タグ:ポートレート ( 72 ) タグの人気記事
日本ではあけましたね!!コチラではあと数時間です・・・
d0083194_845351.jpg


こちらアメリカではあと6時間で新年というところです。

2010年を思い返し振り返りつつ、今日一日過ごしていました。


・・・今年はよく泳ぎました。今日も泳ぎ納め(?)してきました。

うちのジムのプールは塩水なの。なので本当に清められる気がします。


この5月、仕事で日本に帰った時に感じた事、体験した事は

思いのほか随分大きなことでした。 

やっと祖母のお墓(というか、一本の木なんだけれど)にも行く事が出来てよかった。。



アメリカに再び帰ってきてから、人生について、真剣に考えていました。

生まれて此処に至るまで、河を泳いで来た様に想います。

時々流れに任せて、時々自分でどっちに泳いでいくか決めつつ、

スムーズに流れて行く水の流れもあれば、

逆流をなんとか進んでいかなくちゃいけない時もあったり。

時に同じスピードで泳いでいる人に出逢って、やぁ調子はどうだいなんて

声かけ合って(その辺ちょっとアメリカっぽく書いてみた。

どないでんねん?ぼちぼちでんなだと随分雰囲気変わるよね、ちなみに)

時々河のほとりで休んでみたりして、空を月を眺めてみたりして、

歌ってみたりして、そしてまた進む。

最終的には皆 “死” という海に流れ込むんだなと想うんだけれど、

そこまでの流れをどう泳いできたのか?どう泳いでいきたいのか?

・・・そんなことを考えていました。


答えなんて全然まだまだみつからないし、そんなもの簡単にみつかるものでもないと

想うのだけれど、確かなものは今、この時なので、それを想いっきり生きる事で

この流れを泳いでいく事で、その先の未来に到達していく事は間違いないので

ひとまず泳ぎ続けよう、と、そんなことを想っていたりした次第です。


Live Now, This Moment.


2011年は、5月にまた日本で演奏出来るかと想うと、

それが楽しみでなりません!

皆様との再会を本当に心より楽しみにしつつ・・・


それではどうぞ今年もよろしくお願いいたします!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2011-01-01 08:49 | Diary
とても 『Japon』 な一日 − 浴衣に大福。
d0083194_617238.jpg


久しぶりに浴衣を着た。

1年前に大事な方から戴いたものの、着る機会は全くなく、

写真を撮って送りますと約束していたのに、あっという間に過ぎ去りし日々。

1年越しでやっと約束を果たした。

そんなこんなで浴衣を着、カメラ三脚に据えてアーでもないコーでもないやっていると

大福がやって来た。

・・・もとい、大福を買ってエリさんが帰って来た。

d0083194_6172089.jpg


これ、Ann ArborのCafe Japonさんの大福。

オーナーのみよこさんはとても美味しいフランスパンを焼くジャパニーズ・カフェのシェフ

兼、ジャズオルガニスト。 (ね、複雑でしょう? ジャパニーズカフェでありつつ(和食メニュー豊富)、

美味しい、フランスパンやペストリー、ケーキも戴ける、そんなところなの。)

日本で購入したそば茶を沸かして大変美味しゅう戴きました!

なんて日本な一日だったのでしょう。 そして雨ふり。


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-06-07 06:24 | Photo: Portrait
歩く歩く
d0083194_11383396.jpg


すごくドラマティックな空でした。

たまらなくなり、カメラ抱えて撮って来ました。


どこまで行くの?

歩く 歩く 歩く 歩く・・・

遥か彼方の 遠く 遠く 遠く・・・

(by October Babies)



今の私の心情を表した写真です。


さて、これからも歩いて行こう



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-04-09 11:39 | Photo: Portrait
モデルをしました
d0083194_222591.jpg


d0083194_23592.jpg


d0083194_27321.jpg


友人のプロフェッショナルフォトグラファーでポジティブなエネルギーに溢れた

エリック・ペリーのモデルをエリさんと二人でしました!


とにかく写真がかっこよくて、ちょっとこりゃ、何倍増しで実物よりもいいという

そういうイルージョンを生んでしまっています(^m^)いひひ

撮影自体が楽しくて歌って踊ってエリさんも大興奮の撮影大会でした。


ということで、フォトグラファー、エリックのお気に入りの二枚です

上の自分のポートレイト、気に入ってるんだ。なんか意思が強そうで。

エリさんのも相当かっこいいでしょ?


日本は冬に逆戻りの感じなのかな??

ミシガンもちょっと寒い日が続いていたけれど、今日からどんどん暖かくなるみたい!

嬉しいな!!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2010-03-31 02:07 | Photo: Portrait
スタジオより (ホーンセクションのレコーディング風景)
d0083194_2493751.jpg
d0083194_2495223.jpg
d0083194_2501275.jpg
d0083194_2502611.jpg
d0083194_2504091.jpg
d0083194_250588.jpg
d0083194_2511373.jpg


已然続いている我々のセカンドアルバムのレコーディング。

我々のスタジオより・・・

今ね、トランペットとサックスのホーンの人達が参加してくれてて

彼らのレコーディングが続いているの。


もうね!!!!本当に楽しいアルバムになっていってるの、これが!!!


ライブ感溢れるアルバムにするべく、大体に於いて同時録音しているのだけれど、

そこにホーンセクションが加わる事によって、また更に世界が広がっているというか!


リリースは伸びに伸びて来年になりました。

来年早々を目指しています!2010年だし、

なんか語呂もいいのではということで。(2010、2ndアルバム10月-babiesってことで、ネ)


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-12-12 02:52 | Photo: Portrait
毎年恒例の写真撮影
d0083194_11104448.jpg


彼女達のお母さん達が双子なの。ネイティブアメリカンとアメリカ人のミックスでとっても美人で

しかもそっくりなお母さん達(髪型も同じなんだよね)で、子供達も1ヶ月違いに生まれたんだそう。

旦那さん二人はどちらもミュージシャン。二人とも背が高くて美男美女カップルさん。

今年はそのうちの一家族の家に集まって撮影だったの。

毎年クリスマスシーズンに彼女達を撮ってるんだ。 今年で3年目。

ということで、スウィートハートのルーシーとイザベラ(上の写真の女の子達)なんだけど、

いやーなんでもフリースのシャツが気に喰わなかったとかでこれが最悪の機嫌。

泣くは叫ぶは、もの投げるは。。。

そういうお年頃なのだろうね。 大変だった・・・。(TmT)

なんとか機嫌直してもらって撮らなくちゃってんで、変な格好でカメラ構えてたらば

腰痛になっちゃった。。。

とにかく何枚かはこれならば!というのも撮れた。。。涙。。。

あかちゃんと動物は本当に予測不可能というけれど、本当だね。

次は赤ちゃんの撮影の時は絶対に被り物(ウサギ、とか)して撮影に行こうと想う。

マジで。 (今日なんで持ってかなかったんだろうって悔やまれたんだもん)


*******

話は変わり・・・

先日久しぶりのFlint/Michiganでのライブを想いっきり楽しんできた我々October Babiesですが、

ここでまたとっても楽しくなりそうなライブのお知らせです!


今年の5月に日本ツアーも行ってセカンドアルバムが絶賛発売中のThe Ragbirdsの

リードシンガーであるところのエリンが主催となって例年行っているXmasライブに

October Babiesの重鎮ベースのエリさんと、ワタクシが

出演することになりました! わー!楽しみ!


さて、場所の詳細はコチラです・・・


12/18/2009 08:00 PM - The Yellow Barn

416 West Huron St,

Ann Arbor, Michigan 48103

US

____________

12/20/2009 06:00 PM - The Hartland Village Theater

3619 Avon

Hartland, Michigan 48353

US


お近くの方はどうぞ遊びにいらして下さいませ〜!!


『The Ragbirds』、私が言うまでもなく、日本でも人気相当出ているとのこと。

(J-WAVEでも曲がかかっていたり、大阪の某FM曲で新しいアルバムが1位を取ってる!)

私が言う迄もなく素敵なバンドです。 丁度私が渡米した年に彼らバンドとして始動しているのね。

その頃のことも、よく覚えています。あぁ、大きなバンドになるんだろうな〜って感じてたら、

すごい!!ミシガンのミュージックシーンに元気を注いでくれてる!


この間我々が演奏したFlintも毎年アメリカで一番危険な街ランキングで

上位に食い込んでいるんだけれど(デトロイトも、もちろん、ね)

それでもローカルミュージックのコミュニティっていうのかな、その皆の動きで

街がね、変わっていってるの。 フリント、夜、人と一緒だったら外を歩いても大丈夫な迄に

なってるもんね、今(場所に寄ると想うけれど...)。大通りは随分綺麗に暖かい雰囲気になってる。

ミシガンは森も湖も、多々あって、自然の豊かな場所だけれど、

モータウンで有名になった様に、車産業の街として栄えた街が多く、

車産業が廃れた今はとても閑散としている場所、も、沢山ある。

でもね、そうした中だからこそ、パワフルな心が揺り動かされる様な音楽が

必要とされたりもするんだよねとも想う。


つい先日、そのローカル・ミュージックシーンの一人が...インフルエンザで亡くなったのね。

45歳。彼は画家で、奇しくも彼の個展がギャラリーにて行われている最中の死だったとのこと。

 この間のライブでFlintの仲間達が追悼で歌って欲しいということで

『Can I Be Born Again?』 を歌いました。

英語の部分もあるから一緒に歌ってくれてた。嬉しいね。 あの曲がレクイレムにもなるとは。

あ!その時になんと、デイルのギターアンプがぶっ飛んだの〜!

なんだかすごく熱がこもっていた????

そんなハプニングもあったけれど、なんだろうね、熱い波がうねっていました。

まさかインフルエンザで...って本当に驚いたのだけれど...

45歳なんて若過ぎる... しかも個展の最中・・・(今もちなみに展示されたままになっています)

とても軽々しくは言葉に出来ませんが、ゆっくり休んでねと・・・。(何かしっくりこないのだけれど...)


・・・インフルエンザ、皆サマも本当にお気をつけ下さいませね。。私も気をつけます。

ではでは!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-11-30 11:21 | Photo: Portrait
ユングと夢と水曜日
d0083194_12275991.jpg

(これ上の、初めて大判カメラで撮ったフィルムの写真←スキャンした。
初めてなだけあって、足は切れてるし、ピント甘いしとほほ。。。だけれど、まぁ
なんでも初めてがあってそこから成長するのよねんと想っている楽観的なワタシ。)

水曜日が(アシスタントとして)一番緊張する日で

それが終わると本当にどどっと色んなモノが(←色んなモノ?一体なんだろう)くるのでした〜。。。

でも、週を経る毎に前進していると想う(自分でだけ???いやそんなことはない!)

悲しいことやきっついなーってコトもしたがって水曜日が一番多いんだけれど、

そんな事もあり、一番なんていうか気合いも入ってるのが週の真ん中水曜日。

もちろんまだまだ至らないこと沢山なんだけど、

ホント、実際、アシスタントの仕事というより、毎回、どちらかというと

勉強させてもらってるって感じなんだけど、自分の出来る限りを提供しつつ

学ばせてもらえればと想ってる。鍛えられるなぁ〜。



話は変わるのだけれど、先週の日曜日のNY Time magazineでユングのすっごく面白い記事が

載っていたの。伝説とも言える『The Red Book』をめぐっての記事。

英語なのでちょっと…という方もいるかなとも想うのだけれど、

興味ある方、是非!本当に興味深く、私も自分の作品作りの過程にリンクする事が

多々あって、これは!と想ったの。

ここにあるよ

New York Times Magazine Article


ユングということで、最近見た夢の話。

アシスタントの仕事で追いつめられて大変で悲しくなってきてたら

ニューハーフのおねえさん(お兄さん?)が助っ人に来てくれて、

落ち込んでてもしかたないわよ〜って(日によく焼けた、『まさこさん』という人だった)

色々ソフトウェアのこと教えてくれて、慰めてくれたの。 という夢 だった。


なんかね、不思議とすっかり元気になったんだよねー。


まさこさん。 


おーい、一体どこにいるのだ?!(笑)



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-09-24 12:30 | Photo: Portrait
地元のテレビの・・・ そして徒然にワタクシゴト
d0083194_12481441.jpg


これ、この間Ypsiでやったフェスの前に地元のテレビの番組のインタビューで

October Babies代表ということで話したのだけれど、その時の写真を送ってもらったの。

インタビュー、観てみたいなぁ。どんな風に話してたのか客観的に(怖い気もするが)観てみたいな。

インタビューを受けるのはこれで3回目なんだけれど、実はまだどれも一度も観た事ないの。



すっかり話が飛ぶけれど、5月から走り始めて、ずーっと続いているのだ。

週に3回(忙しいときは2回)。 本当に、心身共にすっきりするんだ。

走っていて気がついたのだけれど、20分ぐらいごとに身体がふっと軽くなるのね。

このままどこまででも走れる!っていう、羽一枚位に軽くなってるかも!って勘違い出来るほど

すーっと身体がね浮くみたいになるのね。あれ、何だろう?体感した事ある人いるかな???


そうそう、また話が変わるのだけれど、新たな作品づくりに取りかかりました。

自分で〆切を1月末と決め、取り組んでいます。

でも…こうしてモノを作っていて、ふっと気づいたんだけれど、

ちょっと言いにくいんだけれど、…出来る限り廃品利用してはいるんだけれど、

モノを創るってゴミも同時に結構な量で生み出してること、多いよね・・・

あ、これ、本当にまざまざと感じたのね。。

まぁ生きている限りゴミや無駄を作る事は多かれ少なかれ避けられないんだけれど…

こうしてモノを創っていて、ちょっと視点を変えると、ものすごく申し訳ない気持ちにもなるし

(なににって、何になんだろう、なにかそれこそ“大きなもの”に対してだね)

本当にワタシがいまここでこれを作らなくても誰も困らないんだよねとも想う、 ・・・こともある。

でも、自分にとって必要な行程(進んでいく中で)だから作っている、 んだよね。

 と改めて想ったりする。

作らせて下さい、そのかわり、やるからには真剣にやります。と

そんなことをブツブツ言いながら黙々と作業しています。(誰も聞いてないと想うのだが…)


アシスタントの仕事が再開し、時に言葉を失う程きっついなぁってこともあるのだけれど、

でも、そうして走ることや、モノを創っていく事で調和されてるなと本当感じてる。

これまたなにか大きなものに対して、ありがとう、です、ほんと。


(今ね、初めて作るものに挑戦しているんだけれど、いやー扱いが難しい〜。

 あ、それが何かはまだ内緒なのである。)



さてさて、今週金曜から秋のフェスティバル『Rootnanny』に参加してきます!

皆でテント張ってね、そこで寝泊まり。ステージでは夜明けまで演奏が続くの。

去年もすごかったんだ〜!今年で5年目のイベント。 うわぁ楽しみだなぁ!

寒くなって来たからほんと、セーターとか持って行こう。(山の方なのでほんと必要なの〜!)

それではまた!


透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-09-23 13:20 | Photo: Non-genre
PDN FACES WINNERS GALLERY
d0083194_9394114.jpg


ということで、載せてもらった〜!

PDN FACES WINNERS GALLERY

この中のSelf-portrait 部門にいるよ〜

結構色んな国にいる人からメールもらったりしているの。見ている人は見ているんだなぁ。


見てもらったら分かるけれど、アフロってるけど、これ、正真正銘、私です。うふふ

***

昨日はいつもライブをやっているFlint、The Loftでのパフォーマンスでした。

不思議な場所でね、友達が友達に声掛けてくれてって感じで

どんどん常連さんのお客さんが増えていってて、本当に嬉しいなぁ、

人と人との繋がりがなによりだねと改めて想うよ。

いい年したおいちゃんが、『Can I Be Born Again?』聴く度

なんか泣けてくるんだよ〜って言ってた。笑

ワタシモ!って言ってみた。(笑)



ではでは、また〜!



透子拝
[PR]
by bluenoblueno | 2009-09-14 09:40 | Photo: Non-genre
久しぶりになってしまってて、気づいたら8月だった。ので最近の事をまとめてみた。
d0083194_9301226.jpg
d0083194_9303814.jpg
d0083194_9305280.jpg
d0083194_9311116.jpg
d0083194_9312677.jpg
d0083194_9314138.jpg


これ、上の写真は先月からちょこちょことやってるストリートでのゲリラ撮影。

某有名コマーシャルフォトグラファーのE氏と一緒にやらせて戴いている。

普通に道行く人をホワイトボードの前に誘いモデルにしちゃうっていう試み。

これが結構面白いんだ。

頭で考える前に感覚で撮れ!っていう感じでね。なにかと時間との勝負。鍛えられる。

全然撮られることを想ってもいなかった人達をモデルに変えていく課程も面白い。

ホントね、面白い人との出逢いが多くてね。

私、こういう撮り方をしてこなかったから勉強にもなってるよ。

ホント、連れ出してくれたE氏に感謝。

相当成功している部類に入るフォトグラファーなのに、全く気取りのない、

ぶっちゃけ面白い遊び心のあるおいちゃん(お兄ちゃん?)です。

経験豊かな素晴らしいフォトグラファーなんだけど、

あれだけ偉そうぶるところがないから色々と仕事も続くんだろうなとぁ想う。

とまぁ、いいロールモデルが間近にいるのはありがたい。


***


で、数日バッファロー(NY)に行って来た。いやーデトロイトにいるのか?と錯覚したよ。

ていうか、デトロイト化している場所が多いのだろうね。

朽ち果て寸前のビルがわんさかでね。

近くなのでナイアガラの滝にも行って来たが、なんかね、アメリカサイドは品がないんだ。

もちろん、滝が悪いんじゃない。

取り囲むカジノのビルだとかアミューズメントがね…。本当、辟易。

滝自体は荘厳なんだよ。 でもね、どうなの? ああいったビル群。

別にカジノ自体がいけないとはいわない。

でもさ、ナイアガラの滝の周りにカジノとか建てる必要あるの?

なんかホント、それって例えて言うなら富士山山頂に立つパチンコ屋見たいな感じ?

そんなものまさかないだろうが、それくらい要らないだろうと想った。

(そう想うの、私だけなのだろうか…。。)


****


話は変わり・・・

幾つか映画を観た。

とりたてて言うこともあるまいというのもあるんだけれど、

『Moon』と 『500 Days of Summer』のことはちょっとだけ、もの申したいかなと。


まず、『Moon』

日本ではやらないかなぁ?やればいいのに。

地味な作品だけれど、私は好きだなー。

(ちょっと2001年宇宙の旅のパクリか?みたいなとこもあったが。)

喪失感や取り残され感がなんともよかったよ。後々じわじわ考えちゃう映画。

『Choke』のサム・ロックウェルが主演。

いやーそれにしてもサム・ロックウェル、好きだな〜ほんと。

ハゲかかり具合といい、よれよれ具合といい、お腹の出てき具合といい、

それでいてなんか色気あるっていうのもどれがもいい具合の俳優で、もろ好み。

これね、少しでも突っ込んで書こうものならネタばれになるからね。

仕事で月に3年滞在しなくちゃいけない、で、任期が後少しでおわるところっていう

男の話なのだけれど。そうそう、デビット・ボウイの息子が監督やってるのね。

息子が映画監督とはしらなんだ。 

万が一日本でもやるとなったら、地味だけどなかなか面白い映画だよ。


さてもう一本。今をときめくズーイ・デシャネルがヒロインの

『500 Days of Summer』

****ココから先の文字の色が白に一部変わってるところは、これみたいんだ!!!!っていうカタは

どうぞ読まないで下さいませ。読む!という方は、反転すると(選択すると)読めるよ****

ご覧になった後でなら話したいと想う。でも多分私は多くの人に嫌われるかなーと想うんだけど…。

大方の評価がいいんだ。それも分かるんだ。良い所も沢山あるの。



この映画、人気出るだろうなーって言うのも分かるの。男版アメリなんて受け取り方する人もいるかも。

好きな人も沢山いるだろうと想う。

でも! 

多分私はひねくれているんだろう…。 最終的に好きになれなかった、この映画。

『どうだい?ちょっと普通と違うだろう?アートだろう?キュートだろう?リアルだろう?

サンダンスで賞取りそうだろう?感』 が全面に出されてて、

ヒットソングのオンパレードで(選曲は良いんだよ。でも…)、

そんでもってズーイがああいった役やったら、そりゃあんた、

可愛くてアトラクティブに決まってるんだけど分かりやす過ぎで食傷気味、

全部なんだかいろんなものの良いとこどりの寄せ集めみたいで…。。。

…ちょっとなんていうか、ながいミュージックビデオみたいだし…

一方主演の男の子ジョセフ・ゴードン・レヴィットはなんとも好きだったんだけどね。


ラブストーリーかと思いきや要は主演の男トムの成長物語なのね。

なんだろう。すっごく愛おしい感もありながらの、この『いただけない感』。

ヒロイン・サマーの在り方にもちょっとやっぱり共感持てないし…。

自由でいたいとか、束縛を嫌うとかもちろん、よおく分かるのだけれど…

いやー、トム、お気の毒なこって…。

評判いいんだろうな。多分。劇場でも皆大笑いしてたしね。

ふむ。逆に私の言ってる事に共感持ちます!なんて方いるのかな…?

あんまりいないんだろうなぁ〜




****


んでもって、October Babiesは相変わらず2枚目のアルバム作成中。

妹がジャケットのイラストやってくれていて、本当思いがけずコラボだね。

本当、楽しみ!


****



先日、ネズミが家に入り込んでいたことに気づく。

目が合ってしまい想いきり叫んだ。

エリック曰く、ラットじゃなくマウスの方だから大丈夫だとかいうけど、

私、ラットでもマウスでもどちらもいやなんだけど。

ねずみ取りを半泣きで買いにいく。

『ピーナツバターを盛っておくこと』というので塗ってワナのところに置いておいたが

朝起きるとピーナツバターだけなくなっていてネズミなぞ捕まってない。

『じゃーもう少しピーナツバターあげてみよう』とエリック。

あんた、飼ってるんじゃないんだぞ?なぜそんな愛情オーラでてるんだ?と想ったが…。

友達に話したら、マウス可愛いよね〜一度見ちゃうととてもね、放したくなくなるよ〜

………かわいいのかもしれないけど………    い や だ

本当、どうにか掴まえて出て行ってもらわなくては。

どっかから入り込んだんだね…

まぁおんぼろやで開けっぴろげな家だからね…。

****


ショートムービ作成中。ちょっとした面白いコンテストみつけてね。

1分間でつくれというものでね、本当に短いショートムービーなんだけど。

もうすぐ完成!これまたお披露目したく想う所存で・・・


****


そんな近況でありました。

あのね、筆無精でごめんね。。メールやコメントしたいと想いつつ・・・


皆サマいかがお過ごしですか?去年の日本ライブからもうすっかり一年経ったんだね!

随分昔のことの様にも感じるし、思い返せばありありとすごくビビットに想い出せるし・・・

素晴らしい時間だったね。夏の忘れられない想い出の一つになってるなってる。


うわーだらだら無駄にながくなっちゃった!


ではでは、暑中お見舞い申し上げ奉ります!



透子拝

ためし
[PR]
by bluenoblueno | 2009-08-02 10:45 | Diary