<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
★Ao-zora Radio vol. 68★ 嵐の様な7月を経て・・・
d0083194_193143.jpg



http://db1.voiceblog.jp/data/bluenoblueno/1279888358.mp3

  ↑
コチラをクリックすると番組が始まります!お気をつけて〜!

皆サマ、こちらを読んで下さっている方はご存知の通り、色んな事のあった7月。

それでも本当、進んでいっています、ワタクシ透子とOctober Babiesがお送りしています!

ラジオの生放送時に私とエリさんでデュオバージョンで演奏した我々の曲『Someday』

ベースとボーカルのみのバージョン珍しいです。

(このバージョンだとエリさんの歌のパートが聴きやすく、覚えたら私とハモれるよ!笑)

そうそう、こんな嬉しいレビュー、書いてもらったよ〜!!!

http://motorcityblog.blogspot.com/2010/07/wild-at-heart_19.html


あとね、これ、私のインタビューだよ〜

http://watermelonsushiworld.blogspot.com/2010/07/multi-culti-musical-star-of-michigan_01.html

全部英語なのだけれど、なんとなくはわかるのではないかな? 嬉しいな〜!!


ではではでは!


透子拝



October Babies Website

October Babies MySpace

October Babies Ongaku.fm page

October Babies Facebook

October Babies YouTube

★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)
[PR]
by bluenoblueno | 2010-07-24 01:09 | Podcast
色々あるけれど・・・ 明日の来ない日はない


私、自分でもちょっと変わってるかなと想うけれど、

あんまりにも色んな悲しいことやネガティブなことが立て続けにあると、

逆に吹っ切れるんだよね。 これ以上は考えても何にもならん、ってとこまでいくと

そこからはやれる事を精一杯やる事で一つずつクリアにして進んでいこうと

心の底から想うのです。


ということで、何かしらの転機を経てからのあの大事なコンサート

『Concert of Colors』本当に素晴らしい反響のもと、幕を閉じる事が出来ました。

アメリカだけでなく他の国からも素晴らしいミュージシャン達がセレクトされて

色々な国のバンドがそれぞれの音楽を奏でる本当に素晴らしいコンセプトのコンサート。

あの日は、私達のライブはブロードキャストでラジオ生中継されていたので、

会場に入れるのは数百人だとして、ラジオのリスナーを合わせると

数千人が聴いてたんだよと後でディレクターの方に言われました。

会場にいる人がテキストメッセージを送って友達に89.3FM聴いて!!って

伝えてくれてたりしたんだって。

終わった後色んな人にハグされました、あのエネルギーをステージに運んでくれて

ありがとうって。本当によかったよって。。。観客の人達もスタッフの人達も満面の笑み。。。

すごいエネルギーを返してくれたよ!

上のビデオは舞台裏から。さすがに演奏中は撮れなかったので

(そういう雰囲気の場所じゃなかった)

舞台裏のみだけれど・・・

皆の元気な姿を観てやって下さいませ!

追伸:
すっごい可愛いドレス着ちゃってるんだけど、そんなの関係なしに大暴れ。

しかもステージ上あがった途端にあのハイヒールも投げ捨てたからね、私。

歩きづらいし、こんなの無理ってすぐ分かったの。
[PR]
by bluenoblueno | 2010-07-22 00:26 | October Babies
Memorial Service − リハーサル音源です

リハーサルからの音源です


昨日のメモリアルサービス(日本でいうところのお葬式にあたる訳だけれど、

でも本当に悲しいものではなく、生きて来たその業績を讃え、皆で想い出をシェアし合おう

という主旨のものでした)本当に暖かいものとなりました。


彼女のお父さんのスピーチには涙が止まらなかったけれど、

箇所箇所で笑いの溢れる、とても暖かい会になりました。


皆で工夫して持ち寄ったランチも、友達のガーデンから摘んで作ったブーケ達も

音楽も全て彼女を想う誰かの手により会場に運ばれたもの。


私とエリさんは上に貼った曲を演奏して来ました。(上のはリハーサル音源からです)

演奏中、ずっと目を閉じて集中していたのだけれど、

身体が宙に浮いている様でした。

ここにあってここにない、というか。

頭も心も身体も真っ白で、メロディーに乗っかってフワフワしてたというか。

終わった後、多くの人からとても素晴らしい心温まる言葉を戴き、

あぁ、ちゃんとやり終えたんだと想いました。

・・・よかった。

ほんと、パフォーマンスじゃなかった。ただ本当に純粋に歌う事に集中した、という感じで。

歌ってあらためて、これは彼女のことを歌った歌だなぁと感じました。

追伸・私信:せいこさん、ちゃんと貴女の存在もあの場所に在りましたよ!(お手紙も読まれました)

   
透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-07-18 23:24 | Music Box
Hell Yeah!!!!!!!!!
動画、ココに載せたよ〜
Stockyard Stomp イベント会場より

・・・ということで、本当に色んな事がたて続きにあったOctober Babies透子です。

悲しいことも大変多くたて続きに起こり、こりゃ、厄落としかなと最終的に想いました。

・ あれだけ楽しみにしていたTop of The Park、雨でキャンセルになりました。とほほ

・ 上のビデオ、このイベント自体最高だったんだ。で、その後、エリさんの大事な大事な、

兄弟と慕っていたベースが盗まれました。

その他もろもろ。

数日、相当ダークだったんだ。でもダークなままでいるの疲れた、落ち込んでても何も変わらないし。

つーことで、のたうち回っても這いつくばってでも立ち上がってやる〜と想っている透子です。

あたし、結局のところ、相当強いのね。 そう想うよ、ほんと。


次のショウは Detroit Concert of Colors!!!!  毎年すばらしいコンサートです!!!!

今度の日曜、7月18日! 3時15分から!


Max M. Fisher Music Center 3711 Woodward Avenue
Detroit Michigan 48201
Get Directions
Read more: http://events.myspace.com/Event/3244431/October-Babies--Detroit-Concert-of-Colors#ixzz0tZe7w6pi

よっしゃ、いくぞ! 


そして先の記事で書いてたメモリアルサービスはその前日の土曜日、17日。

心込めて歌ってくる、ホントに。



追伸:おかーさんと、ちょぽら、ほれ、動画、あれ、叫んでるの、あの『ブルーノ』だよ!
     かっこいいよね、ブルーノ。オクトーバー・ベイビーズの演奏のあと、あの人、相当興奮してすごかったんだ。


透子拝



October Babies Website

October Babies MySpace

October Babies Ongaku.fm page

October Babies Facebook

October Babies YouTube

★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)
[PR]
by bluenoblueno | 2010-07-14 00:07 | October Babies
とても上手く言葉にならないよ…
d0083194_12491596.jpg


ずっとずっと楽しみにしていたサマーフェス『Top of The Park』

これはステージの上で雨が止むのを待っている写真。

友人のフォトグラファーがビデオ撮ってて、キャプチャーを送ってくれたの。

朝方は晴天だったの。どんどん黒い雲が立ちこめて。

一時、出かける前に雨が振ったの。

でも、出がけは止んだの。よし!と会場に向ったんだ。

そうしたら雨。ギリギリまで待ってたの。

で、私達の演奏時間の終わる予定時刻の5分前に、『大変残念だが、キャンセルに』と言われ

ステージ上のものを全部片付けたの。そうしたらお日様が現れて・・・

私達の次のバンドは予定通り演奏出来たの。

これは何かあるとしか想えない。。 という感じだったよ。

どうしてもどうしてもどうしても演奏したかったの。

何故って・・・

私の尊敬している大好きな日本人アーティストの友達が 

オクトーバー・ベイビーズをTop of The Parkで観れたらいいのに!!って

去年からいってくれてたの。でも去年は選ばれなかったの。

でね、今年やっと選ばれて・・・

7月の8日に、演奏することになって。

でもね、その一週間前に、彼女、他界されたの。

本当に本当に、ずっと心打ちひしがれていたのだけれど、

彼女の想いを代表してという事で、旦那さんと娘さんと、日本から来ている彼女のお父さんが

3人で観に行くからと言ってくれてたの。

参ったよ、これは、さすがに、随分楽観的なワタシだけれど。

演奏出来なかったこと自体残念だよ、でも、演奏はいつだってこれからだって機会はある。

彼女のお父さんは、アメリカで私達がTop of The Parkで演奏するのを観れるっていったら

これが恐らく最後の機会だったと想う。

なんでこんな大事な時に?

3人の残念そうな姿を見て号泣しそうになったんだけれど、私が泣いたら

それこそもっと困るでしょう? 娘さんはね、彼女の買ってくれた、

オクトーバー・ベイビーズのネイビーのTシャツ着てくれてて。


お葬式は悲しいのが嫌いな彼女だからやらないという事で、

明るいメモリアルサービスにしたいということで、音楽も交えてと考えていて、

エリさんと透子に演奏して欲しいんだと彼女の旦那さんがいってくれ、

一曲演奏する事になったの。そうした機会を与えてくれて本当に嬉しい。

でも、本当、なんでよりによってこんな大事なショウが雨で流れるなんて…

沢山の人があんな雨の中駆けつけてくれてたのに…。

多くの人が沢山のプロモーションをわざわざオクトーバー・ベイビーズの為に

雑誌やラジオインタビューやらTVやらしてくれてたのに…。


でも、雨ばかりは仕方ないよね。

悔やんでいても仕方ないと想う。

これから出来る事を、それを考えて、そうして進んでいこうと想う。

泣いててもどうにもならないしね。

そして、メモリアルサービスで、心を込めて歌って来ます。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-07-10 12:51 | October Babies