<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
★Ao-zora Radio Vol. 75★ アメリカからも多くの人が想っています
d0083194_11223957.gif


番組はコチラから★http://db1.voiceblog.jp/data/bluenoblueno/1304121651.mp3


アーティスト友達と一緒に作ったポストカードを販売して

その収益金を被災地に送ろうという事で行っているポストカードプロジェクト

『Japan Relief 2011』の話をメインにお届けしています。


そしてお届けしています曲がOctober Babies 『Somethin' Eternal』


番組内でお伝えしているMusic For Japanのサイトはコチラです!
(一曲当たり80円ばかりなんだけれど、クレジットカードでの購入が可能です!

 全ての収益金は被災地に送られます。)


そしてJ-WAVE Music Hyper Marketのサイトはコチラです!

今週はSomethin' Eternal をかけていただいていて私のメッセージなども

読んで戴いています!嬉しいな〜。。。  (ね、慎太朗さん♪)


ではでは!!

透子より



October Babies Website

October Babies MySpace

October Babies Ongaku.fm page

October Babies Facebook

October Babies YouTube

★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-30 11:26 | Podcast
Japan Relief 2011: ポストカードプロジェクト第二弾! 無事終了!
d0083194_10463238.jpg


皆で作ったポストカードを販売し、そのお金を日本の被災地の方に送ろうということで

続けて行っているポストカードプロジェクト。 第二弾のイベントが無事終了しました。

このイベントを通してで$700受け取る事が出来ました!

ということで、ここまでのトータルが5082ドル。

本当にありがたいよ。。。

全てのお金は引き続きハビタットフォーヒューマニティジャパンに送ります!

ポストカード!良い旅を!!

このプロジェクト、これからも続きます!

透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-28 11:12 | Diary
このデトロイトでなんだかすごい賞を受賞しました。
d0083194_23583850.jpg


Detroit Music Awardsはデトロイトのミュージックの発展と栄光を祝って作られた

簡単に言うとデトロイト版グラミー賞なんだけれど、

今年はその20周年記念の大事な年でした。

ということで、セレモニーもパーティーもすごいことになると聞き、

一応ノミネートされてるし、会場を見てみたい!って想って

(しかもノミネートされてるとタダで会場入れるって聞いて)

行ってきたの。

で、Outstanding World/ Reggae/ Ska Vocalistの発表で

ノミネートされた皆の名前を読み上げられる時に、「お!私の名前も読まれる〜」と

喜んでiPhoneで録音しようとしてたら、Winnerの発表になっても携帯いじってて、

The winner is.... Toko Shiiki-Santos!!! ってMCの方がステージで言ってても

は?って感じで、周りの人が透子、君だよ!って教えてくれて

もう、ええええええええ〜!!!!!!! って感じで。。。     

ノー!!!!!!って大声で叫びました。

爆笑されてたよ。

受賞された方々、皆素敵なスピーチをされてる中で、

何が起こったの?って感じのままステージに上がり

渡されたトロフィーが重くってとにかく

『デトロイト…なんて心が広いんだろう。すごすぎる…。

 ありがとう!ありがとう!ありがとう!』  とか何とかいって

(実際はもっと酷かった、録音怖くて聞いてない。後で聞いてみる)

ステージをふらふら状態でおりました。

アフターパーティーがこれまたすごくてかの有名なThe Fillmoreシアターで

行われたんだけれど、トロフィー持ってたからね、

TVの人達がきてレッドカーペットでインタビューされました。 

この時はもう少しまともな事を言えた。。よかった。

でもトロフィーもってなかったら、どこのどいつだって感じだったと想うよ。絶対。

会場はきらびやかですごいエネルギーで溢れてて、

マーサ&バンデラスのバンデラスも演奏してくれて感激!!!!!

皆にもシェアしたいって想ったよ。バンデラス、すごい、全然、もう、現役って感じだったよ!

・・・そんな中にいて私、すごく場違いに感じて、でね、日本の事想って泣けてきて。

周りの人、なんで泣いてるのか、多分分からなかったと想うのだけれどね。


とにかくね、デトロイト、ものすごい数の素晴らしいミュージシャンがいる場所。

モータウン、ラップ、テクノとデトロイトで栄えた音楽も本当に豊富で

なんていうか、そのプライドを持っている独特の場所。

そんなところで、一人のミュージシャンとして認められたということが

恐れ多く、それでもどっちかっていうと、

ミュージシャンというよりは私はパフォーマーなんだよなと想いつつ、

とにかくこれからも演奏していこう、そして少しでも誰かの心に何かを

かつて私が子供だった頃、何度も何度も私を支えてくれてきた音楽達の様に、

そうして届けていく事が出来るのなら・・・ と想っています。

実際ね、まだまだなんだよ。こんな賞いただくの、早過ぎる。


100名以上の方から一気にお祝いのメッセージを戴いて

私のメールアカウントが一時混乱状態になっていて、びっくりしました。

本当にありがたいね。。。

進んでいきます。

追伸:昨日も他のイベントで演奏してきたのだけれど、その会場でも

ポストカード販売手伝ってくれて、また更に沢山売れたよ!!

もう日本への一時送金がすんだのでそのお金はもう少し貯めて

2度目の送金をしたいと想っています!! ポストカード、評判いいよ!! 嬉しいね!!


透子拝



October Babies Website

October Babies MySpace

October Babies Ongaku.fm page

October Babies Facebook

October Babies YouTube

★Ao-zora Radio from USA★ (←月一回更新のPodcastです)
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-18 00:17 | October Babies
チャリティーイベントを終えて・・・
昨夜のチャリティーイベント、無事行うことができました。

当初の予想を遥かに越えて、4200ドル強のお金を受け取る事が出来ました。

(約40万円になると想います。)

すべてのお金はハビタットフォーヒューマニティジャパンに送る事にしました。

(家を失った方々の家を建てる支援金として即使われるというのが理由)

一日も早く、多くの物を失った方々がせめてもゆっくり眠れる場所が確保できたらと

本当に想って、そうする事にしました。


ポストカードはこれからも売り切れるまでイベント会場や、

オンラインショップでも販売していきます!

色々また決まったら連絡させてね!


起こっている事の深刻さから考えると4200ドルは

本当に小さなものかもしれない… それでも・・・

皆が作ってくれたポストカードが世界を旅する時、

そのカードを受け取った向こう側にいる人が『Japan Relief 2011』のロゴを見て、

何かお金では変えない想いを感じてくれたら…と想ったりもしています。

もちろんまだまだ本当に長期戦の問題が多々あって、

『これから』がますます踏ん張りどころの日本(特に東北の方々)だと

もちろん想うのですが、数日前、福島のいわきの友達が、

“桜のつぼみをみつけた。必ずや咲く”ということを書いてくれて、

ただネガティブに事を想い続けるよりも、

春の報せを届けてくれた桜の様に在りたいものだ、

そうするにはどうしたら?と考えている次第です。

毎日あまりに悲しい、又は憤るニュースが飛び交っているので

ついつい心が沈みがちになってしまいますが出来る事を探してやっていこうと

そう想っています。


海を越えた向こうから日本のこと、日本にいる皆の事を想ってるよ、本当、

それも本当に沢山の人達がね。


透子より
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-14 10:41 | Diary
チャリティーイベントに向けて目下準備中、素晴らしいニュースが舞い込んできました!
d0083194_9354633.jpg

(スタッフTシャツだよ!妹の絵を使って私がデザインしました!!!すっごく好評なの〜!!!!

 これも販売して欲しいとのこと。考え中。)


地震が発生して、私の友達を含め多くの方々が、

日々本当に余震と放射能漏れの恐怖とで、

それは想像もできない程のストレスのもと生活されていらっしゃいます。


私は日本人なので多くのアメリカにいる友達から連絡を家族友達は大丈夫か、

困った事があったらなんでも言ってと声をかけていただいているのだけれど、

私自身アメリカにいるわけで、君たちと同じなんだよ〜、私もなにか

日本にいてあの大変な状況の中にいる友達を含めた人達に

何かできないかなって想い続けているんだよと心苦しい想いでいました。

そんな中、アメリカにいても何かできないかなと思い立ち始めたプロジェクトが

『Postcard Project: Japan Relief 2011』

きっかけは、アメリカで『日本、破壊されちゃった』という言葉を耳にしたことでした。

何気ない一言だったんだと想うけれど、ショックでした。

果たして日本は『破壊されちゃった』の?      もちろん、そんなことはありません。

その人も文字通りそんなことを言ったのではないと想います。 

でも、それを聞いて、涙が止まりませんでした。

日本は破壊されてない、…けれどあの津波の映像は

アメリカでも地震発生後から随分沢山とニュースで流れていて、

あの映像のショックは相当強く、多くの人が、

小さな国だもの、 あの地震があって、今一体何が残されているの?くらい想っても

仕方のないことなのかなとも想いつつも、歯がゆい想いをしていました。

そして、津波で破壊された街の映像だけでなく、

日本の街の風景を、今、多くの方々に届ける手段はないだろうか?と想い、

まず最初に日本にいるアーティスト友達に

『日本の風景だったり風物詩だったり、

 何か心が暖かくなる様な作品(写真でもイラストでも)

 寄付してもらえないかな?その画像でポストカードを作って販売し、その収益金を

 犠牲者の方々のところに募金したいんだ』と伝えたところ、皆揃って

快く作品を寄付してくれました。


そこでまた想ったのが、私の周りに日本を大好きなアメリカ人アーティストが沢山いて、

彼ら、2年に一回日本を訪れて沢山の素晴らしい写真を撮ってるんだよね。

その写真でポストカードを作ったらどうだろう?

外から日本を訪れた人達から見た日本の印象を捉えた写真も

このポストカードのシリーズに加える事が出来たら尚更いいのでは?とも想い、

声をかけてみたところ、多くのアーティストが快く参加してくれました。


・・・そして、私がそうして活動している事を知った他の素晴らしいアーティスト達が、

『私達もポストカード作りに参加出来ないかな?』と続々名乗り出て下さり、

思いがけず多くの作品が集まり、今現在本当に多くの

素晴らしいポストカード達を作成する事が出来ました。


今では日本とアメリカだけでなく、フランス在住のアーティストからも連絡があり、

私も作品を寄付してポストカード作りに参加したいとのことで、参加していただきました!

(インターネット、すごいね。世界繋いでるよ〜)

日本からも大事な友達がビーズのアクセサリーをイベントで販売して欲しいと

急遽作品を作って送ってくれたり、

本当開始当初、予想もしていないほどの多くのアーティストが

そうして作品を寄与してくれました。


そしてそのポストカード販売のイベントですが、

12日の火曜日に我が街で行われる事になっているのですが、

街にいる素晴らしいミュージシャン達がこれまた参加を名乗り出てくれて、

ジャムスタイルでイベントに音楽を添える事になりました。

(我がバンドOctober Babiesも演奏します!)


・・・毎日沢山のメッセージが私のところに届いています。

『自分も何かしたいんだけれど、なにかできることある?』

もっちろん、沢山あります。

本当にそうしてどんどん輪が広まって今に至っています。

そうしたら本日、オートモビルの『Penske』さん(企業名ね)が 

『透子が仕切ってるそのイベントを通して受け取る募金額と同じ額を自分達も出す』

(プラスして日本に送る)と提案してくれました。

金額に上限はないからどんどん宣伝していいよ!多くの人にきてもらって

募金額を増やして日本に送ろうと言ってくれました。

これね、お金のことだけを言ってるんじゃなくって、

そうして自分達も何かできないかな?って動いてくれてることがすごいと想って

本当に感銘を受けました。


さて、ということで、本当毎日準備で追われています。

でももう少し!!!!!

ぞくぞく届くポストカード達をパッキングしててね、昨日、

一人で大量のポストカードの中にいたら

泣けてきてね。 なんていうか、暖かくてね。 涙腺緩みっぱなしでねまいるよ。


なんでポストカードなのだろうって考えてたんだよ、ずっと。

大量のポストカードの中で。

ポストカードなんて作らなくったって、シンプルにお金を送ればいいのでは?

そうしたら作るのにかかるコストを省く事だって出来る。

・・・だけど、それでもポストカードにこだわったのは・・・・

何か自分もできないかなって想って足を運んでくれた人がポストカードを購入してくれたら、

いつの日かそれにメッセージを書いて友達に送る事があるかもしれない。

その時、一枚のそのポストカードは、友達を繋ぐ橋になるんだよね。

すべてのポストカードの裏面には『Japan Relief 2011』というロゴが入ってる。

それを見た時、受け取った友達は、そのポストカードが何故どういう意図で作られたのか、

想像するかもしれない。  そうして、その想いの込められたイメージを見て、

日本の事を想うかもしれない、日本を想ってその作品を提供してくれたそのアーティストの

心を感じるかもしれない、暖かさを心に感じてくれるかもしれない。

そうして・・・ポストカード達が世界を旅する日がくるかもしれない。

ポストカードを投函する人と、受け取る人達と色んなところで繋がっていくかもしれない。

そんな事を想像して……、やっぱりポストカードにしよう!と強く想ったのでした。

・・・これはもちろん私の理想で、そんな上手く事が運ぶかは分からない。

・・・でも… 小さなモノだとしても、前に進むのにささやかなエールを送る、そうしたことに

つながるかもしれないよね?と想い、このプロジェクトを進めてきました。

いよいよ、この火曜日です。全て上手く事が運びます様!!!!!!!   

また報告するね!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-04-10 09:37 | Diary