写真は2月のお休みの日にちょっと撮ったもの。
  実篤の言葉がマッチしたので入れてみた。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-17 15:18 | Photo: Portrait
ベン! 第二子誕生!!!
d0083194_832319.jpg(←写真はこの間のショウの)
先日のショウでは停電の危機を逆手に取って素晴らしいドラムソロを決めてくれたベンに第二子が数時間前に誕生しました〜!!!!!

名前はEllie(エリー)ってカタカナで書くとちょっとエリさんみたいだけど、違うよ(笑)女の子。待望の女の子。よかったねよかったね!!!母子ともに元気だよ〜!!!!!



それが、先日、ベンの長男のデズモンド君に告白されて天国にも昇らん気持ちだったの、ワタシ(笑)

デズモンドくんったらば『My Toko~!』って抱きついて来たのだよ。あーかわいい。。。

彼は音楽好きなんだけど、『何聴きたい?』って聴くと、『“a Toko”』っていうんだよ〜(涙)

(ちゃんと“a”がついている辺り♪) 

パパ・ベンは『a TokoじゃなくてOctober Babiesって名前のバンドなんだよ』と

教えてたけどそれでも、『a Toko』 って言ってた。

うーん、可愛いったらありゃしない! うふふ。デズ君は今もうすぐ満2歳。

わー、アタシって、デズモンド君の初恋相手なんだな〜どうしよう〜☆/笑

透子ハイ☆
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-09 08:37 | October Babies
年に一度のHash Bashの宴の後で・・・(すごかった)
Hash Bashとは簡単に言うと、ミシガンのAnn Arbor市で毎年行われている

マリファナのお祭り(かたく言うと合法化に向けた集会?)のこと。

この日は無礼講ってことで(※まだ医療用以外は合法化されてないけど)・・・ね、

なんか街中が葉っぱの匂いっていうか、多くの方がお楽しみ遊ばしていて

少なくともFairの周りはすごいことになってた。


ミシガンでは医療用マリファナが合法化されたのもあったし、

それに加えて水泳選手のマイケル・フェルプスがスピーチに来るんじゃないか?!とか

そんな噂も立ち、なんだかすごく盛り上がってたのね。


日本では大麻は社会的に本当にタブーになっている事だからちょっと

言葉を選びつつで書きにくいんだけれど、今、こちらでは合法化に向けてもろもろ

動きは進んでいると感じる。ていうか、寧ろ医療用だけでなく合法化しちゃったほうが、

いいでしょうと想う。話長くなるから詳細は省くんだけれど。

(※あくまでもミシガンでの話として書いてるから〜。とにかく日本での状況は違いすぎて…)


そんな中のお祭りのステージで、我々、October Babies、演奏して来たよ〜!

後でね言われたんだけれど、

『3000人以上の人がOctober Babiesの演奏、楽しんでたんだよ!どんな気持ち?』

そうかー、改めて聞くとすごいな〜と想った。

街行く人達に『何語で歌ってるのか分かんないけど』という枕詞つきで

『いやー、お前ら、今年のHash Bashにエネルギー注いでくれたんだよ!ありがとう!!』と

なんだか、もみくちゃにされた。(皆、ハイだったしね♪)

そんな感じで、おぉ〜!反応よかったんだ〜と知り、

トラブルがあって無我夢中状態だったんだけども

(それが!!演奏途中で停電になったの!!

でもね、その間、ベンがドラムソロで繋いでくれて、無事乗り越えたの!!!

ベン格好よかったよ〜!!皆も本当、暖かく受け止めてくれてたみたい。。。よかった。。。。)

なんだか本当、涙もの。。。。


そうそう、インタビューも受けたの。あの映像どうなるのかな?ちょっと楽しみ。


いやーすごく良い機会だったね、本当。

本当、あんまり書くとちょっとヤバい感じもするから(これも意味不明だね)割愛するけど

後々知ったんだけど、相当ね、反応よかったみたいなの。


音楽繋がりの人達はみないい具合にゆる〜くて一緒にいると和めて

でもって演奏していると本当に本当に楽しくて、

自分が今どこでなにをしているのかも飛び越えて

あー生きてる!ってくらい迄の域まで達しちゃうよ、本当。


芝居してた時も稀に何も吹っ飛んでどこかにトリップしてるなーってコトがあったんだけど、

演奏していると頻繁にそれがある。(素晴らしい演奏を聴いてても♪)

これ、ホント、音楽あったら、なんのドラッグもアルコールも

別に要らないじゃんねと想っちゃう。

あ、私はね。


とにかくホント、よかったよ〜!!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-06 01:53 | Diary
足がつって泣き笑い
d0083194_1242896.jpg


これ、上のはOctober Babiesの新しいTシャツ。割に評判よろしく、嬉しく想いまして候。

さて、それはさておき・・・

昨晩(いや、早朝だな)激しく足がつった。

思わず叫び声が出てしまったもんで、エリ夫も飛び起きた。

ぎゃー、あいたたと叫ぶワタシに『ナニ?ナニ?』と慌てふためくエリ夫。

必死で『親指を!親指をッッッッ!』とお願いしてみたが、

何の事やら全く分からないでいるエリ夫。親指がなに?って感じ。(意味不明で困ってたらしい)


これさ、日本人だったら、足がつって苦しそうなヒトがいたら

その人の足の親指をつかんで足を伸ばしてあげるって、そういうの、

ぱっと分かると想うんだよね。どうなのかな?

エリ夫にはそういう概念がどうやらないらしい。

痛いし必死だしとにかく親指をつかんで足を上に上げて欲しいワタシが言ったのが、

『PLEASE THUMB UP!!!!!』

本人は足の親指をあげてくれ!と言ってるつもりだったの。

あんなに痛ければ英語も何も分かったもんじゃない。

本当に不可思議に想ったエリ夫。叫ぶワタシの目の前で・・・

親指上げてた・・・

『上げたよ!上げてるよ!』

痛いの堪えてうっすら目を開けたらば

困りつつ自分の親指上げてるエリ夫がいた………。

…しらなかったの。足の親指はBig toeっていうんだって。

Thumbは手の親指のみを言うのね…。

だから、Thumb upだと、

こういうこと ↓
d0083194_12494877.jpg

苦しんでるのに…このヒトはなんでThumb upとお願いするのだろう????と

不可思議に想いながらあれだけ必死だったからね、エリ夫も透子はここでまで

ふざけてはいまいと想ったらしい。

あの時は痛いのと必死なのでそのシュールさに気づかず

『えッッッ?なにそれッッ?!いいから、お願い、足を〜!』と自分でパントマイムで伝えたらば、

やっと分かってくれ、いい具合に引っ張られ伸ばされて、平静を取り戻したワタシの足。

なにがなんだかよくわからないでいるエリさんをよそに

私は『今何時?』と時間を聞いてその後、まだ寝れると寝てしまったらしい。

で、起きてこの話になってそういえば!と私も想い出し、このなんとも言えない

シュールリアリスティックなやり取りに、もうね、涙出て来たよ。

おもしろすぎる。

いやー。

そうか、Big toeか。もう間違えまい。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-04-02 13:02 | Diary