<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
NYから帰って来ました
d0083194_10435724.jpg

コンベンションセンターの中。朝。
d0083194_10442420.jpg

サブウェイ、朝の3時過ぎ。終電はないんだそう。
d0083194_10444373.jpg

面白かった二人。歌ったら踊ってくれた。
d0083194_1045062.jpg
d0083194_10452434.jpg
d0083194_10465059.jpg

ドラムのホームレスのおじちゃん。かっこ良かったよ。
そうか、ミュージシャンになりたいのか、頑張れよ!ってエリさん、言われてた(笑)

☆他の写真はココにもあるよ☆

初めてのNYC。PhotoPlus Expoという写真のコンファランスに参加するのがメインだったので

朝から5時半まではセミナーを受けたり人と会ったりでずっとコンベンションセンターにいたから

そんなに街を歩けた訳ではないんだけれど、毎日20分の道のりを通っていたので

ちょこちょこ街の人とふれあう機会もあったよ。

Construction workerのおいちゃん達が『お前美人だな!』って叫んでくれてて、

もっと言ってって想ったよ。笑

いや、ホント、そうしたやりとりは心の癒しだったよ。

一旦コンベンションセンター入るともうビジネスワールドだからね。


コンベンションセンターの中は有名な人達や、そうした人達に群がる人達や、

新しいカメラの機種、ソフトウェアの機種、もろもろの機材を真剣に物色する人で

溢れてた。 

私はもともと大勢が集まる場所がとても苦手なので、最初はこれは参った…

って感じだったんだけれど、うちの大学の先生がこのヒトと会えたら会ってみたらいいとか

アドバイスをしてくれていたので、取り敢えずそれにしたがって・・・とやっていくうちに

ぽつぽつ会えたら良いなと想っていた人達と会う事が出来た。


そして、本当にラッキーだったんだけれど、一番会いたかった人も会えた。

というか、 その人が自らやってきてくれた。偶然なんだけれど。

いきなり『ハイ〜!』って満面の笑みでとある女性がハグしてきたのね。

なんだ?って想ったら 『あら!人違い、ごめんね!』 とのこと。

そして 『ここで何しているの?』 と聞かれ、

『○○さんを待っているんです。会えたらいいなぁと想って』 って言ったら

『あら〜それ私よ!』って。

びっくりした。

彼女はFine Art Photography界では一番名の知れたコンサルタントで、

会って話をするのにも通常はすごくお金がかかるのね。

本当に年中旅して回っていてなかなか会えないの。 

うちの大学の先生にもこの話伝えたんだけれど、驚いてた。ラッキーだよ、透子って。

とにかくそんなこんなで彼女と30分間話す事が出来た。その後もその女性が繋いでくれた人と

実のある話ができたので、行ってよかったって想ったよ。



さて、そんなこんなで遊びは夜のみでした。

本当に色々と美味しいものを食べ・・・

NYに住むサッチェルと合流し、演奏し、

サッチェルの住むブルックリンの方のウィリアムズバーグをぶらぶら歩き・・・

(ほとんどの日が雨だったのがね…残念。。)

夜中の3時にサブウェイにてホテルへ戻る最中、面白い人達と出逢った。


それが上の写真のオクトーバー・ベイビーズのカードを持ってる二人なんだけれど、

エリさんがベース持って移動してたもんだから色んな人に演奏してみろだの

どんなミュージックやってるんだよとか聞かれたのね。


ま、夜中の時に電車乗ってる人って言ったらば、ほんと、ちょっと変わった

カラフルな人達が多い訳なんだろうけれど

上の二人はあんまり色々聞くもんだから、説明するよりでは歌ってみようと想って、

私が歌い始めたら踊ってくれたの。それ面白かったよ。

『お前の歌にはソウルがあるよ!オクトーバーベイビーズからソウルベイビーに

名前変えた方が良い』とか勝手なこと言ってたよ。

これね、音源一応録ってたの、まとめたら11月のAo-zora Radio内で載せてみるね!


そして、印象深かったのが、様々なホームレスの人達の芸達者なこと

すごいなぁ、たくましいなぁって想ったのが、1〜2駅毎に楽器もって車両を移動して演奏して

それでお金もらって次の車両に行くっていうのを繰り返してお金稼いでたんだ。


上の写真のおじさんはスネアドラムを抱えて自分でビートを刻みながら

『飯喰わせ!飯喰わせ!俺が歌うから金をくれ!金払うのはあんたら等の仕事』 的な事を

歌ってた。『誰が何言おうが、俺は知ったこっちゃねぇ。腹が減ってるんだ、金をくれ』って。

それがなかなかかっこいいのね。皆楽しんでたし、結構払ってたよ。(我々も)

他にも自分でスピーカー抱えたカラオケおじさんとか、

ほんと、ホームレスの人も芸達者でないとお金、なかなかもらえないのかもな〜とか

想ったりした。

ミシガンではまだあんなに芸達者なホームレスの人はいないもんなぁ〜。

その辺がNYなのかなぁ?

悲しさがあんまり感じられないの。そうしているのかもしれないけれど。


街自体は・・・なんだろうなぁ、東京とか大阪のど真ん中の街とかと結構通ずるものがあって

そんなにうわぁ!って今回は想わなかったんだけれど、とにかく人が面白いなと想った。


ウィリアムズバーグは昔で言うところのSOHOみたいなところの様で

確かにこまごまと面白い店だったりアーティスティックだったりするんだけど

それでも、そんなにすごい!っては想わなかった。

ごちゃごちゃした街の感じも香港の方がよっぽどごちゃごちゃしててクレイジーだし、

街自体がどうかというよりもやっぱりホント、人が面白いんだな〜って想った。


何かを目指している人が集まってくる場所だね。

楽器もって歩いているだけで、音楽やってんのか、頑張れよ!とか言われたりするしね。

そして・・・不思議な英語を話している他の国から来ている人の方が

多いのでは?って感じもした。(ま、私も含めてね)

色んな人達が何かを求めてやってくるんだね。

そういうパワーは感じられた。

今度は本当、演奏メインでいきたいな〜って想ったよ〜


※ 今サブウェイで演奏すると捕まるらしい。罰金程度だとは想うけれど。

  なので彼らは逮捕ギリギリでお金を稼いでいるのであった。


追伸: Museum of Art and DesignのSplash: Paper Under the Knife 展、最高だった!!

    ホント、古紙、古本を利用した作品が沢山あったんだけれど、本当、

    息をのむ程素晴らしかった・・・ 良い刺激を受けました (写真不可だったから本を買っちゃった)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-28 11:19 | Photo: Street Scene
新型インフルエンザじゃなかった模様・・・よかった。
d0083194_242477.jpg


コチラをクリックすると番組が始まります!お気をつけて〜!

はい!今月のAo-zoraではセカンドアルバムに入る曲の一つ 『Fleeting Love』 を

ちょろっとお送りしております! ライブで必ずやる曲になってるこの曲、

今回は改めてスタジオで録音ということで、

ホーンセクションをスペシャルなゲストをお迎えして吹いていただきました!

まだミキシング完璧じゃないんだそうなんだけれど、これもそれも“レア”じゃないかということで、

大目に見ていただき(聴いていただき?)お楽しみ頂ければ!と想います〜!


さてワタクシゴトですが、誕生日当日、朝6時起きで仕事に行き疲れきってて

でもせっかくだからとエリさんと二人が好きなインディアンカレー屋さんに行って

それこそ想いっきり食べて(そこでエリさんはすでにゾンビの様だった。)

が、その後夜遊びする元気もなく(JBナイトっていうのがあったのね、それ行こうよって

想ってたんだけど無理だった。タミーショウをおっきなスクリーンで拝見しながら

無料ビールを戴ける予定だったんだ…でもその前に撃沈。。。)、

ひとまず家に帰り、でもせっかくだからと映画を観て(そこでエリ氏はソファで就寝)

そしたらお腹が下り始めて(あ、ごめん、まさかお食事中の方はいらっしゃらないよね…)

そして、次の日も大変でした。。。。

もしや噂の新型インフルエンザか?とびびりもしましたが

(学校で知ってる人が2名苦しんでるの〜)

でもね、熱もなくただお腹だけネジがゆるんどったんかいな?という感じで、

2日たった今は何ともないの〜。

ま、とにかくお陰でお腹スッキリ!(いいのか?)

やっと落ち着いてポッドキャストなど録音した次第。

というわけでお楽しみ頂けたら幸いであります☆


ちなみに今ね、久しぶりに自分のモヤモヤから出てきた曲を

アップテンポなスカのアレンジで作ってる最中なんだけれど、

これ、なかなかおもしろくて。 Ska好きなの。ライブの演奏中すごく楽しいし。

それが、エリさんがその曲にバックボーカルいれたら

沖縄民謡?って感じでこれまた不思議な繋がりを発見したワタシ。

ま、とにかく乞うご期待なのである(お披露目できるのはいつになるのかな〜)

それでは〜!(☆改めて・・・バースデイメッセージ、ありがとうね。。。。☆)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-17 03:02 | October Babies
ありがとう〜!
d0083194_9261293.jpg

(↑ちなみにこれ、大判カメラの写真。フィルムをスキャンしたの。別に特にすごい写真でもないんだけど…)


アメリカでは明日なんだけれど、日本時間では誕生日ってことで、

贈り物や手紙、メールを送って下さった皆サマ、ありがとう。。。

エリックに明日開けなさい!って言われてて
(※それでも我慢出来ずに開けてしまったものもあるんだけれど)

楽しみに明日わくわくしながら仕事から帰って来たら開けて喜びます♪

本当に本当にありがとう。。。


こんなものを発見。

つい『当たっている!』なんて気になったりするよね、こういうの読むと。

載せてみたところで読む方いるかな???????と想いつつ・・・

****

10月14日生まれの人は、

   「知力と体力がある。周りの状況に敏感」

  □長所は?□
 
●断固たる態度で行動をとる (←これ結構面白いんだけど。断固たる態度で行動とるんだね。/本人談)
●身を粉にして働く (身を粉にって久しぶりに聞いたぞ!/本人)●創造性が豊か ●実際的 
●想像力がある ●勤勉
 
  ■短所は?■

●慎重すぎる、または、衝動的 (どっちやねん/本人談) ●思慮が足りない 
●頑固 (断固だったり頑固だったり…/本人)

  □性格と運命□
 
●魅力的で親しみやすく、繊細で知力に優れ、愛と友情を強く求めています。

●同時に体力を誇り (とにかくなぜか体力誇ってるんだね〜/本人)、
 生活にさまざまな変化や娯楽を取り入れ、活動的な生活を送ります。
 (これはきっとOctober Babiesのことだネ?/本人)

●仲たがいやとげとげしさを嫌いますが、これはあなたが周囲の
 状況に敏感なことの表れで、美しく、調和のとれた環境を望んでいます。(大方皆そうでは?/本人)

●人間関係における厄介な状況では、相手の耳に心地よい言葉を述べて
 その場を切り抜けようとすることがあります。(いやぁ、それ、最悪/本人)

●過剰な人付き合いや勝手気ままなところには注意が必要。

●音楽、美術、演劇の分野で才能を伸ばすとよいでしょう。(そうしたいんですがね/本人)

●優れたビジネスセンスを持ち、特に投資で成功します。(いや、それはどうかな/本人)

●優柔不断ですが、いったん心を決めると決意は固く、素晴らしい能力を発揮します。


9歳⇒主に能力面で変化が生じてきます。

39歳⇒新しい経験、哲学、宗教の研究、外国の人との出会い、
    外国旅行などによって視野を広めたいと考えるようになります。
   (これ以上外国?一体どこにいけば…/本人)

  □仕事と適性□

●受容力があって魅力的で、洞察力の鋭いあなたは、新しい発想を造りだすことができるので、
 それをスタイルやイメージ作り、あるいは美術、デザイン関連の仕事で活かすことができます。

●レポーター、ジャーナリスト、写真家、映画製作者なども、
 好奇心が旺盛で社会問題に関心があるあなたに合っています。

  □恋愛と人間関係□

●親しみやすいあなたは、どんな集団の中でもうまくやっていくことができます。(そうかね?/本人)

●頭がよく率直な人に魅力を感じますが、あなたに必要なのは
 いつも精神的な刺激を与えてくれる人。(そうなの?/本人)

●繊細でちょっとした感情の変化にも気がつき、パートナーに対してとても愛情深いでしょう。
 しかし、落ち着きがないせいで、相手に飽きてしまったり、
 精神的な駆け引きに陥ったりするおそれがあります。(え〜/本人)
 しかし、いったん身を落ち着けると、とても温かく思いやりがあって忠実です。 
 (だからどっちやっちゅーねん!/本人)

*****

昔、こういうの、読んでて、ウワ!当たってる!って言ってて、

よく見たら自分の誕生日じゃない日だったっていう人いたな、そういえば。うふふ


素敵な一年にしていこうじゃないか!と“断固”たる姿勢で臨む次第です。

透子拝


October Babies Website
October Babies MySpace

October Babies Ongaku.fm page

October Babies Facebook

October Babies YouTube
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-14 09:07 | Photo: Nature
場所、みつかったの。みつかったの。
前回書きましたが10月の29日に予定していた我々の2nd Birthday Bashのライブがキャンセル、

もとい、延期になったということで、さて延期の場所をどうするかと奔走していたワタシタチ

October Babiesだったのだけれど、さすがにこの状況を可哀想に...と想って下さった

他のバンドの方々もいらして、一緒にやろうよと声をかけて下さり、

一番日程的に早いところをバースデイライブのショウということにしていいよとも提案して下さり、

11月7日のショウを延期したバースディライブということでやることになりました!

本当にSoundHoundの皆さんに感謝感謝。。。

なんかね、決まってたものをいきなりキャンセルして(しかもカラオケナイトに変えたという・・・)

あれはないよ!酷いよ!と我々同様熱くなって下さる方も多々いらして、おぉ、これも全部

応援してくれてるってことだよね。。。ありがとう。。。と改めて想ったよ。。うん。

さて、ポスター作り直して宣伝しなおすぞ〜!と気持ちを新たに想っています!!

ちなみに、コチラがその場所と時間です!

11/7/2009 10:00 PM at Taproom Annex
201 W Michigan Ave, Ypsilanti, Michigan 48197

万が一ブログを観て下さった方で近郊にいらっしゃる方はどうぞどうぞご一緒に

お祝いして下さったら嬉しゅうございます!!!!



そんな訳で11月でもなんでもバースデイバッシュしちゃいます~ということで、

想いっきり楽しい時間にしようと心を決めた我々October Babiesの面々です。

本当に色々とあるけれど、11月に食い込んでまで誕生日~なんて言ってる我々のガッツを

観ていただかんべく、とにかくなんであれ楽しくてハッピーな時間に出来れば

それで結果オーライ良いではないか!と想っている次第なのでした。


あ、こちら前回も載せた動画。ここでのショウがキャンセルになったと言う、いまでこそ

貴重な映像です〜。。




さてさて・・・ 話は変わり・・・

ワタクシ、昨今、大判カメラと格闘しています。

昔の人、偉いね。本当、頭が下がるよ。

まず一枚の写真撮るのにどれだけ時間かかってるかと言ったら・・・恥ずかしいのでかけない。。。

まず、撮るでしょう? それにも相当時間かかるの。 コンポジション決めて カメラ組み立てて

フォーカスを調節して(これが手間取ってる)露出計ってセットしてシャッター締めて

スライダー外して撮ってスライダーもどして、またフォーカス直して・・・

あ、その前にフィルムをフォルダに装着するために暗室に入るところから始まるんだけれど、

で、撮った後、そして暗室に戻ってフィルムを現像、乾かしてそしてそれから焼き付け。

満足いくプリントを仕上げるまでに一体どれだけ時間かかってる????
(暗室使える時間に限りがあるので3日以上かかってる。。)

今、大バカな失敗を重ねてようやっと手順がスムーズにいく様になってきた。


先日、間違ってティルトして、エリさんの頭がそれこそコーンヘッドの様に長い、

それはそれは不気味な写真を撮ってしまい、悲しくなっていたの。
(まだ見せてもいない。ちょっと可哀想すぎて!)

あの一枚だって撮るのにものすごい時間かかってたんだ。

照明作ってもろもろ用意して・・・

で、コーンヘッドのぶきみな写真。大変申し訳ないのである。。。

そういえばあれどうなったの?と聞かれたけど、

失敗したよ…とだけ伝えておいたの。とほほ


撮って感覚を掴んでいくしかないね〜。

う〜! よし! 


それはもとより、ライブのこと、気にかけてくれた皆サマ、ありがとうね。。。。

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-12 13:11 | Diary
山あり谷あり 希望はどこだ!


この演奏の時は、この場所で演奏する事がこんなに貴重なことになるとは

想ってもなかった、そんな何故だか思いがけず特別になってしまった動画です。。


なにがあったのかをちょっと書いてみますが・・・


10月は私達にとってやっぱり誕生月、October Babiesとしてもとても

大切にしている月です。


2007年の10月の19日にバンドとして活動開始して以来、

10月は自分達バンド『オクトーバー・ベイビーズ』の誕生月だとも想っていました。


今年の誕生日パーティライブはこの動画に出て来る場所でライブをする予定だった。

ポスターも作って、色んな人にインビテーションも出して、ビデオも作って

方々で宣伝し始めていて、様々な人からお返事だったりがきはじめていた。


そうしたら・・・月曜日に一通のメールが来たの。


『今後のロックバンドの演奏は全てキャンセルする』とオーナーより。


そのオーナーがもともとロック嫌いと聞いていた。

でも…

今この後に及んでキャンセル?


10月のライブはここで!と決めていて、もちろんそのつもりでいたし、

今から他の場所をあたるっていっても、調べてはみたけれど全部埋まってるもの・・・。


ロックはイヤって…そんな。別に機材を壊す訳でもないし暴れる訳でもないし…

決まってたものをそんな理由で今この段階でキャンセルってどうなの????

(※ ちなみにオーナーはブルーグラスが好きなんだそう。70歳位のヒトです)


もちろんキャンセルになったのは私達October Babiesだけじゃない訳だけれど、

よりによって10月。。。

メンバー皆もがっかりしてる。

10月にお祝いのライブができないなんて…

しばし落ち込みました。。そんな3日間。


でもね・・・

私達はもちろんのこと、楽しみにしていてくれた人達が沢山いて、

それでただ落ち込んでキャンセルになりましたって伝えるだけは絶対避けたいと想い、

今なんとか別の方法(時期が遅くなったとしても延期ってかたちででもやる)を

模索中。 こうした逆境があればあるほど燃えるというもの。

楽しみにしてくれてるお客さんまでがっかりさせたままでキャンセルなんて

いやだものー!!!!

さて、どうなるか・・・ 乞うご期待?!?!?! 


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-09 02:34 | October Babies
The Jamboreeスタッフから・・・
d0083194_11532911.jpg
d0083194_11534783.jpg
d0083194_11543590.jpg
d0083194_11545366.jpg


9月に行ったフェスティバル 『The Jamboree』!

その主催の方より写真を戴いたよ〜!

ベンの場所が暗くて写真が撮れなかった様なんだけれど…。。。

(でもベンも本当にすごい演奏だったんだよ!)


来年はベイビーズをメインステージで演奏させて!って色んな人に言われたんだよ〜

って主催の人が言っていたの。もちろん私達はどこだって演奏するし、本当、

セカンドステージであることに文句なんて全然ないけれど、

でもそうして観客の方々が主催の人に言ってくれてたというのを知ると、

なんだかやっぱり嬉しいね!

ビデオが撮れなかったものだからこちらで写真だけでも〜☆


さてさて、(前回の記事でも書いたのだけれど・・・うふ)

J-WAVE MUSIC HYPER MARKETにてページ立ち上げていただきました〜!

まだ観ていない〜なんて方がいらしたら、是非是非覗いてみて下さいませ〜!

こちらに我々のページがあります!!!

October Babies @ Ongaku.fm

インターネットのある時代にアメリカに来れてよかった。。。

本当にどんなツールも使い方で世界がどんな風にも広がるし繋がるね!

ホント、ありがとう〜。。。。


ではでは〜!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-06 11:58 | October Babies
October Babiesのプロモーションのページを作っていただけたよ!
d0083194_0294681.jpg


ということで、J-WAVEの番組『MUSIC HYPER MARKET』にて初登場9位にランキングした〜

という素晴らしいニュースを先週戴いて、その後、こうして番組が主となって、

それぞれのランク入りしたインディーズミュージシャンのプロモーションページを

作っていただけたの! 嬉しいね、本当。。。


この番組は海外で活動しているバンドの人達もランク入りしていらっしゃるんだけど

それも頷けるんだよね。

やっぱりこうして日本に住む人達、及び、インターネットが通じる場所ならどこへでも

発信出来るという点と、何せJ-WAVE、そのネームバリューも高くって

多くの人に耳にしてもらえるということもあって本当に素晴らしい機会だなって想っています!


さてさて、番組のページはコチラで

J-WAVE MUSIC HYPER MARKET

こちら!!

ここがオクトーバー・ベイビーズのページだよ〜!


左の方にプレイヤーがあって、そこで曲も最後まで聴いていただけるよ〜!

で、拍手ボタンというのがプレイヤーの下にあって、押してくれると

それが今後の一票という事になるらしい〜! それでランキングが決まってくると!

上位をキープ出来ると日本に行けるきっかけになりそうなの〜!うわ〜!!!!

良いカタチで進んでいくといいね〜!!!


ということで、是非是非覗いてみてね〜!!

***

追記☆今週(10/3)のMusic Hyper Marketにてベースのエリさんのメッセージをサッシャに

読んでもらってる!エリさん自分で書いたのに、良いコトいうなぁって言ってた。(笑)

サッシャ、尾崎サン、ありがとうございます〜!!!

***

そうそう、コチラにうちの妹サマからのリクエストでこの夏の野外でのパフォーマンスの様子の抜粋を

ちょっと載せてみたの。野外の時って暗かったりカメラを置く場所がなかったりで

なかなか撮れないんだけれど(Jamboreeで撮ろうとしたらカメラが動かなかったの!

 撮るなということだったのだろうか????)これは一応ね、なんとか撮れてたの。

途中で照明が落っこちてスタッフの人がトラック2台で駆けつけて車のライトで

当ててるんだよ〜!それもすごかったなぁ〜!

スナップも一緒に混ざってて、大好きなバンドRootstandのリードボーカル、ブラントが

一緒に歌ってくれてるよ〜! ご興味あらばこちらだよ〜!!!

from Rocky Top Farm


ではでは〜


透子より☆
[PR]
by bluenoblueno | 2009-10-03 00:46 | October Babies